<   2017-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
とうとう、今年の「イチヂク」も終わりです

20171205-<br />
pb260002__1_.jpg

まだ、少し葉っぱが・・・

20171205-pb260001__1_.jpg

枝の先に、イチヂクが残っていますーまた、年を越しそうです


がんばれ

「イチジク!」
踵の痛い小学生

ねんざをした後に、体育の踏み台を横からぶつけられて踵が歩くときに痛いそうです
そして来週は駅伝の練習だそうです
決勝は来週



明日には走らないと決勝に出られないそうです

○触診
左踵骨と距骨関節がぐらぐらしています
それもかなり・・・
靭帯がダメになっています
こういう運動器障害は「外傷」の部類に入るので、ある一定期間は安静が必要になります

整形外科ならば「ギブス」固定をするところです。
私もそうしたいのですが、
我々民間治療では、具体的な

「治療」

は「薬事法違反」になります


その他
左腸骨PI
右腸骨AS
L4
L5
L1
C7
C5
のサブラクセイション
左僧帽筋の過緊張
左三頭筋の疲労硬結
左下腿三頭筋の疲労硬結

腹部内蔵には異常無し

特に目立ったのは「左僧帽筋」の硬結です

これは体育の時間に引っ張られて、バランスを崩して、腕をかなり引っ張られたそうです
それを引っ張って耐えたのが、うで=かた=首=僧帽筋 の凝りへと、変化して「僧帽筋」の凝りになっていったのです。

踵と距骨をつないでいる「外傷」で緩んでしまった「靭帯」を調べているうちに
なんとなく
これは別の場所からの影響で緩んでいる気がしたのです
○「靭帯」が緩むのには、
 かならず
「固まっている」他の部分があります
「靭帯がー」が緩むのは、たいがい
その
「代償性」なのです

さて
こういったことほ前提に

体全体を矯正してから、

左の僧帽筋を解除して、距踵関節のぐらつきを見ると・・・
なんと、
靭帯がしっかりと締まっています
もう
距踵関節のぐらつきはなくなっています。

なんだ・・・
反射点は
「僧帽筋」だったのか・・・・・





この時点で歩いてもらうと、痛みはなくなっています



走ってもらうと

まだ少し痛みがあるそうです

下腿三頭筋をさらに解除して細かい筋肉の硬結を解除してから
もう一度走ってもらうと・・

もう
痛くありません

しかし

明日走るので、=小学生に解剖学の理屈を言っても、決して聴いてはもらえません
ボケた老人に理屈を説くのと同じです

というわけで
念のため
テーピングをしてやっておしまいです

すごいですねー、小学生ならではの奇跡の治癒力ですねー

左の僧帽筋が原因で緩んだ距踵関節靭帯が神経反射で締まってしまうのです

しかし





多分  決勝までにかなり走りこむので、ふたたび靭帯は伸びてしまい、痛みが再燃するでしょう

このような状態で、走りこむようなことをすれば、関節面の「微細骨折」も危惧されます
いうことを聞かない患者ほど「厄介」なものはありません

私の「魔法」も 走りに燃えた小学生には、通用しません。

よわっています・・・

11/15  

レッグプレスの後遺症
「筋肉痛」が 二日おいてやってきました

生理学では、48時間後に筋肉痛が起きると書いてあります

今回は、上半身と下半身の両方をいっぺんにやったので

筋肉痛が半端ではありません

レッグプレス   120k  15回
         200k  10
         240k  10
         280k  10
         320k  8
         360k  8
         400k  5 
         400k  6

大体、こんな調子でやっていきます
依然は400kを15回  4〜6セット位やっていました

今回の筋肉痛は大変に面白い反応です
筋肉痛は最初は地獄のように痛くて歩くのも大変なのですが
筋肉痛がだんだんと減って行くに従って筋肉細胞が再生していくのが感じられます

実際、かなり「大腿」が太くなってきました

何歳になっても筋肉が発達するのは面白いものです。

その代わりひどい報酬があります

背中の筋肉痛がひどくて、まる 一晩眠れなくなります
どんなに痛くても、死ぬよりはましです

私は心臓が悪いので、こういった無理なトレーニングをした後は
必ず心臓の発作が起きます、心臓がすごく痛くて、苦しくて、背中が割れそうな痛みと心臓そのものが痛くなり、呼吸も半分しかできなくなるので、まるで死にそうな感じです

度々なのでもう慣れましたけど・・・
昨日は、最高にひざの調子が良かったので、トレーニングに行ってきました

結果は?

ついに

昨日

400K
のレッグプレスをマークしました。

これは、「ひざ」を壊す前のレコードです
 2017年5月に
「テネリア」
という、薬の副作用で。一晩で歩けなくなったのです

薬を飲む前にネットで副作用を調べたのですが、「横紋筋溶解症」については何処のサイトにも、載っていなかったので飲んだのですが、
「やられました!」



最近、薬剤師が治療に来ているので、聴いたところ、
やはり

「横紋筋溶解症」
の副作用はある

と言っていました

一般の薬辞典などでは重篤な副作用もあまり載せられていないのですが、
「薬の添付書」

と引けば出てくると、教えていただきました




ありました!

体質的な面も多々影響するのですが

人によっては
「ひざ痛」
゜腰痛」
「座骨神経痛」
「ヘルニア」
「背部痛」

など、色々な形で出るようです。

今日来た患者さんですが
首からの神経痛で、腕がしびれて、白内障も出たそうです

今日二回目に触った途端に

「違和感!」

まるで腐った魚に触ったような感じが一瞬、しました!


少し離れて、「気」を澄ませると・・・


あっ!・・・・


「横紋筋溶解症」の負のエネルギーと手触りです

長年、この仕事をやっていると
人には理解できない感覚が研ぎ澄まされて来ます。



触るだけでいろいろなイメージや
感覚が
起きます


いろいろな病気ゃ、
「ガン」
「病気の原因になる食べ物」
「そして。その食べ物の中の細菌」
「糖尿病」
「肝炎」



その他のいろいろな感覚が

鋭敏になってくるのです

人間は「電気エネルギー」で生きています
それを

「気」

と、呼ぶ人もいます。


先天的な素質もあると、思うのですが

私は、子供頃から、人にはわからないものや見えないものが見える質で、(母親もそうでした)
渋谷の 雑踏を歩いていると、反対側を歩いているおばあさんの背中に「ナメクジ」のような大きなものかくっ付いているのです

「お母さん…あのおばあさんの背中に、変なものがくっついているよ?」

というと

「シッ」

「人には、見えないし、わからないのだから゜決して言ってはいけません!」


いわれたのが5歳の時です




友人で
やはり
私と同じように、人には見えないもの
人には感じられないものがわかる先生がいます

まるで「霊」がわかるように・・・

なので親友になっています。

一か月に一回の

「飲み会」


合うのですが

「お化け談義」

て゛
酒を飲んでいます。

「お化けや、霊、幽霊を理解できる、唯一の親友です」

治療もものすごくうまいですよ!
その後のひざ痛   経過報告

昨日はレッグプレスが360K 15回 3セットができるまで回復しました
(つかれた〜)

左ひざの痛みは、ほとんど無くなり
右ひざは、膝蓋靭帯と内転筋の接合部の「肉離れ」が まだ、少し痛みがあります

しかし、もう、走れるようになりました。

今年中には 400kのレッグプレスをまた、できるようになりそうです。

ベンチプレスは、いまだに100Kどまりで、まだ「肉離れした」左肩三角筋に硬結が残るので、今は
おとなしく90Kで 5セット位で我慢しています。

72歳でもやり方さえ、正しければ、回復します

ただ

70歳を過ぎた方は
「食べ物」を直していただけないので、治りません

人間は、「内蔵」から 病気になります

後は

「薬」によって 回復しない病気になっていきます

年を取ると、半分以上の人が
「高血圧」と診断されます

「高血圧=動脈硬化」イコール 心筋梗塞、または、「脳梗塞」

と考えられています  
=すべての「病気」は
「降圧剤」
から始まります

これは
50年ほど前に
アメリカの「動脈硬化学会」


発表したデーターです

世界中が、このデーターに飛びつきました

今までこういった科学的データーが全くなかったからです


ところが
去年

アメリカの「動脈硬化学会」が、まったく別の新しい発表をしました

コレステロールの高い人ほど
「長生き」
をするというデーターが新しく発見されたからです。


コレステロールには「悪玉」も「善玉」も存在しなくて=これは製薬会社が
売り上げを上げるために、
勝手にデッチ上げた でたらめな名称であることは有名な事実です




そして
コレステロールと「動脈硬化」は何も関係がないことも発見されました。


「動脈硬化」

は、主に、

「甘いもの」

「油もの」


によって発生することが発見されたのです。

コレステロールの薬は
「横紋筋溶解症」
という
筋肉が解けて弱くなってしまう症状を起こすのです・

さらに
「腎臓」の機能を壊します。


医者の出す「薬」でみなさん、気付かないうちに「病気」にされてしまうのです。