<   2023-02   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
今月の予約は
土曜日のすべてが、予約で、埋まりました。

平日はまだまだ予約は空いた居るところがありますので

御利用下さい。
今年のコロナ


今年 はやっているコロナは、ただの風邪のような症状で、痰が出て、咳が出るようです。
熱も大したことも無く、昨日来た人は、去年の暮れに感染したそうですが、
熱は38度から、37度程度で、3日で熱は下がってしまったそうです。

そのあと、痰と咳が少し残ったくらいで、すぐに治ってしまったそうです。
PCR検査は、陽性で、間違いなく「コロナ」の感染だったと言っていました。
遂に、本年も今日で、終わりになります。

12/31~1/5までお休みです。

来年は

1/6からの営業となりますのでよろしくお願い致します。

なお

「1/6の 予約は空き」」は あと1名のみとなっています

詳しくはお電話で、お問い合わせください。

皆さま、どうぞ良い年を、お迎えください。

日本カイロプラクティックセンター厚木
院長  新井真一郎。
乳糖不耐性症の人か、食べられないもの


牛乳と牛乳を含む加工食品のすべては、食べると、問題が発生します。

 ただし
★乳アレルギーでも基本的に心配する必要のないものは: 牛肉です

牛乳を含む加工食品の例
ヨーグルト、チーズ、バター、生クリーム、全粉乳、 脱脂粉乳、一般の調製粉乳、れん乳、乳酸菌飲料、はっ酵乳、アイスクリーム、パン、カレーやシチューのルウ、肉類加工品(ハム、ウインナーなど)
洋菓子類(チョコレートなど)、調味料の一部や原材料に使用するもの など


女性の好きな、お菓子類は全てだめですね・・・

現在東京から、毎週来院されている女性がいます。

この人は、20歳から、40歳、まで 月に一回は「ギックリ腰」を起こすという不幸な人生を送っていた人です。

ぎっくり腰になる度に いろいろな、整体院や、鍼灸院に通って、痛みを繰り返していたそうです。

しかし、どんなに、良い治療で回復しても、またまた次の週には、「ギックリ腰」に襲われているという人生を
なんと
40歳まで、繰り返していたそうです、

TL testで調べてみると、ぎっくり腰の原因は、S字結腸炎が最も反応が強く
その原因は=
乳糖不耐性症 でした。

簡単に言うと, ミルクアレルギーなのです。


今のパンは、防カビ剤と、「乳成分」が 20%も入ってい間接的に摂取することになるので

見事に、「腰痛=ぎっくり腰」になってしまう訳です。


当院に来て、初めて、腰痛の原因が分かったのビックリしていました。

いわゆる=食物アレルギーが原因の慢性腰痛だったわけです。

だから今のパンは、「カビ」もはえず、硬くならず、いつまでも、柔らかいのです。
そして、臭素さんカリウムの入ったパンは、「発ガン率」が非常に高いことも、分かっています。

こおいう ことを知っている人は、やま●●パンは食べないようです。

しかし、防カビ剤とは、
「臭素さんカリウム」と呼ばれる、防カビ剤なのです。
一般的には、天井材とか、壁材に使用されています。

今は、夏場でも、「かび」が出ません。
20年くらい前は、風呂場の天井とか、押し入れの中が、カビが生えてかなり困っていました。

押し入れに使用する、防カビ剤は、容器に「水」がたまって、いかに押し入れが、湿気が多いか、関心したものです。
あるとき、防カビ剤を、押し入れに入れると、逆に「湿気」が多くなることに気づきました。

ゴキブリホイホイという、ゴキブリを取る、箱のような薬が流行ったことがあります、
あれは、「ゴキブリ」が好む「匂い」がしみこませてあり、その匂いで、ゴキブリが逆に 引き寄せられてたくさん台所に、集まります。

なので。ゴキブリホイホイを 台所に置かなくなると、なんと、ゴキブリの数が減って行くことに気づきました。
これと同じで湿気予防の薬を押し入れに入れておくと、逆に湿気がたまっていくのです。

けっこう、こういうテレビのコマーシャルで、騙されて買うことが最近は、特に、目立ってています。
442年ぶりの天体ショー「皆既月食+天王星食」8日夜 太平洋側
2022年11月07日 18時

皆既月食の記事です
 11月8日の夕刻から「皆既月食」と「天王星食」が同時に起こる珍しい天体ショーが見られる。

同時に起こるのは442年ぶりという。ウェザーニュースによると、8日は冬型の気圧配置となり、太平洋側の地域を中心に晴れて「バッチリ見える」。

 皆既月食は月が地球の影に完全に隠されて、赤黒く変色した満月が見られる天体現象。天王星食は月食の最中に天王星が月を出入りする様子が見られるもので、皆既月食と惑星食が同時に観測できるのは1580年7月以来442年ぶりという。

 月食は全国どこでも同じタイミングで起こり、今回は月が地球の影の中心近くを通るため、皆既月食の時間は比較的長くなる見込み。午後7時16分の始まりから午後8時42分の終わりまで、東の空で約86分間に渡って皆既月食を肉眼で観測できる。


null

null

null

null





11/8日の夜は 皆既月食 蛾みられましたね。
赤い月
11/7日は 結構、満月に近い、真ん丸の 明るい お月様でしたが、なんと、翌日には、
真っ赤に近い、暗い赤色の月でした。
ブラッドムーン  というのだそうです。


そういえば、小学校の時に
日食があつて、理科の時間に、校庭に出て、ガラス板に、ろうそくのスス を着けて、曇らせて
翌日の「日食」を見たのを、覚えています。