<   2019-02   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

02/09  

古いログを引っ張り出しました
03/06 看板の新装

只今、看板を新しくするために忙しいです

一つ目は完成しましたが、大型看板を製作中なのです

貧乏人は、何でも自分でやらなければならないのです

ジャンボ宝くじが 当たれば 来月から グアムでカイロプラクティックを やる予定 なのですが、いつも当たりクジを選んで

買っているのですが、外れてしまいます、

これは誰かの陰謀ですかね?

どこかの議員みたいに10億円も要らないのですけど…

せめて一億円もあれば十分に間に合うのですが…

この前、うちのスタッフに宝くじを買って来てくれるように頼んだのですが、宝くじ売り場の前まできたら、何かが頭の中でひらめいたそうです、「当たりクジがある!」と、ピンときて窓口に急いだらば

一瞬、スタッフの前に自転車のおじさんが割り込んできて、その当たりクジを買っていってしまったそうです

あっ! さっきまであったあの感覚が消えている!…

残念なことに、あの「運」は割り込んできたおじさんが持っていってしまったそうです しかたなくスタッフは、はずれクジを買ってきました

したがいまして、今年も貧乏です

必ず当たるので、皆さん 待っていてください
古いログを引っ張り出しました。

03/06 看板の新
只今、看板を新しくするために忙しいです

一つ目は完成しましたが、大型看板を製作中なのです

貧乏人は、何でも自分でやらなければならないのです

ジャンボ宝くじが 当たれば 来月から グアムでカイロプラクティックを やる予定 なのですが、いつも当たりクジを選んで

買っているのですが、外れてしまいます、

これは誰かの陰謀ですかね?

どこかの議員みたいに10億円も要らないのですけど…

せめて一億円もあれば十分に間に合うのですが…

この前、うちのスタッフに宝くじを買って来てくれるように頼んだのですが、宝くじ売り場の前まできたら、何かが頭の中でひらめいたそうです、「当たりクジがある!」と、ピンときて窓口に急いだらば

一瞬、スタッフの前に自転車のおじさんが割り込んできて、その当たりクジを買っていってしまったそうです

あっ! さっきまであったあの感覚が消えている!…

残念なことに、あの「運」は割り込んできたおじさんが持っていってしまったそうです しかたなくスタッフは、はずれクジを買ってきました

したがいまして、今年も貧乏です

必ず当たるので、皆さん 待っていてください
01/29 きょねんのラーメン屋さん
12/15 フリーダイビングの練習です
今月11日木曜日の休みの日に、東京の木場にある「辰巳国際競技場プール」に行ってきました
フリーダイビングの練習です

でも、その前に、有楽町に寄り道です
此処には「交通会館」というのが有って、その地下一階に、
「ものすごくおいしい」ラーメン屋さんが有るのです

当院に治療に来る、ラーメンマニアのヘルニアの患者さんに、教えてもらったのです=この方は今はすっかり治って、一か月に一回くらい、疲れると来ています

もうヘルニアも治り
「腰痛」も「足の痺れ」も有りません
この患者さんは日本全国のラーメン屋を食べ歩いているという、ほんものの「マニア」です

有楽町のラーメン屋、店の名前は「ひょっとこ」です

店主の顔を見たら納得しますので、ぜひ、行ってみて下さい

とにかくおいしい!
今回は
なんと、
「和風ラーメン」と「和風柚子(ゆず)ラーメン」

ラーメンを二杯食べちゃいました!

いやー・・・・・幸せです
でも、メタボになっちゃいました・・・・。


ひょっとこラーメン2
皆さん大好きな、豚ちゃんの食用部位の紹介です

豚かた 「うで」「かたロース」及び「かたばら」
豚ロース
豚ばら
豚もも 「うちもも」「しんたま」及び「そともも」にさいぶんする別れます。
豚ヒレ

臓物(もつ)と呼ばれる部分です=特に法律では決まっていないそうです。

豚トロ - 頬下部から首の脂身の肉
タン  - 舌。牛タンと比べて価格が圧倒的に安いため、牛タンの代用品として好んで食べる人も多い。
ハツ  - 心臓
レバー - 肝臓
シキン - 食道
ナンコツ - 気管や声帯、肺動脈、肺静脈の総称。酔笑苑という近くのホルモンやさんで、出てくださいるのは『気管軟骨」で、しかも「」声帯の肉がついて居る部分」で、しかも、声帯の軟骨の部分だけの上等な部分です

これが、しっかり焼くと、天海が出てとても美味しいのです。
フワ  - 肺   これだけは食べない方がよいです、ぐにゃぐにゃして、かなり気持ち悪いです
ハラミ - 横隔膜
シビレ - 胸腺と膵臓
チレ  - 脾臓
オッパイ - 乳房
マメ  - 腎臓
ガツ  - 胃。英語の"guts"(ガツ:腹、はらわた、消化管を表すgutの複数形)が語源とされるそうです。  酔笑苑では「つまみ」に出てきます

ホルモン
モツ、ホルモンと、よばれる部分ですが゛実はいろいろな部位がありまして
主に腸を指して言います。
日本ではもっぱら焼肉用の物をホルモン(ホルモン焼き)、煮込み用の物を「もつ」と呼んでいます。

なおホルモンには大腸、小腸、直腸があり、それぞれ味わいや価格は異なる。
シロ   - 小腸と大腸  これは、アツギでは「シロコロ】という名前で大ヒットしました
テッポウ - 直腸
ドテ   - 肛門 …この辺りはあまり食べたくないですね…
キンツル - 陰茎の筋肉  めちゃ貴重で あっても高いです
コブクロ - 子宮
ホーデン - 睾丸…   結構高価です あまり出した居るところは少ないようです

豚スネ - 足のうち足首から上の部分
豚足 - 足のうち足首から下の部分。前足と後ろ足では値段が違うそうです。  昔は結構 流行りました
表皮 - 沖縄では豚の頭部の表皮を「チラグヮー」と称し食用にする。
耳の皮を使ったミミガーは有名です、
皮付きの豚肉を煮込んだラフテーやテビチも良く食べられている。
すじ肉 - ロースと背脂の間にある薄い膜。牛すじと違い、市場には少ないが、牛すじより匂いが少ない。

軟骨 - 見た目はミミガーと似ている。適度な歯ごたえと脂があって美味である。
 (私には美味に思えないのですが・・・)

生食の危険性 「厚生省」からの注意
豚自体が保有している
豚ヘルペスウィルス(オーエスキー病)
トキソプラズマ、
E型肝炎
などの感染症にかかる恐れがある。
カンピロバクター、



しかし実際には、各店舗で、勝手に名前を付けているようです、地方によっても名称が変わるようです


各ホルモン大好きの院長からのメッセージでした。
部位

日本式の呼び名


ネック 首ですね
すねに次いで堅い。:シチュー、カレー、スープ、ひき肉

やや堅い:すき焼き、しゃぶしゃぶ、カレー・シチューなどの煮込み、パストラミ
肩ロース
霜降りが入りやすい。:すき焼き、しゃぶしゃぶ、煮込み、ステーキ
リブロース 肋骨の間の上等な筋肉
霜降りになりやすい。:ステーキ、ローストビーフ、すき焼き、しゃぶしゃぶ
サーロイン 脊柱起立筋
やわらかい。:ステーキ、ローストビーフ
ヒレ(フィレ)、テンダーロイン 大腰筋
赤身で最もやわらかい。:ステーキ、薄切りはしゃぶしゃぶにも
ばら リブであるが、肋骨の筋肉である
脂肪が多く、やや堅い。:すき焼き、牛丼、焼き肉、煮込み
かたばら
やや堅い。:カルビ焼き
ともばら  腹の部分
やや堅く、赤身と脂肪が層になっている。:ショートリブ
もも、うちもも  内転筋
赤身が多い。:ステーキ、ローストビーフ、焼肉、コールドビーフ、たたき
そともも  外側広筋
やや堅く、ゼラチン質が多い。:煮込み、ビーフストロガノフ
ランプ  サーロインの下の部分  
脂肪が少ないがやわらかい。生食にも向く。:ステーキ、ローストビーフ、バター焼き、ユッケ、刺身  これは肉の部位ではなく料理のことを指して言います
すね
赤身肉。堅く筋が多い。:煮込み、スープ
しんたま  すねの上の部分
脂肪が少なく、やわらかい。
テール(尾)
高たんぱく質でコラーゲンが多い。:シチュー、スープ
スジ、アキレス腱
堅いが、コラーゲン豊富、煮込むと最も柔らかくなる。:おでん、煮込み、牛丼、ブッフ・ブルギニョンなど

希少部位
みすじ
肩甲骨のあたりの部位。
顔部の肉
ほほ肉
タンに似た風味だが歯ごたえは異なり、独特の風味がある。子牛のものはテット・ド・ヴォーとして特にフランス料理で好まれる。
タン(舌) c
脂肪が多く堅めだが、煮込むとやわらかくなる。独特の歯応えがある。:タン塩、シチュー
耳、鼻
耳・鼻それぞれコリッとした歯ごたえのある独特の食感を持つ。切って茹でたものをゼリー寄せやマリネなどで前菜や酒の肴にする。

内臓[
シキン(食道)
筋繊維でできていて、歯ごたえがある。ノドスジ、ネクタイなどとも呼ばれる。
ウルテ(気管の軟骨)
フエガラミとも呼ばれる。味はほとんどなく、食感を楽しむ部位。
ハツ(心臓)
ココロ、シンゾウ、ハート、ヘルツなどとも呼ばれる。新鮮なものは刺身として食べることができるが一般には焼いて食べる。語源は心臓の英語である heart から。
ハツの縁の部分をハツミミ、そこから出ている血管をハツモトやコリコリと呼んで区別することがある。
フワ(肺)肺胞の微細な空洞のため、マシュマロのようなフワフワとした食感がある。:焼き肉  これだけは食べない方がよいと思います=(経験者からひとこと)
マメ(腎臓)
形が空豆に似ていることからマメと呼ばれる。
レバー(肝臓)  (生レバーは厚生労働省の規制によって生食は禁止されている)
やわらかくビタミンA、B群、鉄分を多く含む。
ハラミ(横隔膜)
やわらかい。1頭の牛から5kgほどしか取れない。狭義では横隔膜の背中側を指し、肋骨側はサガリと呼ばれる。ミノ(第1胃)
硬く脂肪は少ない。白肉とも呼ばれる。ミノの中でも肉厚な部分を上ミノやミノサンドと呼んで区別することもある。
ハチノス(第2胃)
四つの胃の中で一番美味と言われる。蜂の巣のような形をしていることからハチノスと呼ばれる。イタリア語で「トリッパ trippa (本来この単語は内臓全体を指す)」。焼肉や刺身、トマト煮など。
ヤン(第2胃の一部)
第2胃と第3胃を繋ぐ肉厚の部位。瘤状になっていることからハチコブ・ハチカブとも呼ばれる。
センマイ(第3胃)
脂肪が少ない。比較的淡白な味。白い色をしている。ひだひだが重なったような姿をしているため「千枚」=「センマイ」と呼ばれる。刺身などでも食べられる。
(センマイは厚生労働省の規制によって生食は禁止されている)

ギアラ(第4胃)
脂肪が多い。赤センマイとも呼ばれる。
シビレ(胸腺と膵臓)
胸腺と膵臓の部位、語源は英語の sweetbread が日本語風に訛ったと言われている。特に区別する場合、シビレは胸腺のみを指し、
膵臓はグレンスと呼ぶことが多い。
牛の胸腺は成熟すると脂肪に変化するため、シビレが獲れるのはおおむね生後1年以内の仔牛に限られる。
マルチョウ(小腸)
脂肪が多いほかコラーゲンを豊富に含む。小腸を筒のまま内側と外側を裏返しにしたうえで切り分けた形が丸いことから「丸腸」。シロコロ、コプチャン、ヒモ、ホソ、コテッチャンとも呼ばれ
シマチョウ(大腸)
脂が縞状に入ることから「縞腸」。ホルモン、テッチャンとも呼ばれる。
テッポウ(直腸)
開いた形が鉄砲の銃床に似ていることからこの名がある。筋肉が発達した部位なのでマルチョウ・シマチョウより脂肪が少ない。
脳みそ
BSE騒動狂牛病以来食用には敬遠気味だが、伝統フランス料理やアラブ料理(英語版)には欠かすことのできない食材。このわたのような独特の食感と風味がある。特に子牛のものが好まれる。牛以外には羊やウサギの脳もよく用いられる。フランス語ではヒトの脳をセルヴォー cerveau と男性形で呼ぶのに対し、牛を含む家畜類の脳はセルヴェル cervelle と女性形で呼び、単語の使い分けにより食材としての印象がより強くなっている。
ウイキペディアより

私はホルモンが大好きで、しかし名称がいまいちよくわからなかった人です。