<   2022-05   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
神と仏陀の違いです

信仰、そして、神と仏教の違いのお話しです。

まず、神と仏はまったく違います (信仰と宗教の違いとも言います)

最初の説明
今回は世界の宗教のほとんどを占める一神教の「神」についてのお話しです。
キリスト教、イスラム教の「神」は、元を正せば同じ存在で、旧約聖書のエホバ・ヤーヴェという神のこととと、言われています。

一般に言う神とは、万物の創造主のことを指して言います、(聖書の中だけのお話です)

聖書の中には最初にこんなくだりがあります。

1日目には天と地を創造し、
2日目は大空を、
3日目は海と大地を、
4、5日目…と続きます。
6日目に人間を創造、有名なアダムとイブのことです。
7日目に天地創造の完成です。

神はすべてのものの創造主であることから、
英語では「the Creator=ザ、クリエイター」といわれます。

この神のことを信じるのが=宗教です

仏教とは
日本には、八百万の神が居ます。神天照大御神をはじめとするいわば無数の神様がいると教えられます。
これを「神道」と呼びます。

かって戦争中は「天皇」は「生き神様」と教えられます。
「有名な「特攻隊」は 「天皇万歳」と叫んで、敵艦に体当たりをして、米国兵を恐れさせた歴史があります。

仏陀とはインドのシッタールタ王子の物語です
王子は、不住不自由しない、裕福なインドの王族とてうまれ、ある時、お城以外の外の人々が、大変に貧困と病苦の苦しみに、困る、暮らしをしているのを見る機会があり、それから

なぜこのように、貧富の差があるのかを不思議に思い、その謎を解く旅に出て、
人間を困らせる、生き、労苦、病気、貧困、死の苦しみの謎を解いて、やがて仏陀として、法を説いたと伝えられています。

シッタールタ王子は、仏として、涅槃に入り、「その仏」の教え」
すなわち
仏の教えが、仏教として現代まで、教え続けられていると、言われています

これが仏教と呼ばれています。

「神」は、万物を創った創造主であり、人ではないわけです。
「仏」とは、人間が修行の末に、道を説くに至った「人」と伝えられています。
院長の近況の報告
三年前、スクワットで第五腰椎を骨折。足の感覚が無くなり、立ってはいられるが歩行は出来ない状態が半年続いた
そのあと。トレーニングで左上腕二頭筋外側頭の断裂。左腕が全く動かなくなった。
二年前に新宿駅のホームで工事中の鉄板につまづいて左ひざの打撲と靭帯断裂故障。
去年左の親指の骨を二本骨折。
二年間の膝痛、ほぼ左脚に加重ができない状態が二年続いた。
足のトレーニングが全くできなくなり。左足が痩せ細った。
しかし、

少しずつ、筋トレを再開。
スクワットを再開

レッグプレスを再開200K を2回 10回 10回 10回の三セット
レッグプレスを280Kjまで挙げられるようになり、この時点で「膝痛」は解消。

「膝痛」とは、筋力の不均衡によって、「大腿骨」と「下腿骨」との膝の関節が「ねじれることから起きる症状です。従って、「筋力」を回復させれば、「膝痛」は無くなります。

普通に診療はしていたので、気付いた人は、あまりいなかったと思います。


1月にレッグプレス280K に成功 2回 2回 これで限界。
2月に280Kを 5回 5回の2セット
 
そして
今日、320K 5回 5回 6回の挙上に成功。
努力、努力、努力。

目指すは、三年前に挙げていた400Kです。

継続は力なり
諦めるなかれ

人生とは、「目的」を持ち
その目的を達成することです。

「人生は重き荷を背負いて、遠き道を 行くがごとし、決して焦るなかれ・・・」
徳川家康の私の好きな言葉です。
最高のさとり、仏のさとりを開かれた方を「仏」といいます。

仏様で、最も多くの人に知られているのは、
お釈迦さま(ゴーダマ・シッダールタ)でしょう
サンスクリット語:गौतम सिद्धार्थ Gautama Siddhārtha

誕生
お釈迦さまはヒマラヤ山脈の麓、現在のネパール王国の領土内に位置するルンビニーというところで生まれ。父は釈迦族 の国王シュッドーダナ、母は摩耶夫人であったと伝えられています。

名前
ちなみにお釈迦さまという呼び名は、釈迦族という部族名に由来します

若き日の悩み、出家をした理由 (生・老・病・死)

あるときシッダールタ王子は城の東門から外へ出たとき老人を見て衝撃を受けられた 。(城の中には老人や病人はシッタールタに見せないように王がしてしていたのです。)

次に南門から外へ出て病人を見て衝撃を受け、
さらに西門から外へ出て死人を見て衝撃を受けられた。

そして最後に北門から外へ出て出家者に出会って感銘を受け、そして自らも出家された。というおはなしです。

お釈迦さまの出家の動機とは、それが生・老・病・死という人間として宿命的な苦悩に端を発するものであった。

お釈迦さまも、生・老・病・死を背負った一個の人間として生まれ、苦悩されたが
しかしそれに屈するのではなく、
その苦悩の中から、生きてゆく上で
本当に「善きもの」を探し求めて出家をされ悟りに至ったと伝えらています


不妊になる野菜類

ウメ
トマト、
ナス、
タケノコ、
モロヘイヤ、
ジャガイモの芽、
銀杏、


これらに共通することといえば「野菜である」ということ。しかしながら、他にも共通点があります。

これらの野菜にはすべて「毒」があり、
場合によっては食べると「死亡」することもあります


・野菜に含まれている毒性成分一覧
トマト: トマチン(アルカロイド配糖体)が茎や葉に存在し、果実にも微量ながら存在する。成分にグルテンが高い特徴があります。グルテンは、「小麦毒」として特にアメリカで有名で「食餌アレルギー」を発生し、「セリアック病」=小腸潰瘍を起こすことで有名です。
まれに腹痛を発生させることがあるが、常識的な量の摂取では死亡に至らないとされている。

ナス: ソラニン(ステロイドアルカロイド)は神経に影響を与える毒素で、実の部分以外に存在し、大量摂取で昏睡状態となり死亡することもある。ナスは実以外は食べてはならない。
だから茄子の葉は食べないのです。

タケノコ: タキシフィリン(青酸配糖体)が呼吸困難やめまい等の症状を引き起こすが、30〜40分ほど加熱することで無毒化できるがタケノコは生のまま食べてはならない。

モロヘイヤ: ストロファンチジンが種子、茎、鞘(さや)に存在し、食べると死亡することもある恐ろしい毒草です。九州の牛農家がエサに食べさせた、雑草の中に、「モロヘイヤ」が混入していて、牛、五頭が中毒死、した事件がありました。
また、一時期流行になったことがありますが現在では、どこの八百屋、スーパーにも置いて居ません。

ジャガイモ: 「芽」や「緑がかった皮」にソラニンが含まれており、 (ステロイドアルカロイド)は神経に影響を与える毒素で、大量摂取で昏睡状態となり死亡することもあり、輸入した皮つきのジャガイモをそのまま調理して小学校の給食で食中毒が発生した事件があります。

銀杏: ギンコトキシン(4′-O-メチルピリドキシン)と呼ばれる神経毒が含まれており、多く食べるとビタミンB6欠乏症や痙攣、意識障害などが発生します。一粒くらいでは、中毒の報告はありません。

姑の嫁いびり  の言葉として誤解されているのが
一般に知られている意味は、
「秋にとれる美味しい茄子を憎い嫁には食べさせるな」
というもので、
茄子は収穫時期により呼び方が異なり、
6月頃から収穫された茄子は夏茄子、
秋茄子とは9月以降に収穫された茄子のこと。
夏茄子に比べ秋茄子は、皮が柔らかく水分を多く含んでおり、甘みや旨味が強い。

そんな美味しい秋茄子を、わざわざ嫁に食べさせるのはもったいないという嫁いびりを表した言葉だと一般的には誤解されているのです
これは嫁へのおもいやりであり

「茄子は体を冷やすため、涼しくなってきた秋に茄子を食べると、大切な嫁の身体を冷やして不妊症になるためにナスは嫁にくわすな・・」という嫁の身体を気遣ったものなのです。

また、茄子は種子が少ない野菜のため、子どもができにくくなるという迷信から嫁を案じて食べさせないという解釈もあります。

茄子が体を冷やすと言われるのは
カリウムが多く含まれているから。カリウムには利尿作用があるため、水分と一緒に塩分も排出され血圧が下がる。血圧が下がると、全身の血流に影響があり、体温が上がりにくくなるという、イコール不妊症の危険があるという医学的なものです