膝痛のお話し

「人口関節置換術の実話」

先月、横浜から来られた、膝の痛い患者さんです
この患者さんは、仕事で階段を上るときに、(ガスメーターの検針員さん)
少し痛みがあったので、整形外科へ行ったところ・・

ろくに膝をよく見もしないで
「では来週、人工関節を入れましょう!!」

と、言われて怖くて逃げてきたと言っていました。

すごく怖いお話しですね〜 これ、当院であった実話です

ちなみに、この女性は、当院の施術で、一回で完治しました。
膝痛がそんなに簡単に、治るはずがないと考える人が多いとおもいます。当院は、非常にたくさんの膝痛の方を治療して膝痛の治療には、「精通」しています。
院長の私自身が三回もの経験があります。

どうして、痛くなるのか?

どうしたら、よくなるのか?

嫌というほど、膝の痛みに苦しんだ体験があるのです、ですから、皆さんの膝の痛みは、手に取るように、理解ができるのです=体験に勝るものはありません
言ってみれば料理などと同様に、食べてみなければ、料理は出来ません

整形外科の医師は、多分、膝痛の経験は無いのでしょう。  だから痛みを理解できないのと思います。

しかし

中には、膝痛の経験のある整形外科医も居るのです、私も、そういう整形外科医に合ったことがあります。 やはり、よく膝を知っていました。
今では、膝痛だけに、特異的に効果のある薬もあるのです。  この薬は実に、よく効果があり、痛みが消失して再発を防いでくれます。



膝痛の場合、普通は二、三か月から〜半年ほど様子を見てから、症状の進行具合により、改善が見込まれない場合、そういうお話になるのですが、膝の関節の骨が老齢による骨粗鬆症で骨組織がもろくなっていたり、ひざ関節変形の進行が速い場合などは、「人口関節置換』を行う場合があります。しかし、これも、あくまで選択肢の一つです。

この女性のように、ただ、階段を上るときに膝が少し痛かったという患者の問診だけで、いきなり、来週に手術をしましょう? という整形外科医のあり得ない、とんでもないお話です。

もしこれが本当に手術をするとなると、「訴訟」問題になることは間違いありません。



膝痛は整形外科へ行くと、
レントゲンを撮影して膝関節の隙間や、歪み具合半月板の損傷具合などを説明されます。

隙間が狭いと=半月板の圧迫や、半月板損傷や関節の変形が起きていることを説明されます。
また、関節液の貯留がある場合などもあります。

しかし、何故そうなるかの「説明」はありません

整形外科医は、膝の痛みが発生する「機序」を知りません。

かえって、理学療法士のほうが知識があります
状況が深刻な場合は「人口関節置換』を勧められます。  (こわいですね・・)
写真
null
正常前からの関節

null
正常の横からの写真

null
変形が進行した写真=大腿骨と脛骨の「軸」が曲がって、こうなります。
原因は、次の写真のように、「踵骨」の変形や、膝を支える筋肉の不均衡が原因になる場合があります。




null
踵の骨「踵骨」の捻挫による、曲がった踵の骨

この場合、曲がった踵骨のために体幹軸がまっすぐに支えられないので
膝痛や、腰痛になります。
踵骨の矯正によつて、正常な位置にする必要があります。  当院で使用する「踵骨ディバーシファイドテクニック」により矯正が可能です。


null

null

膝はこのようにたくさんの筋肉によつて動きます。
これらの筋肉は「第四腰椎」
 から出ている

「大腿神経」の支配によつて、作動します。
膝の前が痛い場合は、L-4 からの「大腿神経」のトラブルにより発生します。

膝の内側」が痛い場合は
第三腰椎=閉鎖神経のトラブルが原因となります。

膝の後ろ側が痛い場合は「
「第五腰椎」の座骨神経系のトラブルになります。

しかし、腰椎の変位による神経系の作用による、痛みが発生するという、真の原因は、さらに複雑で多様な原因が絡んで、発生するのです。



当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正する、本物の、カイロプラクティックです。

TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。
12:00から20時まで営業  必ず予約電話をお願いします。
玉ねぎは、血液をサラサラにする?・・・・

玉ねぎは、血液をサラサラにする・・・というデマが、最近テレビでよく宣伝されていますが

その正体は???

ネギ類にはn-propylthiosulfateとmethylthiosulfateがあり、ニンニクには2-propenylthiosulfateという物質が存在しています
Allium属植物とは、タマネギや長ネギ、ネギ類、そしてニンニク等の原因となる植物の総称です。
これらには有機チオ硫酸化合物が含まれ、赤血球やヘモグロビンに対して、酸化障害性の作用を持つ。

この物質が赤血球内にハインツ小体と呼ばれる物質を形成して赤血球が破壊されまます。

酸素というものは、動物が生きていくうえで、欠く事ができないものです。
(1)タマネギ類はその中に溶血物質を含み、それは有機チオ硫酸化合物と言われます。
(2)この溶血物質は、還元型のグルタチオンと反応して強い反応を起こし、鉄欠乏性貧血を起こす。



タマネギ中毒という疾病が犬に存在することが現在では、ペット愛好家には、よく知られるようになったのです。原因物質は熱に安定であり、加熱調理によっても特製は失われず、溶血性貧血をおこす、有機チオ硫酸化合物という、有害な作用は失われません。

以下は「有機チオ硫酸化合物」をよく研究している獣医さんのお話しです
★すごく簡単に表すと・・・「有機チオ硫酸化合物が赤血球に影響して貧血を起こしま す。」

この有機チオ硫酸化合物は=「「赤血球の中と赤血球の膜」の二つに影響します。
つまり、二つの経路により赤血球が傷害されます

<赤血球の中(ハインツ小体)>
?「有機チオ硫酸化合物」が赤血球に含まれるヘモグロビンを酸化する
?その結果、「ハインツ小体」(酸化により作られた物)という小さな物質が作られる。

?「ハインツ小体」が赤血球にあると、脾臓や肝臓や骨髄で捉えられてしまうか、マクロファージによって貧食されて取り除かれる。
「ハインツ小体」がある赤血球が減ることになり貧血になる。
※ハインツ小体を脾臓や肝臓で取り除いてもらった赤血球も存在しますが、形が維持できなくなり血管内で破裂してします。(血管内溶血→血色素尿)


もう一つ=<赤血球の膜編>
「有機チオ硫酸化合物」が赤血球膜に含まれる蛋白を酸化する。
?膜が傷害され変形した赤血球「Eccentrocyte=偏心性細胞」になってしまう
?「Eccentrocyte」という変形した赤血球は脾臓や肝臓や骨髄で捉えられてしまうか、マクロファージに食べられてしまう。
?「Eccentrocyte」になってしまった赤血球が減ることになり貧血になる。
※変な形の所だけを脾臓や肝臓で取り除いてもらった赤血球も存在しますが、形が維持できなくなり血管内で破裂してしまいます。(血管内溶血→血色素尿)
Eccentrocyte=偏心性細胞

玉ねぎ、ネギ、ニンニク、などの「ネギ類」には全てこの「毒セス」があります。

ネギ類も日本では最近非常に多彩な料理の材料として入っています。
すき焼き、チャーハン、ハンバーグ等
しかし直接、お蕎麦の薬味で発病した例もあります。
(ちなみに、私も、うちの奥さんも、ネギはダメです)


実話
犬種はハスキーで体重は30キロは越えていたそうです。金曜日の夜に鍋物の残りとして給餌され、土曜日に元気食欲がないことに気がついたがそのままにしておいた。
日曜にさらに元気がなくなったのでこれはおかしいと思ったが診療を受けさせることができず、月曜に往診を依頼したが、獣医師が到着するまでに死亡したというものです。

にんにくは玉ねぎと同じヒガンバナ科ネギ属に分類され、含まれる成分も共通するものがあります。その一つが「アリルプロピルジスルフィド」という成分です。

この「アリルプロピルジスルフィド」が犬、猫の体内に含まれると、全身に酸素を運ぶ役割を持つ血液中のタンパク質・ヘモグロビンを、酸素が運ぶことができないメトヘモグロビンに変化します。(赤血球を壊す=膵臓も壊れます)

メトヘモグロビンが増加すると、次に赤血球の内部に集まり、ハインツ小体という塊になり、赤血球を破壊するため溶血(赤血球のヘモグロビンを壊す)してしまい、ハインツ小体溶血性貧血が引き起こされます。

血液中の40%に及ぶ,赤血球が壊されるので、血液が薄くなってしまいます。
サプリメント会社は、これを逆用して、血液がさらさらになる・・というキャッチコピーでサプリメントの宣伝をしています。


血液がさらさらになる結果、溶血性貧血のために手足のしびれ、めまいや耳鳴りなどの症状が起きます。

赤血球はヘモグロビン(鉄分子)が肺の中で、酸素と結びつき、身体中の組織に「酸素」を補給します。

身体のあらゆる組織は「酸素」により、生命を維持しています
人間の場合は、「死に至る」までの報告はありませんが、「下痢」などの消化器障害を起こすことは、多数報告されています。 (私も下痢するので、玉ねぎは食べられません=おいしいんですけどね〜)
テレビの宣伝にごまかされないようにご注意を・・・




当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正する、本物の、カイロプラクティックです。

TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。
12:00から20時まで営業  必ず予約電話をお願いします。
●フアィブミニに含まれる色素は虫由来、食品添加物とその危険性

食物繊維が豊富というキャッチフレーズで販売されている
O製薬のフアィブミニ。

うすい綺麗なオレンジ色でいかにもヘルシーに見えるのですが、中に自然系とは言え、虫から抽出されて着色剤が入っている、実はサボテンに寄生する虫(カイガラ虫科のエンジムシ)を使用しています…

それから
いわゆる「成型ステーキ」です。まず、屑肉やハラミ肉は硬くてそのままでは食べられないので、タンパク質分解酵素でやわらかくします…
・糖類(砂糖)、ブドウ糖、果糖、液糖、オリゴ糖、
・ポリデキストロース、V.C、香料、調味料(アミノ酸)、
・コチニール色素
が入っていることが判ります。

実は、この「コチニール色素」なんですが、確かに天然の色素なのですが、
実はサボテンに寄生する虫(カイガラ虫科のエンジムシ)を乾燥させて、抽出する色素です。

透明感ある綺麗なピンク色が特徴で、PHを少し加えるとオレンジ色にもなります。
細菌を使った突然変異性試験では、陽性と判断されています。
日本の水田に生息するホウネンエビによく似た姿をしている。ヨーロッパ、北アメリカなどの内陸塩水湖(有名なところではボンネビル・ソルトフラッツなど)に多く生息する。日本でも塩田に発生した例があるが、持ち込まれたものと思われる。
コチニール色素のアルデミア・サリーナに対する致死率は、
24時間で36.6%、48時間で57.8%と高った実験結果があり、
一部の合成着色料よりも、強い毒性があることを示しています。

コチニール色素を含む食品によるアレルギーについて
消費者庁の情報

 このたび、コチニール色素を含む飲料と急性アレルギー反応(アナフィラキシー)に関する国内の研究情報が消費者庁に提供されました。

 万が一、コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、かゆみなどの体調の変化を感じた場合は、すみやかに皮膚科やアレルギー科の専門医を受診してください。

コチニール色素とは
 酸性で赤橙色、中性で赤色、アルカリ性で赤紫色を呈する既存食品添加物(天然着色料)で、飲料、菓子、かまぼこなどに幅広く使用されています。

 また、食品以外にも医薬品や化粧品(口紅、アイシャドー等)で使用されています。

現在までに論文等で報告されている発症事例
 コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、かゆみ、じんましん、発疹、呼吸困難などのアレルギー症状を示した事例報告があります。

 また、赤色の色素を含む化粧品の使用により、かゆみを覚えていた女性が、コチニール色素を含む食品を摂取したところ、呼吸困難を伴う重篤なアレルギー反応を示した事例報告もあります。

コチニール色素を含む食品によるアレルギーが疑われる場合には
 コチニール色素を含む食品を摂取してかゆみ等の体調の変化を感じた場合には、、すみやかに皮膚科やアレルギー科の専門医を受診してください。

 なお、食品中にコチニール色素を含む場合の原材料表示への記載例は以下のとおりです。
原材料表示例 コチニール色素
カルミン酸色素
着色料(コチニール)
着色料(カルミン酸)

一般的に、ハム、ソーセージ、かまぼこ、等の、一見「肉の色」の感じをした、 着色料です


当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正する、本物の、カイロプラクティックです。

TEL046-229-37です
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日のため、祭日料金 となりますので、別途予約相談にて、承ります。
12:00から20時まで営業
亜硝酸ナトリウム

(発ガン物質ニトロソアミンを作り、急性毒性も強い)

ハムなどの肉製品によく使われる食品添加物です。
亜硝酸ナトリウムは、肉や魚に含まれるアミノ酸と反応し、 強い発ガン性物質ニトロソアミンを作リます。

中毒例を元に人に対する致死量を推定すると、0.18〜0.25gとなります。 猛毒の青酸カリの人に対する致死量は0.15gなので、
仮に亜硝酸ナトリウムの致死量を0.18gとした場合
、 猛毒の青酸カリウムと同じレベルの毒性を持つことになります…

でも、 ハム、ソーセージなどを作る肉加工業者は、普通に、使用しています。

現在日本では2人に一人の癌罹患率、

3人に一人の死亡率
というのが「厚生省」の発表です。

最近、30代の癌患者が増えてきました。
気ををつけて・・・。
ちょっと面白いお話し

●成型ステーキと食品添加物
ファミリーレストランなどの安いステーキです
ハラミ肉や 食肉加工の際に生じるカット屑肉を貼り合せて作られているものだそうです

食べられないほどの固い肉は、薬を着けて並べて機械に入れると、100本くらいの注射針が下りてきて、薬液が注射されて、翌日には、なんと
「ロース肉」
になっているそうです、新宿の小田急ミートに勤務している肉切販売の現社員の勤務している有名な、焼き肉レストランの
カルビ肉
も形成肉だそうです

だから安いのですね・・・