夜に,来た人は
「ひざ痛」でした

痛い、痛い
といって階段を上がってきました
一段づつ  うめき声゛を上げながら
階段を上がってくるのが治療院内まで、聞こえてくるのです。

治療テーブルに寝てもらうと
「これ以上ひざを伸ばせません」

というのです

ひざを診ると 真っ赤に腫れ上がっていました

何時からですか?


と聞くと

「昨日からです」
「朝からねひざの具合がずれているような感じで、おかしかったのですが、ひるをすぎたらば、痛みになってきて、足を着くだけで、膝に激痛が・・・。」

この人は先々週にインド人のカレーを食べて「腰痛」なり、治療に来た人です

「先生、何でこんなに急にひざが痛くなるんですか?」

と、きくので

先々週のことを覚えていますか?
インド人のカレーを食べて、腰痛になったでしよう?

そのあとも、ラーメンに、ニンニクと豆板醤を山盛り入れて、お腹を下していたでしょう?

だから、このひざ痛は
「おなかから来てのですよ」

と、教えてあけました

「くそっ」
「先月のインドカレーから引きずっているのか・・・」



治療後は

「歩ける!」
と、喜んで帰りました。






話は、変わりますが

東京から。月に一回ほど、体の調整に来られる、二児のお母さんがいます

二人目の赤ちゃんが
「ちち吐き」
を、するのだそうです

「ちち吐き」とは 赤ちゃんか授乳中に、飲んだばかりのお乳を、
ぶーっ

と、吐き出してしまうことを言います

私の質問です

「おちちを飲ませているときか、その前に、何か食べていましたか?」

その、お母さん
「アンパンを食べていました・・・」



 アズキには「毒「」があって、二回から三階、煮炊きしてゆでこぼしをしないと」「アク」がぬけない豆なのですよ。
だから昔は、まつり事や、おめでたいときにしか,アズキは食べなかったものです。

あなたは、赤ちゃんに、おちちを飲ませているときに アンパンを食べていたので、それが血中に入り、乳汁 の中に入ったので、赤ちゃんの胃腸が「防御反射」を起こしてしまうので、ちち吐き をするのです
食べものや、飲み物は胃に入ったら、数秒で吸収が始まり、その毒も、あっ というまに お乳に交じってしまうので、ちち吐きをするのです。

と教えてあげました

食べものの毒は、意外に多く存在します。

腰痛も、座骨神経痛も、その他の「難病も」 みんな 食べものの 「毒」が原因で起きるものなのです

昔の漢方では「医食同源」といって、食べ物、そのものが、身体のためになる「医」になることを大切にしていたものです。

現代は
「食」があふれかえり、毒物が食べ物のの中に蔓延しています。

そのために病気の人が 増えて、国民の半分が 「ガン」で死亡していると言われています。
皆さんも、ぜひ、食べ物を、 とても注意をしてください。




■スギ、ヒノキ
交差反応性のある主な食物
・トマト

■ハンノキ
交差反応性のある主な食物

・バラ科(リンゴ、サンザシ、ナシ、モモ、スモモ、プラム、アンズ、ウメ、サクランボ(アメリカンチェリー含む)、アーモンド、イチゴ、ブラックベリー、ラズベリー、ボイセンベリー、ビワ、カリン)
「すべてのナッツには毒がある」と言われています。
・マメ科(大豆、ピーナッツ)のアレルギーが多いのは、意外と知られていません
しかも、調理済の料理には原料として、「大豆」を多用しています。
「即時性」の場合は、その場で、痒みや痛み、下痢などが起きますが
「遅延性」の場合は、便秘がちの人ならば、約、3日後に症状が現れます。
その間に「便」に含まれる「毒」は腸から吸収されて。二次的に症状を起こします。

日本の厚生労働省では五大アレルギー食品を定めています
卵アレルギー
乳アレルギー
小麦アレルギー
かに、えび(甲殻類)アレルギー
そば、落花生、は「アナフィラキシーショック死」を起こす最も危険な食物としています。
さらに大豆、キウイ、アワビ、イカ、いくら、オレンジ、クルミ、大豆、バナナ、モモ、山芋、リンゴ、ゼラチン、なども指定食品です。
最近では「レバ刺し」の禁止があります。
大豆は、いろいろな食品の原料として使用されているので、即席ラーメンや調理した料理などは特に気を付けないと知らずにアレルギーが起きてしまいます。

今回は

野菜、アレルギー
果物とアレルギーです

野菜・果物にアレルギーのある人が、子供も大人にも増えています。
どういう野菜、果物に症状が出やすいか、症状があるかをお知らせします。


野菜、果物アレルギーPFAS(花粉関連食物アレルギー症候群)とも呼ばれています

即時型アレルギーと違って=遅延型アレルギーの原因としては、果物に含まれるアレルギーを起こす原因の異種タンパク質(アレルゲン)が胃や十二指腸で分解されず、小腸から吸収されて血流に乗って体内を巡るので高原抗体反応によって全身症状となって現れるので、食べたものが原因と、わからない場合が多いのです。
これは症状の発現まで時間が掛かるのが特徴です。


特に「遅延性アレルギー型」は食べてから20時間から30時間、しないと症状が出ないために
「食べたものが原因」で、腰痛や、ひざ痛などの症状になることが分かりにくいものです。

困ったことに、よほどのアレルギー学に堪能な熟練した医師でない限り、食べ物が抗原となって
各種のいろいろな病気になっていくというメカニズムを知りません。


最近野菜、果物にアレルギー反応がある方の話をよく聞きます。
メロン、キウイは
TOP10に入るアレルギー反応と言われています


これらの原因として、花粉症などの鼻炎性アレルギーが背景にあります。
花粉はすべての木や草の花から出ます。

要は植物であり=花粉と共通抗原性があるため、野菜、果物にアレルギー反応が出ます。

花粉症の時期
1〜4月 ハンノキ
2〜5月 スギ・ヒノキ
4〜6月 シラカンバ
4〜10月 カモガヤ、オオアワガエリ
8〜11月 ブタクサ ヨモギ


花粉と共通の抗原性がある野菜、果物の種類は次回にお知らせします・
野菜アレルギー

◎白菜などの葉っぱ系、

◎緑色の葉っぱ系  (葉緑素は体に毒です=腎と脾臓を痛めます)

◎柑橘系、

◎スイカ、 キュウリ、 カボチャ などの「ウリ系」

◎または「根菜類」

などにアレルギーを持つ人もいます、

◎豆類、 植物油の加工品など)(天ぷらなど)にアレルギーを持つ人もいます


アレルギー反応を起こす食品
〇食物アルレギーが引き起こす症状については、
粘膜のアレルギー症状は、消化器系への反応、呼吸器系への反応かゆみ、なみだ目、結膜の充血等があります。

消化器系の食物アレルギー症状としては
下痢や嘔吐、腹痛、慢性潰瘍などがあり、大腸に炎症を起こす「クローン病」もその一つです

呼吸器の症状としては風邪に似た症状でたとえば鼻づまりやくしゃみ等があります。=花粉症の人は花粉以外にも自分で気付かないアレルギーの症状を併せ持つ人が多くいます。

果実アレルギー  もあります
果実等を食べた時、唇や口の中の粘膜にかゆみがあったり、蕁麻疹が起こったりという一過性のアレルギー症状が起こることがあります。(果実アレルギー)

アレルギーといっても人、さまざまで、思わぬものでアレルギーの症状が出ることがあります。
アレルギーの種類
食物アレルギーのある人の中には、ある1つのアレルゲンにだけ反応する人もいれば、何種類ものアレルゲンに反応してしまう人もいるという具合に、本当に様々なのです。

それも「季節」ごと、あるいは「体調」によっても変化します

食物を食べて直ぐとか1時間位経って起きる胃けいれんや悪心や腹部の膨満感、そして腹鳴等があります。
これは「即時性アレルギー」と呼ばれるものは「食べて直ぐに」症状の出るものです

その他、すぐ出ないものは「遅延性アレルギー」と呼ばれます
◎ これは二十時間から三十時間以上しないと症状として分からないものです


「遅延性アレルギー」の場合は、
お腹が張る
ガスが出る
便秘になる
腰が痛くなったり
足がしびれたり
肩が凝ったり
ひざが痛くなったり
片頭痛が起きたり
股関節痛が起きたりします
アトピー性皮膚炎もそうです(アメリカの厚生省の発表=牛乳が原因としています)


予防法 としてはアレルゲンとなる食物の摂取を絶対に避けることです
アレルギーの起きない「安全な食べもの」を選ぶことしかありません


アレルギーとは
「抗原抗体反応」なのです

分かりやすくいうと
「インフルエンザ」に対して、毎年、その年にはやりそうなインフルを 予想して、「ワクチン」を作ってして、いますが
これが、
「宝くじ」
のように、全くの実は、f全くの当てずっぽうので、 全く効きかない場合が多いのです=本当は「厚生省の金もうけ事業だ」という 声もあります。

  効いたような気がするのは
「インフルエンザのワクチン接種」をした

という
「プラシーボ効果」と言えます

実際に、そのワクチン
が効いたならば=その年に流行った「インフルエンザの抗原」に対する
「抗体」が体内に、作られたことを意味します。

一度
体内に 「抗体」が出来ると、二度と、その病期に罹らなくなります

アレルギーも、この「抗原抗体反応」システム と同様に、一度その食物にアレルギーを起こすと、死ぬまで、この 「抗原抗体反応」 が働くので
一生 その、食物アレルギー は消えることがありません

ただし
成人すると、体力が付き、免疫もある程度は強くなるので、体調の非常に「良いとき」に限っては、少量ならば、アレルギーを起こさずに済む場合もあります、=実際には起きていても小規模なので気付かない場合が多いのです。