06/25に来られた患者さんのお話し・・の続き

名前は出せませんが、近くの大きな病院の内科医でした。

症状は
首コリ=左右が向けない
肩こり=数十年もの
肩の痛み=肩が痛くて腕が上がらない。
腰痛=これも長い=椎間板はかなり潰れていると「整形外科」に言われています。
膝痛=長くあるけない、歩くと痛い。
正座ができない
足首が痛い=高校時代から部活で相当痛めたようです。
右の股関節が開かない
右肩が上がっている。


と、たっぷりと、症状をもってきました。
自分の病院の整形外科でMRI、レントゲン、理学療法と色々やったが全くよくならないので、当院に来院となった次第です。



治療編です

まず首コリですが、
原因が二つあって、一つは、頚椎のサブラクセイションが二か所ありました。
そして上部胸椎にもサブラクセイションがあります=首の回旋は、首だけで行われるのでなく、背骨の上の部分上部胸椎が回旋の主役になります。

そして、両法の鎖骨関節=胸鎖関節と肩鎖関節の両方が脱臼して、固まっています。




頚椎の解剖学
頚椎は、7個の椎骨があり、それぞれの神経系を担っています。

第一頚椎=小後頭神経が出ています=この神経は 小後頭筋という、第一頚椎と頭蓋骨を大後頭孔と接合しています・・・小後頭神経によって、頚椎と頭蓋骨をつないでいる大切な部分です。
この部分が「ズレ」ると、頭痛やめまいが起きます、そして、身体中の生命システムに狂いが発生して、病院では理解できない「原因不明の難病」が発生します。

第二頚椎=この頚椎から出ている「大後頭神経」はかなり厄介な、症状が、発生します。
   いわゆる「肩こり」とは、この==僧帽筋の過緊張が原因となります。
僧帽筋は肩の筋肉です、なだらかな両肩のアーチを作っているのは、骨ではなく、この僧帽筋なのです。

両腕は鎖骨とこの僧帽筋によって、首から、ぶら下がるように着いて居るのです。
そして、この僧帽筋は「第二頚椎から出ている大後頭神経」が支配しています。
肩こりの原因の一つには、この「第二頚椎」のズレが原因で、起きるものが非常に多くあります。

僧帽筋のテストは=仰臥位で、片方の肩を下方に押してみると、片方の筋力が低下しているのが分かります。
左に、押して弱い場合は==第二頚椎が左後方側に「サブラクセイション」を起こしていることが判明します。

この場合は=左に左後方にズレいる第二頚椎を「ボキり」とやればその場で直ちに、肩こりが消失して、僧帽筋の弱化も改善します、固く凝ってっ固まっていた、僧帽筋が一瞬で柔らかくなります。

ズレていた首の椎骨神経からの過剰な神経インパルスによつて、「筋拘縮」が発生するわけです。

頭痛と肩こりは これだけで、一瞬で解放されます。
つまり、「僧帽筋」を支配している、第二後頭神経を開放するわけです。

まるで「魔法」のように一瞬で、症状は消失するのです。

これがカイロプラクテイックなのです。

ズレている骨を直す=これを「アジャストメント」と呼びます=日本語の直訳では=「調整」という 意味になります。

脱臼をはめるのは 一般的には「リロケイション=配置転換の意味」といいます。脱臼整復術と言います。
脱臼とは完全に関節窩から骨頭が逸脱していることを言います
脱臼整復術の完全な英語の訳では dislocation Restoration と言います


「サブラクセイション」とは=日本語では、「亜脱臼」と直訳されます。

第二頚椎は、他にも、いろいろな、影響を起こします=足には27個の骨が集合して「足趾」を形成しています。
この足の骨の中に「立方骨」という骨があります。

例えば左の第二頚椎の横突起を前方へずらしてやると、同時に、左足の、「立方骨」がズレるのです。
立方骨がズレると、人間は真っ直ぐに立っていることができなくなります。




当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正し、圧迫されているを神経を開放し、症状を改善します
TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診   
 火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。
12:00から20時まで営業  必ず予約電話をお願いします。
「ばねゆび」
は大概の場合は片方の拇指に発症します、両方の指に、又は複数の指に発症することも有ります
DIP,PIP,MP,CM関節などに痛みと熱が発生します。

原因となるものは「アレルギー体質が第一の原因です」

ピアノ
バイオリン
趣味の手芸=パッチワ―ク、彫刻、編み物
等が多いのですが

いずれも
指の使い過ぎによるもので
主に「前腕」にある「長指伸
筋」と「長指屈筋」の疲労硬結によるものが多く見られますが、

実は、アレルギー体質もその一因になるのです。
日本人の70%が「ミルクアレルギー」であるという、厚生省の調査があります。


指には「筋肉」が有りません、指の根本になる手の平の部分には虫様筋という筋肉が、指の開閉を担います、

物を握るときの「指の筋肉」は「前腕」の中に有ります、指は「腱」によって力を伝達されて動きます

従って指を使いすぎると、この前弯の筋肉群が疲れて疲労硬結を起こして

長く指を酷使すると「腱」が肥厚=発達して「腱鞘」に引っかかります
最初はパツン、パツンという引っ掛かる動き

やがてひどくなると引っかかったままで曲がったままになる「ロック」される状態などになります
原因は『アレルギー体質』であることが意外に気付かれていません。

お菓子や、甘いものなどをよく食べると、「プリン体」の摂取が多くなり、
尿酸値が挙がってしまいます。
ここまでくると、関節の部分に「カルシウム沈着」が起きて、だんだんと動かなくなります。
また、痛みのある場合と、痛みの無いタイプも有ります

以上が「整形外科」の説明です

当院㋨ばねゆせび㋨治療は、大変に「痛いです」(笑い)
その代わり、よく治ります。
固まってしまった指の関節を、動くまで関節のトレーニングをしますので,中にはも「泣く人も」います。
どうしても、「直したい人は」  覚悟をしててもおいで下さい。






当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正し、圧迫されているを神経を開放し、症状を改善します
TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。
12:00から20時まで営業  必ず予約電話をお願いします。





ばね指

東京から24歳の若いお嬢さんが来院されました
症状は
「ばね指です」
この方は一回で治りました。



症状と原因=整形外科学の説明

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。丁度、この靱帯性腱鞘は指の関節部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります

その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると腱が肥厚して引っ掛かりが生じ、指が引っかかる現象が起こります。 これを“ばね指”と呼んでいます。

腱の周りには腱鞘があります。 硬い靱帯性腱鞘のある部分は滑膜性腱鞘で裏打ちされていて、腱と靱帯性腱鞘が擦れて摩擦が生じにくいようになっています。そのほかの腱の周囲はパラテノンという柔らかい軟部組織が覆う構造になっています。

症状
指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、“腱鞘炎”になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。

朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指引っかかって動かない状態になります。

一般的に女性ホルモンの低下する更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。
手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します

母指(親指)、中指に多く、環指、小指、示指にもよくみられます。

病態
指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦のために炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し、通過障害を起こすために一層症状が悪化します。

病院での治療
保存的療法としては、局所の安静(シーネ固定も含む)や投薬、腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)などがあります。この注射は有効で、おおむね3ヵ月以上は無症状なことが多いですが、再発することも少なくありません。

改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。切開するのは腱鞘の一部だけです。小さな傷で済みます。

=ただし注意!!!この方法ではピアノが二度と引けなくなります

整形外科における治療にはまず、副腎皮質ホルモンを発症している腱鞘に直接注射する方法があり、慢性化した場合は、腱鞘を切開する手術が行われる場合があります=ただし。ピアニストなどは、二度とピアノを引けなくなる可能性が残ります




当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正し、圧迫されているを神経を開放し、症状を改善します
TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。
12:00から20時まで営業  必ず予約電話をお願いします。
今月の患者さん

名前は出せませんが、近くの大きな病院の内科医でした。

症状は
首コリ=左右が向けない
肩こり=数十年もの
肩の痛み=肩が痛くて腕が上がらない。
腰痛=これも長い=椎間板はかなり潰れていると「整形外科」に言われています。
膝痛
正座ができない
足首が痛い=高校時代から



と、たっぷりと、症状をもってきました。
自分の病院の整形外科でMRI、レントゲン、理学療法と色々やったが全くよくならないので、当院に来院となった次第です。

治療偏
治療偏はまた、この次です。

当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正し、圧迫されているを神経を開放し、症状を改善します
TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。
12:00から20時まで営業  必ず予約電話をお願いします。



膝痛のお話し

「人口関節置換術の実話」

先月、横浜から来られた、膝の痛い患者さんです
この患者さんは、仕事で階段を上るときに、(ガスメーターの検針員さん)
少し痛みがあったので、整形外科へ行ったところ・・

ろくに膝をよく見もしないで
「では来週、人工関節を入れましょう!!」

と、言われて怖くて逃げてきたと言っていました。

すごく怖いお話しですね〜 これ、当院であった実話です

ちなみに、この女性は、当院の施術で、一回で完治しました。
膝痛がそんなに簡単に、治るはずがないと考える人が多いとおもいます。当院は、非常にたくさんの膝痛の方を治療して膝痛の治療には、「精通」しています。
院長の私自身が三回もの経験があります。

どうして、痛くなるのか?

どうしたら、よくなるのか?

嫌というほど、膝の痛みに苦しんだ体験があるのです、ですから、皆さんの膝の痛みは、手に取るように、理解ができるのです=体験に勝るものはありません
言ってみれば料理などと同様に、食べてみなければ、料理は出来ません

整形外科の医師は、多分、膝痛の経験は無いのでしょう。  だから痛みを理解できないのと思います。

しかし

中には、膝痛の経験のある整形外科医も居るのです、私も、そういう整形外科医に合ったことがあります。 やはり、よく膝を知っていました。
今では、膝痛だけに、特異的に効果のある薬もあるのです。  この薬は実に、よく効果があり、痛みが消失して再発を防いでくれます。



膝痛の場合、普通は二、三か月から〜半年ほど様子を見てから、症状の進行具合により、改善が見込まれない場合、そういうお話になるのですが、膝の関節の骨が老齢による骨粗鬆症で骨組織がもろくなっていたり、ひざ関節変形の進行が速い場合などは、「人口関節置換』を行う場合があります。しかし、これも、あくまで選択肢の一つです。

この女性のように、ただ、階段を上るときに膝が少し痛かったという患者の問診だけで、いきなり、来週に手術をしましょう? という整形外科医のあり得ない、とんでもないお話です。

もしこれが本当に手術をするとなると、「訴訟」問題になることは間違いありません。



膝痛は整形外科へ行くと、
レントゲンを撮影して膝関節の隙間や、歪み具合半月板の損傷具合などを説明されます。

隙間が狭いと=半月板の圧迫や、半月板損傷や関節の変形が起きていることを説明されます。
また、関節液の貯留がある場合などもあります。

しかし、何故そうなるかの「説明」はありません

整形外科医は、膝の痛みが発生する「機序」を知りません。

かえって、理学療法士のほうが知識があります
状況が深刻な場合は「人口関節置換』を勧められます。  (こわいですね・・)
写真
null
正常前からの関節

null
正常の横からの写真

null
変形が進行した写真=大腿骨と脛骨の「軸」が曲がって、こうなります。
原因は、次の写真のように、「踵骨」の変形や、膝を支える筋肉の不均衡が原因になる場合があります。




null
踵の骨「踵骨」の捻挫による、曲がった踵の骨

この場合、曲がった踵骨のために体幹軸がまっすぐに支えられないので
膝痛や、腰痛になります。
踵骨の矯正によつて、正常な位置にする必要があります。  当院で使用する「踵骨ディバーシファイドテクニック」により矯正が可能です。


null

null

膝はこのようにたくさんの筋肉によつて動きます。
これらの筋肉は「第四腰椎」
 から出ている

「大腿神経」の支配によつて、作動します。
膝の前が痛い場合は、L-4 からの「大腿神経」のトラブルにより発生します。

膝の内側」が痛い場合は
第三腰椎=閉鎖神経のトラブルが原因となります。

膝の後ろ側が痛い場合は「
「第五腰椎」の座骨神経系のトラブルになります。

しかし、腰椎の変位による神経系の作用による、痛みが発生するという、真の原因は、さらに複雑で多様な原因が絡んで、発生するのです。



当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正する、本物の、カイロプラクティックです。

TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。
12:00から20時まで営業  必ず予約電話をお願いします。