花粉症について
1〜4月 ハンノキ       
 注意! アレルギー体質と食べ物が「引き金」になります

2〜5月 スギ・ヒノキ
4〜6月 シラカンバ
4〜10月 カモガヤ、オオアワガエリ
8〜11月 ブタクサ ヨモギ、特にブタクサは長く、1月まで続きます。
痰がのどにからみ、風邪を引いたような症状になります

1〜4月は特に スギ、シラカバ・ハンノキ バラ科・シラカンバ花粉症の季節です

☆ 以下の食べ物で 「花粉症」がひどくなります 
乳、乳製品、リンゴ、桃、苺、メロン、スイカ、大豆、キウイ、オレンジ、山芋、マンゴー、アボカド、ナッツ類、にんじん、セロリ、じゃがいも、トマト、西洋ナシ、サクランボ、モモ、アンズ、洋梨、苺、クルミ、アーモンド、ココナッツ、ピーナッツ、セロリ、にんじん、キウイ
オレンジ、メロン、マスタード、セリ、ニンジン、小麦粉


そして
めったに居ませんが、 ナス科にアレルギーを持つ人は  ナス、ジャガイモを食べると 「花粉症」がひどくなります

さらに、ジャガイモの「皮と芽」には 「ソラニン」という 致死性の毒があります。
最近は、「輸入の皮つき」のジャガイモが輸入されて、外食のの付け合わせに、よく出ていますのでご注意を・・ 

この、「皮つきの輸入ジャガイモ」を、そのまま使用しているために、学校給食などで、よく「食中毒」を起こしています。

マタタビ科の キウイフルーツと、イネ科、 ウリ科 のメロン、スイカは
果実アレルギーのトップ10に入る 厚生省指定の「アレルギー食品」です=唇がしびれる人が多くいます


ウルシ科の マンゴー はとてもおいしいのですが、立派な「毒果実」です=私も、「マンゴー」ではひどい  腹痛と下痢の経験があります

先日も、マンゴープリンを会社の同僚から二口だけもらって初めて食べた人が
翌日から、ひどい「ひざ痛」になって 歩けなくなり、奥さんに肩を貸してもらって当院に来院したことがあります。

アレルギーとは、人によって全く違う症状を起こすので、厄介なものです。

食べもの、アレルギーは、大体、「遅延性アレルギー」が多いので、特定が非常に難しいものです
病院では検査ができません

しかも、人によって、対象となる「アレルギー食品」は実に様々なので、余計に特定できません。

ブタクサ  ウリ科 は メロン、スイカ、ズッキーニ、キュウリ、カボチャなどで出ます

バショウ科 バナナ
ヨモギ セリ科 セロリ、ニンジン
ウルシ科 マンゴー
イネ ウリ科 メロン、スイカ
ナス科 トマト
マタタビ科 キウイフルーツ
ミカン科 オレンジ

現在10月は、「ブタクサ」のアレルギーの時期です

痰がのどに引っかかり、風邪のような症状になります
ひざ痛について

関節炎をきたす様々な要因


• 食物アレルギーが原因になるのが最も多いのです=膝が痛くなる原因の最も多い原因は実は「食べ物」が.最も多いのです

• 重金属の蓄積=金属アレギルギーの一種で、血液が「酸性」になるためです

• 栄養欠損=人間は「肉=蛋白質」でできています、エネルギーは「米=グルコース」です、これが単糖となり、グリコーゲンになって、人間を動かすATPエネルギーになるのです
蛋白質は20種類の「アミノ酸」に分解合成されて、肝臓に運ばれます
膝にコンコンドロイチンが良いという話をよく聞きますが、コンドロイチンは体内で食べものから合成されるものであって、コンドロイチンを飲んだからそのまま「ひざ」に行くわけではありません・

• 細菌感染症=薬の飲みすぎで、免疫の低下が起きる、「酸性血」になる

• 甲状腺機能低下=ストレスによって 甲状腺機能低下 が起きます

• ホルモン系の低下=栄養不足、ストレスの増大、スマホの不要な情報過多<コレステロールが低くなると「ホルモン」が低下します=筋肉はコレステロールによって合成されます=コレステロールが低くなると筋肉が弱くなって老化が早くなります。

• 水分不足=コーヒーや豆乳、ジュースなどの汚い「水」で腎臓機能低下=色の付いて水が体内に入ると「脱水」が起きます

• 炭酸水=ビールやジュースなどの炭酸も「酸性血」の原因です

• スポーツでの膝や足首などのねん挫などもひざ痛の原因になりま=この場合は、スポーツ外傷になります


水=体液
人間の体の60% は 「水」 で、出来ている、というのは、 よく、聴いている事と思います
体液=40% そのうち 20% が「血液」=ですから、「水分」は色の無いもの、味の無いものが、一番良いのです

色や、味のついた水を体液にするために、腎臓がきれいな水に「濾過」します  きたない水が多くなると、腎臓が悪くなりアンモニアの分解能力が下がり、「酸性血」になります    (食べ物や飲み物は、最終的に「アンモニアまで分解されて「便」として体外に排泄されます)

体内に取り入れる「水」が悪くなって  血液が 「酸性血」になることで 「体液」が「酸性になります
正常な体液は「中性」で P/H (ペーハー)で表されます
7.2~7.5 が最適です

P/H 5まで下がると、尿酸値がかなり上がり=リウマチ、痛風などの症状が現れてきます

 筋肉痛や 頻尿もP/Hが下がることで起きます。

この「酸性血」が セロトニン、ブロスタグロンジン、マイコプラズマ、サイトカイン、滑膜炎症、等が
半月板を刺激して、膝に痛みが発生します


膝の機能
人間は「腰と膝と、足首」でバランスを取りますが、これは体に起きる重力軸の「偏差」を自動的に、筋力を支配する、反射神経の働きによるものです。この重力軸の偏差というむづかしい筋力の細かな働きを担うのも膝の機能の一つです。

半月板は重力偏差を脳に情報を送るという特殊能力のために、知覚神経が密集しています。

P/Hが下がると、サイトカインやP物質が半月板の知覚神経を刺激するために「ひざ痛」が発生します。

膝の周りの筋肉の「バランス」の悪さによって「ひざ関節」のアライメントの狂いで、半月板が刺激されても、痛みが出ます
●「ひざ関節」のアライメントの狂いで、半月板が刺激されても、痛みが出ますので、関節のアライメントを正常にする施療をして関節の動きを正常にするのが大切です、
●よく、女座り、と呼ばれる、膝を捻じった姿勢などは最もひざを悪くします。


クスリの副作用
また、薬の副作用でも、ひざ痛は発生します。
●コレステロール阻害剤(スタチン系)
●降圧剤
●尿酸値改善剤
●その他の痛み止め
●一つ一つが膝が痛くなる原因となるので、飲んでいる薬の一つ一つを検査する必要がああります
●果物のすべてはひざ痛の原因となります
●一部の野菜
●乳製品
●お菓子などの甘いもの
●おせんべいなどの、塩辛いもの
●油で揚げた、お菓子

食べものにご注意ください。
世の中にあるものすべてが、食べられるわけではありません。
花粉症の方へ、警告!

一月下旬~から、「スギ花粉症」「ブタクサ」「杉」などの
花粉症
が、はじまります

速い人は、いまから、もう鼻水とくしゃみが始まっています

「スギ花粉症」は、アレルギー疾患の一種ですが
原因は「副鼻腔炎」が多いようです

       警告!

この時期から、一月にかけて、「パン」を食べると15分以内に
くしゃみと、鼻水が、いきなりはじまります

゜小麦アレルギーの反応が少ない人にはあまり顕著なアレルギー反応は出ません

また逆に
「小麦アレルギー」のかたは
非常に「パン」が好きなのが特徴です-俗に言う
 
「パン中毒」です


花粉症の方にとって=  「パン」は食品では有りません
「毒物」です


保存料
防カビ剤
漂白剤
科学調味料
香料
グルテン


等の科学性の毒物が大量に入った物が、日本の「パン」です

白くて、ふわふわした。日本のパンは「薬が入っている」と云って、
外国の方は、気味悪がって、食べません。


花粉症の方へ、警告!
一月~から、「スギ花粉症」
が、はじまります
速い人は、いまから、もう鼻水とくしゃみが始まっています

「スギ花粉症」は、アレルギー疾患の一種といわれていますが、原因は「副鼻腔炎」が多いようです

       、小麦アレルギーの方に警告!

この時期から、一月にかけて、「パン」を食べると15分以内にくしゃみと、鼻水が、いきなりはじまります

また、グルテンアレルギーの方にとって=  「パン」は食品では有りません

「毒物」
です


そのほかにも ある本に書いてありました。
パンは
砂糖より血糖上昇作用(GI)が高い
また、へロイン同様の中毒症状が出る
腸の粘膜を傷つけ、アレルギーや自己免疫疾患を引き起こす



グルテンはアレルギー物質

グルテンはアレルギー物質でもあり、食べ過ぎるとグルテンに対してアレルギー反応を引き起こす可能性が高くなります。

毎日パンやパスタを食べ続けていると、いずれグルテンアレルギー体質になるかもしれません。

パンを食べて気分が悪くなったら、それはもしかするとアレルギー反応の前兆かもしれません。

またグルテンの過剰摂取により、精神状態への影響も出てくると言われています。

体が疲れやすくなり、倦怠感やうつ症状などをもたらします。グルテンの作用により、消化器系や神経系に障害がもたらされる可能性があるともいわれているので、毎日パンを食べたい人は注意が必要ですね


今や「グルテンフリー」という言葉が普通に聞かれるようになりました。


花粉症のような アレルギー性の症状=例えば
「アトピー」のような・・・

アトピーは「皮膚病」あるいは「皮膚疾患」「と、思われていますがじつは
ある種の「アレルギー」によるものであることが 解かっています

そんな矢先に、去年、ラジオから驚くべき放送がありました。

2018年、米国政府より
「アトピー」は「牛乳かが原因である」という世界的に。向けて大統領発表がありました。


我々のアレルギー研究では

ある 「誘因物質」が原因で  各種の アレルギーが発症することが判っています

それも 大病 と呼ばれるような 原因不明の疾患に多く発見されています゜


尾骨痛(仙骨痛)について


寝ていて尾骨が痛いという人
起きていても痛いとい人。が居ますので簡単ですが。説明いたします


尾骨は仙骨と関節しています、(人により、3個から5個が有ります)この関節には、関節軟骨は存在しません、尾骨は成人すると完全に融合します。

しかし、仙骨との結合部が弱く、尻餅などで簡単に骨折します

骨盤の関節軟骨、つまり「椎間板」は五個の仙骨と…
仙骨の迷信(=仙骨は成人すると完全融合すると、古い解剖学では教えていますが

レントゲンによって視診すれば関節軟骨、すなわち、椎間板の存在がはっきりと認められ、カイロプラクティック、キネシオロジーにおいても、仙骨の五個の椎骨が固有の可動性が有る事が確認されています、

なをかつ、それぞれの仙骨から出ている仙骨神経叢の働きも神経学においては、単独の神経支配が現在では確認されています→

※注意 仙腸関節や、仙骨がひとつの融合した不動関節であると信じる解剖学を不勉強の医師は今だに非常に多く居ますのでご注意を。)

椎間板の存在
椎間板は…恥骨結合と、脊椎と胸肋関節、肋椎関節、および、胸鎖関節と、鎖骨と肩甲骨の接合部のみに有ります、椎間板は関節の可動性と、動きの負荷が大きな所に存在します。その他に骨盤はあと六カ所で結合しています、


骨盤環の機能すなわち、
腰椎と両側の耳状面、股関節と、恥骨結合、仙棘靱帯、仙結節靱帯です、

これは、恥骨結合が゛、妊娠 そして出産という;大きな生理学的変化で、男性には無い大きな変化で大座骨孔が約15Cmという  非常に大きく開くように出来て居るためで、そのために骨盤環は男性に比べて非常に不安定であり、尾骨痛は、女性特有の症状として、股関節症状と、共に頻繁に起きる症状の1つです


現代解剖学では、耳状面、S2の2.5センチ前方が腸骨の回転の中心であるとも書いてありますが、実際には恥骨結合の椎間板を中心に『回転』をしています。

痛みの原因結論から言うと、
尾骨痛は内臓の不調によって起きる腸骨のEXによって発症します

すなわち、内臓の不調によって、「内臓ー体性反射」が起きてきます、

これは「迷走神経反射」とも言われ、
内臓の異常ーつまりアレルギー食品の摂取や、腐敗した食品、あるいは、菌に汚染された食品などの摂取によって、胃腸などの炎症が発症すると、
内臓は痙縮((食べ物の毒によって固まっててしまうこと)してしまいます=自律神経反射→(内臓→体性反射)この神経系インパルスは、内蔵を支配する大内蔵神経節から
副交感神経系 ・・・・・・・・・運藤神経系へと伝えられます

神経反射作用
こういった内臓の異常は、
脊椎、腰椎の両側を走行する「自律神経節」 に灰白交通枝と白交通枝によって内臓の情報が集積し、脊椎内部の脊髄神経(運動神経系)に内臓に起きる全ての情報が伝えられ、その情報で 『筋骨格系に防御反射』 が起きて
、患側面の腸骨が閉じ込んでしまうために、耳状面にズレが生じて、仙骨が後方へ突出してしまうように動く結果、
尾骨筋や仙腸靭帯、仙棘靱帯などに過緊張が生じて仙骨と尾骨が靱帯に引っ張られてしまうために、痛みが発生します。

治療法
ですから、治療は、内臓オステオパシーテクニックを用い、L5とL1のアジャストメントにより下部消化器の神経支配と腹筋の過剰緊張を正常にもどして内臓の過緊張を緩め、「迷走神経反射」 を止めてやれば、

腹筋に起きる、反射拘縮が止まり、内臓を締め付ける過緊張を起こしていた腹筋が緩み、腸骨は開いて、腸骨の可動性が回復します

こうして腸骨が 「正常位置」 に戻ると、後方変位した仙骨は正常位置にもどり、仙腸靭帯や尾骨靭帯などの過緊張も元にもどり、尾骨の歪みも、戻るので、尾骨痛は回復します。

原因の再発について
しかし、内臓に炎症を起こす原因となる食物抗原の「食品」 の摂取を止めなければ、
再び内臓の炎症が再発して腸骨の内方変移(EX変移)が起きるため、
仙骨は広報へ移動を開始して尾骨痛は、再発してしまうので、食事の自己コントロールを患者に徹底教育をしなければなりません。

特に
食物アレルギーを持つ患者は
食物抗原を持つ食品に対して「異常な嗜好」を持つのが特徴なので、簡単には抗原食品を食べるのを止めさせることは、非常に困難です。

『例えて言えば、小麦アレルギーの患者は、パンに対して、非常に食欲の執着を持ちます。』


ですから、患者の価値観を変えさせるのは、「治療家の知識の言葉」 なのです。

患者に対する、治療家の態度と、十分な知識と言葉が患者を回復へ導く力となるのです。



また、Devis.Nambudubripad著 の 『NAETテクニック』、あるいは、『AKの筋力テスト、内臓反射テスト』「あるいはTLテスト」 によって、食物抗原は簡単に発見できます

ではまた…。
抗酸化作用とは?

●抗酸化作用について地球上の動物達や人間は「酸素」を吸って生きています=これは人間の生命維持の定義です
 
抗酸化作用のサプリメントの摂取で健康になるならば=もしコマーシャルの言うように「抗酸化」が良いなら、極端な話、呼吸しなければ一番良いはずですよね?呼吸しなければ有害な酸素が無くなる訳ですから=、、、、???
つまり、「抗酸化作用」に健康効果が有るならば、生命維持のための「酸素による酸化システム」を《down》させればよい話です
が、、、。

細胞の中に「ミトコンドリア」という太古の昔に生命体の中に取り込まれて共存し、酸素を使用してATPを「酸化」してエネルギーを生産するのが「ミトコンドリア」の役目と言われています=走ったり、強度の高い運動をすると、呼吸機能を高めて「細胞」に「酸素」を送り込むのが「心臓」の役目です

「血液」は栄養を運ぶだけでは無く、主に酸素を体中の細胞に送るのが仕事です=だから、走ると心拍数が高くなり、「はあ、はあ」と呼吸が早くなるのです

●酸素の摂取量を少なくすると=生命力の低下から=病気になりやすくなります
「内科学では=花粉症、アレルギー性鼻炎、肺の機能低下などは「低酸素血症」と言い、数々の疾病の原因で有ると説明されています)
いずれも、十分に酸素を吸いこめない症状です


●「コマーシャル」とは、製薬会社がサプリメントをより多く売るための作戦です=皆さんこれに引っかかる。

コマーシャルを聞いた人に「潜在意識のなかに恐怖感を植え付ける」
これが「サプリメント」たくさん売る「コツ」なのです


「あのサプリメントを飲まないと、病期になる!」
と、いつの間にか、「洗脳」されているアナタ、「テレビコマーシャル」という、新興宗教にはまっているのでは?

●また消化不良の内臓や、腕や指の過緊張による回内変移と肘の屈曲は上半身から逆に体幹へと伝えられて屈曲姿勢に変化させ、屈曲した姿勢(猫背、前かがみの姿勢)のために肋骨の変形から「肺」が圧迫を受けて呼吸機能を低下させ、
「酸素分圧の低下」から内臓を圧迫するので
生理機能が低下して体力、免疫力に影響が出るために疾病に罹りやすくなります

「内科学」=肺呼吸の酸素分圧の低下=免疫の低下、運動機能の低下=内臓の疾病、アレルギーの出現など が「吸気障害」という判別になります。

花粉症のような、一種のアレルギー性の「吸気障害」も,二次的に 酸素の吸気不足を起こして、
いろいろな病気の誘因症状であるので、たかが、花粉症と侮ってはいけません。


ちなみに

アレルギーとは
「誘因物質」が 
人間に抗原抗体反応を引き起こす
媒体 となります

アレルギー反応自体は人間の持つ「ホメオスタシス」生命の維持システム
が起こす
異物を人間の体内に侵入させないための抗原抗体反応です


アレルギー反応を引き起こす
食べものが
アレルギーを引き起こします

例えば
この花粉症の時期に
乳製品成分や小麦に゛「アレルゲン」を、持つ人が てんぷらや、あぶらもの、パンやお菓子゛を食べ゛ると
くしゃみや鼻水、咳がひどくなります

このー反応は、即時性の特徴を持っているので、一瞬で起こるので。
見てると笑ってしまうくらい見事に、アレルギー反応が出ます


あるいは車のばい煙とか
そのような、環境因子が
引き金になる場合もあります

花粉症は、薬でごまかすよりも
原因となる、食品を見つけるるのがコツです