背部痛の原因として考えられるものです


背部痛の原因はいろいろな要因があります



まず原因に覚えの無い背部痛は病院での検査をするのが一番に必要です

また、疲れなどで背中の筋肉が凝ったりしても背中は痛みます
心臓,膵臓、胆石、尿結石などの内臓が痛むと反射痛として『背部痛』が起こります。


激しい運動や農作業などの肉体を使う作業をして背中や腰が痛むのは筋肉の疲労によるもので心配ないとは思いますが、それ以外で急激に背部痛が起こるのは要注意です

背部痛の症状

背部痛の症状としては
背中や肋骨などが痛み出すもの、
背中とみぞおち周辺が痛み出すもの
背中と胸が痛むもの
など
背中と併せて肋骨であったり、みぞおちやあるいは胸などが痛む場合は、内臓の反射痛として背部痛痛が起きます。


背部痛と病気
背中が痛む場合の病気で深刻なものは

肋間神経痛
急性胸膜炎あるいは
狭心症、
心筋梗塞などもあります。

<
食後に背部痛か起きる病気

食後の背部痛で考えられる病気としては
胆石、
十二
指腸潰瘍、
膵炎などがあります。

もし、膵炎の場合は、穿孔による、急性死亡の可能性大なので救急の必要があります、
すい臓の病気は。痛みの程度、吐き気があったり黄疸などが出ているなどいろいろな症状が起きます


b>すい臓がんと背部痛
すい臓がんになると激しい背中の痛みがあります


背部痛と胃痛を伴う病気

背部痛と胃痛との関係は「反射痛」として有名です。

胃炎、胃潰瘍をはじめとして胃を悪くすると背部痛や肩こりが良く起きます。

胃潰瘍の場合は背部痛や腰痛もありますが急激なものではなく、慢性的な痛みになるのが特徴です。

慢性的なものとしては食欲が無い、体重減少もあります。
飲酒やストレスでの胃潰瘍の可能性もあります=これらの場合は消化器内科胃カメラで簡単に診断が可能です

背部痛と腰痛を伴う代表的な病気

半端ではない、急激な背部痛が起きた場合とか
または腰痛を同時に伴う病気には、代表的なもので

尿管結石
急性腎盂腎炎、
遊走腎、
水尿管症
急性胃炎による穿孔で起きることもあります

血尿や頻尿残尿感があってなおかつ「発熱」があるようでしたら急性腎盂腎炎、または腎炎の疑いがあります

また、同時に急性のストレス性胃炎も考えられます
急性のストレス性胃炎の場合は、穿孔の可能性もあるので、病院での検査が救急で必要です

腐敗している食事や菌感染している食べものでも急性胃炎が起きます
=この場合も『背部痛』腰痛が起きます=誰もお金を出して、腐っているものを食べる人は居ませんが、最近は保存料などの科学物質の発達があって、腐敗しているかの判断が難しくなっています


同時に下腹部の痛みがあったり
もし、血尿か、尿の色が変わる、などの症状がある場合には
尿管結石、腎結石や水尿管症なども可能性があります。

女性の場合=腎盂腎炎は「冷える職場」で働いている人に起きやすいですが
さらに、おしっこを我慢していると、膀胱にたまった尿が尿管を逆流してなりやすくなります。


もし、病院で病気の診断が無い 背部痛の場合は「カイロプラクティック」による施術で 痛みは軽減、または、回復が速やかに起きますので、当院へお越しください

背部痛は得意先分野です



●日本カイロプラクティックセンター厚木
046-229-3770 火、水,金、土=12:00~21:00まで営業です


徒歩の場合は小田急線「本厚木下車」東口徒歩2分です 
車の場合は、東名=厚木出口、を出て 本厚木駅東口前です
●周りにたくさんのコインパークがありますので、そちらをご利用ください。