五十肩ブーム?

最近、どういう訳が、「五十肩」で来院する方が増えています

五十肩について
整形外科の分類
五十肩は
肩関節周囲炎
石灰性沈着炎
上腕二頭筋長頭腱炎
腱板炎
肩峰下滑液胞炎
凍結肩
等に分類されます


去年の12月から、だんだん増え始めて、治った方も入れると、この3月までで、20人以上の人が「肩」の痛みで来院されています

「整体日誌」で詳しく説明している通りに
「五十肩」
或いは
「腕の挙上不全」
による、「肩の痛み」
は、色々な原因から発症するのですが

「症状」は皆さん、同じような「肩の痛み」あるいは「腕を挙げると痛い」
重症になると
夜寝ているのも痛くなり、「痛み」の為に「不眠」になる=「夜間痛」にまでなる人が多くいます。

少し肩が痛いなー
から
だんだんと肩の痛みが顕著になり

はっきりと「肩が痛い」と自覚するようになるのですが

ついつい、少し休めば・・・
そのうち良くなるだろう・・・

というのが「ひとの常」です

ところが、そのうちに良くなるだろう…どころでは無く、日に日に「痛み」ははっきりと自覚するようになります

やがて、「腕も挙げるのも痛い」という風に症状は進行する形をはっきりと、とりはじめ、
完全に「腕を挙げると痛い」という段階から=

「腕が痛くて挙がらない」

「じっとしていても痛い!」そして
「夜間痛!」
にまで症状は進行していきます

症状が軽いうちは「鍼灸」や「整体」でも症状は軽減することが出来ますが、鍼灸やマッサージレベルの整体では治療の要素を含む神経解剖学的な難しい施療は出来なくなってしまいます。


こうなると「肩の障害」に詳しい相当な専門治療院か「肩の構造と障害」に詳しい「専門のカイロプラクティック」以外に
「肩の痛み」を改善するところは無くなってしまいます。

ですから「当院」に来られる方は、すでに相当な「手遅れ」になって「夜間痛」や「凍結肩」になってしまってから来られる方が、殆んどです。

皆さん、「ちょっと肩が痛いから見てくれるかなー?」というレベルでは有りません、
もう、整形外科、整体、マッサージ行き尽して、それでも、日増しに「痛み」はどんどんひどくなって、「くちこみ」やネットで「日本カイロ」に来院されます。

「肩の痛み」とは、肩が痛くなってから
「2〜3週間以内」ならば一回で完全に「痛み」は除去出来ます

しかし

痛くなってから、数か月も経つと、「肩の構造変化」が進行して、肩関節や腱板障害の混合した症状になり、そこに「痛みによる防衛姿勢」が、肩の周り中の筋肉を硬縮させて「虚血性疾患」=(筋肉が固くなりすぎて血行不良が起きて筋肉に血液が回らなくなり、血液循環不良の硬結した筋肉になること)を起こして筋肉は付かい物にならないほど劣化してしまいます

こうなると、それなりに改善には、回数が必要になってしまいます(だいたい5〜6回)

過去の整体日誌に書いてあるように「肩」の障害は「二次障害」なので、「本当の原因」を神経、解剖学的、構造医学的検査によって、「検出」しなければなりません

「真の原因」さえ見つかれば、あとは簡単に「肩の修理」が出来ます

当院はマッサージ屋では有りません

「日本カイロプラクティクセンター厚木」は神経学、構造医学を中心とした「人間の修理」を専門にしています

薬も、マッサージも効果が無いのは、皆さんの方が良くご存知です

アナタの身体の故障の原因を見つけます

◎「身体の修理受け承ります」◎

12時から21時まで(20時まで予約可)
日木休診
046−223−3770
変わった五十肩の症状を紹介します
題して 「スネに傷を持つ女?」

症状は 「右の肩が痛い」 と言うごく一般的な「五十肩」 です。  (当然、五十代の女性です (笑)気にしないで下さい、ただの「親父ギャグです」 すみません、年頃なので…

「問診では、心当たりは、無い…自然にいつの間にかあがらなくなった。」

と言う事ですが、腕を挙上して貰うと可動域は約20度から30度くらいです、ぼほ フローズンショルダー〈凍結肩〉の状態です。

前腕、上腕、肩の周辺の筋の過緊張、全ての筋肉の拘縮、肩板も動かない、胸椎のしなりも無い、上腕二頭筋と大胸筋の過緊張で前肩になり、夜間痛がひどいので、整形外科へ行ったところ、干渉波を肩の周辺に掛けられて治療されたが、それが体質に合わなかったらしく、それのでは痛くてもいくらかは挙がっていたのに、逆にひどく筋肉が固まってしまい、それから、夜間痛が始まり、まったく腕が挙がらなくなり、痛みもさらにひどくなった。と言うお話でした。

初診時にあまりにも肩廻りの筋肉が、ところあまさず固まっていたので、関連域の頸椎と胸椎の矯正をしたのですが、改善は約50%。=硬くなった筋肉は多少緩むのですが、挙上状態の変化が少ない…?

肩板も完全に可動域は改善しているのに変化があまりにも少ない???…
二診目に残った過緊張の筋肉をほぐして、さらに20%程度の改善?…

ん、…

おかしいな?、普通ならばかなりひどくても、二診目には、90%の挙上率になるんだが…?

そこで三診目、さらに、詳しく蝕診をしていったところ。
上部胸椎の可動性は、まったく無し!。
そこで上部胸椎を施療して左右前後への可動性を改善してしならせる。

肩板もしっかり動く、しかし、まだ挙上は120度のまま。

腕が180度の挙上が出来る条件は、全て揃っているのに、挙がらない、まだ何処かが引っ張っている、、、それもとんでもないところが引っ張っている感覚がする。

もう一度全身の触診のやり直しです。

ん....。

右の胸鎖関節がさがっている。
(つまり鎖骨が下がっているのです=これは)当然右側胸郭の肋骨全体が下がっている事を意味します)

やはり、肋骨の下縁が右側が下がっている、左との差は、約3センチ。
つまり胸郭そのものが右側全体に下がっているのです。
これだけ、胸郭全体を引き下げてしまうのは、いったい何処だろう?

(=術後の癒着によって、良くこういう現象が起きます、大和経絡医学はこういった軟部組織の癒着や、内臓と腹膜の癒着、拘縮した靭帯組織の解除保する、非常に特殊な技法があります)

「何か、手術した経験は?」
と聞いても、「何もありません」 という返事、視診でも傷は有りません=皮線に沿って手術痕を上手に縫合すると、殆ど傷跡が残らない場合がありますが、それでも注意深く観察すると、僅かな皮膚の色の違いなどで判明します。

あった!

右足のスネに傷跡を発見!。
脛骨が1ミリほどえぐれている。これだけの傷が有れば、胸郭の異常も納得できます。

「これはどうしたのですか?と質問」

「駅の階段を膝から転んでスネを削りながら落ちたのです」

「うわ〜っ、痛そう」

「ええ、ホントに痛くて、大人なのに泣いてしまったんです」=(ン~笑える…)

駅で転んでワンワン泣く大人の女、なんと可愛いんでしょう
(=いやいや、冗談です。でも笑っちゃいました、ごめんなさい…)

冗談はともかく、骨膜が、完全に抉り取られているので、いまだに痛みは無いけれども違和感があるといいます。

(俗に骨に神経は無いから、骨折しても骨には痛みが無いなどと、良く馬鹿医者が言いますが、これは大きな間違いです。
骨には、ハバース管とホォルクマン管という骨への血液の供給血管が網の目のように、通っています、血管には、交感神経や、副交感神経、求心性神経が巻きつき、血管の損傷に対して、大脳の感覚野へ伝えます。
おまけに、骨の周りには、骨膜が有り、これも神経分布が豊富にあります。
そして骨折には、非常に大きな軟部組織の損傷が必ず起きます、傷の痛みに対しては、  「体性_=_体制反射)がおきます。 これは、傷の部分を守るために、頸椎反射、胸椎反射、腰髄反射、自律神経反射、等が おきて、あらゆる「皮膚、靭帯、内臓、筋肉、靭帯、軟部組織」に 「防衛反射」を引き起こします。  反射が内臓に起きる場合は 体性=内臓反射と言います。
内臓などに損傷、又は、アッペなどては、内臓が原因で起きる  内臓=体性反射 と言います〈ディファンスが有名〉
ですから骨折した事の無い人には、分からないでしょうが、実際に骨折をすると、かなりの痛みが有ります。
〈ちなみに私は、事故と、武道で、合計三回の骨折経験があります。(ホントに痛いですよ!)

さて、話を戻しますが、スネをこれだけ削りとられると、骨膜がひどい損傷を受けて、軟部組織は、骨膜から、皮膚、筋肉、筋膜、臓側腹膜へ伝えられて、「傷跡のひきつり」が腹部と胸郭全体に発生します。

これで肋骨が下がり鎖骨が下がっている理由がわかりました。
これだけ胸郭が下がっていれば、<上腕肩甲リズム>が完全に崩れて、腕の挙上に障害が出るのは当たり前です。

治療は、「骨膜」への、大和整体独自の気孔による、「圧」の伝達で、無意識下に残った、防衛反射を解除してやります。
やはりこれだけで、「下がった「胸郭」は、上昇して、両側の骨格は正常に戻りました

右腕の挙上障害の原因は、なんと ! 『スネの傷』 だったのです。  (これで題名の理由が分かったでしょう?)

骨膜の傷による過緊張の原因の「膜の連動」を取り除いてやると、腕は胸郭と共にすんなりと、挙がりました。



上腕骨の上方変移は、原因は色々ですが僧帽筋、=第二頚神経支配、三角筋や棘上筋の過緊張や筋組織の損傷によって発生します。=C5腋窩神経と肩甲上神経=C5支配ですから第五頸椎と第二頸椎の矯正によって「肩を引き上げていた僧帽筋や三角筋を支配する「腋窩神経」「肩甲上神経」の圧迫が解放されて、上方へ引き上げられていた上腕骨はフリーとなり、
その結果、肩甲骨の上腕関節窩と上腕骨頭の「間隙位置」は正常に戻ります。
逆に説明すると、第五頚神経、第二頚神経にサブラクセイションが発生すると、その神経の支配する筋肉群は、支配神経の正常な運動神経からの信号を受け取れなくなるために、筋肉の自律収縮が始まり、拘縮していきます。こういったプロセスを経て、関節間隙の狭小化が起きて、「腕」を挙上すると、肩甲骨肩峰の関節窩にある上腕関節頭に上腕骨頭が衝突して「痛み」を発生するようになります。その「痛みがさらに「引き金」となって、肩廻りの筋肉群が関連拘縮を起こしていき、肩板障害も発生していきます。またその他にも原因はあります。

<肩甲、上腕リズム>に関しては、『カリエの肩の痛み、頸と肩の痛みシリーズ』 をご覧になってください

詳しく書くと一冊の医学書と同じページ数になりますので…割愛させていただきます
同業の方には、お勧めの一冊です、他に、プライマリケア整形外科。図解整形外科、整形外科手術へのアプローチ、などもお勧めです。
腕と、肩との相関関係が理解できます。

〈最も、こういった、「軟部組織の連動性」の問題に関する本はありません、
あえて言えば、ディじゃネットの伝説に関する本を熟読すればヒントくらいは掴めるかも知れません。深く理解が出来るほど頭がよければ…という条件つきですが)

例えば前腕の伸筋が固まっていても上腕の挙上障害が発生します。
この理論は、大和式整体独自のものです、詳しく知りたい方は、本厚木にある、大和式整体研究会の「大和式整体神奈川支部」の第四木曜日に行っている「勉強会」に参加をお勧めします。  大和式整体神奈川支部、TEL046−229−3770
小さいカイロプラクティック治療院なので、参加はあと二人のみです。
先日、
50代くらいの肩が痛いという女性の患者が来ました。
五十肩とは、腕の挙上障害を指して言う、一般用語ですが、肩板障害とか、肩関節炎とかの、正式な症状の名称がたくさん有ります。
で、早速この方の、問診と触診をすると、約、三ヶ月前くらいから、腕を上げると、肩が痛くなってきたというのです。
原因は、特に本人は記憶がないと言います。
まあ、体外は、腕の使い過ぎから、三角筋炎か、棘上筋炎がきっかけで、肩板周辺の筋肉群から前腕や上腕の筋群まで固まってしまうのが、一般的な症状なのですが…

この方は、特に肩板炎の症状も無く、肩関節にもこれといった筋肉の硬結や疲労がありません、
ん…?

まさか?…
と思って、胸椎(背骨の事です)を蝕診してみると、やはり、腕の中心となる部分の
肩甲骨の間の胸椎(背骨のことです)の中心部分が後方変移を起こして、肩甲骨の可動制限を起こしていました。
実に珍しい、タイプの五十肩です。

肩が痛み出してから、整形外科、柔道整復院、マッサージなど、色々と行ったそうですが、まったく改善が見られなかったそうです。

そこで、「アンテリアトラシックリュージョン」というテクニックで、胸椎を矯正してから、座ってもらい、

「腕を挙げてみてください」

と言って。 腕を挙げてもらうと。、

 「痛く有りません」

と言います、
此処までは良かったのですが…

 「三ヶ月もいろいろと治療院や病院へ行って治療をしてきたのに、なんでこんなに簡単に治るんですか!!!っ」

と言って、怒るのです。

何しろ。三ヶ月の肩の痛みが、問診と触診と矯正で、5分で終ってしまったのですから
、本人にしてみれば、きっと信じられなかったんでしょうね…

と言う訳で、症状とは、正確な触診と問診が、痛みの原因を突き止める大切な要素なのです。

後は正確にズレている椎骨を正確に矯正すれば、神経系や可動性が改良されて劇的な改善を見せるのが、
「カイロプラクティック」が神経系の芸術と言われる由縁です。
が…。

あまりにも早く治りすぎて、

「怒られてしまいました…」

教訓、…?

少しは廻りをいじって、大変ですね〜くらいは、言って上げないと、いかに瞬間的な素晴らしい治療をしても、付加価値が無いので、
本人が痛みが治っても納得しないんですね〜。

やれやれ…
このように、多岐にわたる腕と肩の問題は
大きく分けて、「神経系の障害」と「機能的障害」の二つに大別されますか゜、二つの障害の合併症も多いのが現実です
そのために、神経学的検査と同時に各関節の機能検査を行って頸椎神経の障害の除去と同時に機能的障害を解除していくという方法が、実際の治療で行います
しかし、前回も述べたように「痛み」や「症状]とは必ずその原因が奥深くに隠れています
治療の上で最も肝要なのは、この、「原因」を見つけることに尽きます
どうしてそうなったかを理解せずに、「痛む」部分や「障害部位」に直接施療するのは「整形外科的」な短絡思考で症状の改善は望めません、簡単な症例では、腕の挙上は出きるが、挙げると痛い=というタイプですが、これは簡単な三角筋炎、または三角筋を支配しているC5=腋窩神経の圧迫障害というのがあります
また、同じ症状でもC2頚神経支配の上部僧帽筋の硬結が挙上の最終段階で肩関節上部で挙上の障害になるというタイプもあります
或いは、肩痛の初期である場合、三角筋の起始する肩関節部分(肩隅というツボ)に疲労性の筋肉の硬結が発生して、腕の挙上の最終段階で肩に痛みを発生するというもので、このタイプがもっもと初期のために治療も簡単で10分もあれば痛みは直ちに消失します
肩の問題は、このように初期では、単なる三角筋の疲労性の硬結から始まるのが多いのですが、肩の部分に発生する痛みは、周りの肩を支える筋肉群を痛みからの「逃避反射」で関係の無い部分まで「肩をすくめる」動作のために肩甲骨(肩板)を取り巻く周囲の筋肉群の全てを巻き込んで゜「固まり始め」ます=こうなると肩どころか、橈骨神経の支配域である「橈骨沿いの=親指に沿う腕のライン」に神経性の「放散痛」を発症し始めます
こうなると「夜寝ている間も痛い」という症状に発展していきます
やがて肩板周りの筋肉群の緊張性硬結の影響は関係の無い脊椎にまで及び、痛みのある片側の筋肉群にまで緊張性の硬結が及び、やがて、肩関節の隙間が狭くなり、ますます腕の挙上は痛みを伴うようになります、この程度まで症状が進行すると、痛みによって引き起こされる緊張性の筋肉の硬結のため、肩甲骨の可動性は失われて(腕の挙上には90度までが三角筋→120度までが→上部僧帽筋→120度以上に腕を挙げるためにさらに菱形筋の開放と僧帽筋と肩甲骨の連動動作が必要になります)こうなると腕は完全に挙上障害の状態になります
夜、就眠すると、緊張によって肩を緊張させていた大胸筋が弛緩して肩が布団に向って下がり始めるために、鎖骨も一緒に下がり、斜角筋が伸展されるので(斜角筋の下には腕神経叢と腕靜動脈、リンパ管などが通っています)いわゆる斜角筋障害が起きて腕、指の痺れや麻痺などが起きてきます、最終形態は、頸椎ヘルニアです
首や肩の痛みや凝りは放って居るとこのような重症煮まで発展してしまいます、肩こりや腕の痛みが自覚できる内に「腕の良い治療家」の居るところで治療をする事が肝心です

「日本カイロプラクティックセンター厚木」
64歳の男性です
「左腕が挙がらない、あげると痛い、夜も寝ていると痛くて何度も目が覚めてしまう」

という愁訴で来院しました
一般的には、五十肩と呼ばれる「肩関節炎」または「肩板炎」と整形外科で診断されるタイプの症状です、 この症状の原因は実に多岐に渡り、発症のきっかけはその患者の生活や仕事、食事、等と色々です

上腕骨の挙上障害は、発症の原因を突き止めないと、中々改善しません、

 この男性の場合は、左側の全身が骨盤から首肩に至るまですべて固まっていました、筋の過緊張を探っていくと、左の奥歯の顎関節が中心に固まっていました

本人に問診してみると、肩が痛くなったのと、左奥歯が痛み出したのと、殆ど同時期である事が確認しました、

歯の治療の具合を聞くと、親子三代に渡る近所の歯医者とそのほかに三件歯医者を回ったが、歯と肩の痛みは関係ないと言われたそうです

四件目の歯医者で経験のある歯医者だけが「もしかしたら関係があるかも知れないからと、カイロプラクティックを薦められたそうですどこの医者も、まともな医者は少ないものですが、医者になってからも勉強をする、本当に患者の心配をするまじめな医者も居ます

この歯医者も人間の体の構造医学と神経学の知識が有ったらしく、三叉神経と頸神経の関係から、歯の痛みが、肩こりや、腕の挙上障害の原因に関係することくらいは、神経学をまじめに勉強すれば、この道の者であれば常識です、


皆さんも、歯が痛くなると肩がこったりするのは経験があると思います、

この患者も歯の痛みが原因で最初は左首と肩の凝りだけだったのが体の左側の筋肉がすべて凝って、左の骨盤が固まってしまい、
(腕の挙上には骨盤の回転が連動機能として絶対条件なのです)

そして、左側の骨盤が固まって回転しなくなってしまう原因は、左奥歯が原因で消化不良に拠るS字結腸の炎症による「内臓体性反射」によって左の腹部を中心に骨格筋が「保護反射」によって固まってしまう結果、

左骨盤の回転機能不良が発生して、これが左腹筋群、左胸郭の上昇機能を障害し、腕を挙上させる三角筋と上部僧帽筋の負担となって、三角筋炎が発症し、さらに長い期間を経て、挙上障害となってしまったのですしたがって治療の方法は゜原因の除去」が原則ですから、知り合いのうまい歯医者を紹介して三つに割れてしまった奥歯を抜歯することにより、左肩の痛みは、80% 消失するという結果になったのです

人間の身体とは、手も足も内臓も頭も全てで「人間」という ひとつの生命体」を生化学反応によって生命を営んでいます

ですから、歯と、肩は当然「連動」しています

しかも「歯」とは消化器の一部ですから内蔵の全てに影響を起こします

内臓は生命を存続させるためのエネルギーの転換機=コンバーターなのです

内科は歯科の知識無く、整形外科は内科の知識無く、脳外科は整形外科の知識無く、それぞれが喧嘩して譲り合いとお互いの知識情報を譲り合いをしません、これがアメリカより20年も日本の遅れた医学の姿なのです

カイロプラクティックは、これらの全ての総合医学なのです


痛みや、各種の症状とは何らかの原因がもたらす「結果」なのです、
 
ですから当然、その症状を発症させる「原因」が、痛みを出す部分と違うところに有るという事を発見して「痛み」出すという「原因」を除去すると、痛みを出す症状は自己治癒力の発動によって「消失」していくのです

「日本カイロプラクティックセンター厚木」