肋骨の痛みです

ある日
急に何もしていないのに
いたくなったそうです

整形外科ではX線を取って、
異常なし、といわれて
痛み止めの「ロキソニン」をくれて終わりだそうです


ロキソニンを飲んで、「胃」が痛くなったそうです

本人は痛くて、寝返りもできず、普段の息をするにも痛いのです

精密検査歩すると
第七肋骨が 1mmほど下へズレて
なおかつ
0,5mmほど「肋椎関節」が右へずれていました

治療は簡単です

「ずれた肋骨」と 「ずれた肋椎関節」
を正常な位置に アクティベーターで
「パチン」と戻してやればいいだけです

整形外科では肋骨などが0,5mmほどの「ズレ」などは全く視診ができないのです


深呼吸をして、さらに、体をねじってもらい
痛みが完全になくなったのを確認してもらいました

」   恐ろしい「薬の副作用」


草むしりの季節です
85才男性が来ました
この人は、一年に一回くらい「腰痛」で来院します

今回は
草むしりで、右の背中を痛めたというのです

この男性は、山登りか゛好きで、とても足が丈夫な方です
草むしりくらいで、背中を痛めるような人ではありません

お話しを聞くと
最近ねふくらはぎが張って、自分でもんでも取れないですよ・・・
それと、股関節が全く開かなくなってしまったんです
それも
つい、最近になってです
そんな調子で庭の草を思いっきり、引っ張ったら
グキッ
ときました!

お話しの様子だと
完全に
「横紋筋溶解症」
です

何か最近
薬を使っていないですが?

いや〜特に使っていないけど・・

しばらく考えてから

あっ

血圧の薬を最近、張るやつを使いだしました

それは何か根自分的に頭痛がするとか、
めまいがするとかがあって。使いだしたのですか?

イヤー特に何もないんだけど
健康診断に行ったら、尿酸値が高いとか、血圧が高いとか言われたので、医師の指示で
飲みだしたのです

体的には、なんの異常もなかったんですね?

そうなんです
医者に言われたのが、気になって、医者の言うとおりに使ったのです


皆さん
ここまで書けば、もう、薬の副作用で起きるかの有名な「横紋筋溶解症」、と気付く人も多いでしょう
一周間,薬をやめて、来週また来るようにいました

さて
一周間後
筋肉痛もなくなり股関節も、元通りに開くようになり、一切、症状は完全になくなりました。




「以下は難しいお話しです」
横紋筋融解症は、事故や負傷などの外傷的要因や、重度の熱中症、脱水、薬剤投与などの非外傷的要因によって発生する。
• 外傷
• 壊死性
• 脱水
熱中症等
• 代謝障害
低カリウム血症(甲状腺機能亢進症等)、低リン血症、糖尿病性ケトアシドーシス等[1]
• 併発性
悪性症候群、悪性高熱症

• 薬剤性=薬の副作用=特にコレステロール阻害剤のスタチン系が有名

横紋筋融解症を引き起こす原因の重要な要素として、薬剤性がある。主なものとして脂質異常症治療薬のスタチン系薬剤
・フィブラート系薬剤、
抗菌薬のニューキノロン系薬剤
・キサンチン系薬剤・
抗精神病薬[2]・漢方薬などがある。

その他に、一部のアオブダイに含まれるパリトキシンや、ニセクロハツの毒成分2-シクロプロペンカルボン酸などの自然界に存在する毒成分の中にも横紋筋溶解症を引き起こすものがあることが分かっている。

,怖い認知症治療剤
メマンチンの重大な副作用に横紋筋融解症が頻度不明で起こる[3]。
降圧薬として広く使われている
アジルサルタン,
アムロジピンベシル酸塩を含む製剤で、横紋筋融解症や劇症肝炎の発症が確認されている。

介護の人が言っていました。医者の薬をの飲ませた途端に、ぼけてひどい認知症の症状が出るそうです=だから介護の現場では、飲ませたふりだけして薬は絶対に飲ませないそうです=介護の現場の人から聞いた話です=ないしよです


横紋筋融解症が発生した場合、
骨格筋が壊死を起こし筋細胞中の成分が血液中に浸出し、筋肉が傷害されて筋肉痛や脱力感等の症状があらわれ、次第に疼痛や麻痺・筋力減退・赤褐色尿などの症状が発現する。

重症の場合は、多量のミオグロビンにより腎臓の尿細管細胞が傷害され、急性腎不全症状(乏尿、浮腫、呼吸困難、高K血症、アシドーシス等)を伴い、急性腎不全で死亡の可能性もある

検査 CKの上昇
血液生化学検査においては血中ミオグロビンが上昇し、クレアチンキナーゼ (CKあるいはCPK) などの筋原酵素も著しく上昇する。CKの上昇は運動後の筋肉痛時と共通しているため、診断時にはCKの他にミオグロビン値や筋組織の所見も指標としている。尿潜血陽性であり、尿沈渣で赤血球が認められない場合はミオグロビン尿である可能性が高い。典型的にはコーラの色となる。ミオグロビン尿の診断をした場合は生理食塩水の大量輸液を検討する。

ウイキペディアより




横紋筋融解症の症状はどのように進んでいくのか?
心臓の心筋は横紋筋であり、
骨格筋と呼ばれる体を動かすための筋肉は横紋筋に属しています。
横紋筋融解症とは、この横紋筋がなんらかの原因によって壊れてしまうことで、心臓をはじめ、腎臓をはじめさまざまな臓器に影響が出てしまう病気のことです。
横紋筋融解症を発症すると、筋肉痛や筋力低下、脱力や麻痺などが現れ、赤褐色の尿が出るようになります。これらは横紋筋が壊れることで起こる症状であり、横紋筋の損傷度合によって症状の出方は全く違ってきます。

管理人の私は−心臓に来ました。

前腕のコンバートメントシンドローム
昨日、電話が来たのですが緊急処置のみ伝えました

今日はその方が来院しました
やはり
前腕の使い過ぎからの急性コンパートメント症候群でした
皮膚は日に焼けたように赤くなり、パンパンに前腕が腫れ上がっていました

コンパートメント症候群とは、病理学では 「筋間中隔欠損症」とも言います
一般的にはふくらはぎなどに多発するのですが
この方は、腕の力を 無理して使う仕事の方で その仕事の無理がたたって、前腕に発症に至ったようです

筋間中隔=コンバートメントに問題が生じた場合は、最悪=死ぬ危険があります
症状はだいぶ収まってきているようですが
まだ、「心臓」への反射が強く出ているので、やはり触るのは危険極まりません
TLテストで心臓への影響を本人と、連れの人にも確認してもらいました

今日は背中と頚椎のみ施療して帰ってよく休むようにアドバイスしました。


「病理学講座」
そもそもコンパートメント症候群とは…
コンパートメント症候群は別名で筋間中隔欠損症とも言われています。
簡単に説明すると何らかの原因によりふくらはぎ内にある「筋間中隔」という部分の圧力が高まり、痛み・痺れ・循環障害などを引き起こすことを言います。

簡単に言うとふくらはぎがパンパンに張っている状態だとよく例えられますが、静脈の損傷を伴う場合は腫脹、発熱,発赤を伴う場合をいいます。

ふくらはぎはこのように多くの筋肉が密集しており、太ももやお腹のようにあまり脂肪はついていません。
そのため余分なスペースがなく、ほんのささいな原因でもこのコンパートメント症候群を起こす可能性があります。

急性コンパートメント症候群はマラソンや登山など、過度の疲労や外傷による骨折や筋肉損傷などにより、急速にふくらはぎ内の圧力が高まり、痛み・痺れ・循環障害などを引き起こすことを言います。
また最悪の場合、細胞が壊死し切断に至るケースもあり、ひどい場合は心臓に負担がかかり死に至ります。

慢性の場合
急になったわけではないけど、ここ最近ずーっとふくらはぎが重だるい感じの方です。

1 循環の悪さ

2 筋肉の持続した緊張
⇒ これも循環不良と相まってふくらはぎの重だるさを感じます…

3 神経の圧迫
コンパートメント症候群はふくらはぎの圧力により、血管はもとより神経も圧迫します。

4頚椎の3番から上のサブラクセイション(ズレ) によってもコンパートメント症候群が発生します。

テレビでよく見るコンパートメント症候群に対するになります外科の緊急治療法!
治療法 「筋膜切開」

筋膜切開は過度に高まったふくらはぎの圧力を逃がすために筋肉を覆う筋膜を切開する方法ですが放置すると「心臓」に負担がかかり命にかかわります。
このように明らかに緊急を要する場合以外には取らない方法です。

治療法5 内服・投薬
一般的に「筋間中隔欠損症」と判断される場合は「抗生物質」の投与、とされています
06/27 胆嚢が原因の腰痛
胆嚢の機能不全(L−4のサブラクセイション)

右腰の腰痛です

作業は右手ばかりを使う仕事です
この患者はTL検査で「胆嚢」に反射があります

●生理学
「胆嚢」は胆汁を貯留するただの袋で、肝臓で作られた「胆汁」を6〜9倍に濃縮して、食物の「油分」を分解するときに「十二指腸」のファーター乳頭から膵臓から分泌される膵液と、ともに分泌されて、小腸内部で食べた油を、「カイロミクロン」という分子に変化させます。

「カイロミクロン」になった「油」は「リンパ管」で体中に輸送されます。そして
一部はエネルギーに利用され
一部は指や関節の保護組織になり、その他は体脂肪として貯蓄されます。

「胆嚢」は肝臓の下のくぼみに繊維製の組織によって付属器官としてついて居ます

そして「胆嚢」のリンパ反射点は「盲腸」です

「胆嚢」に反射があるということは、「植物油」の消化不良があることになります
「植物油」の消化不良は「肝臓」の機能に問題があります、
そして、「盲腸」も右側にあります

胆嚢の機能が弱い方は10人中、4〜5人くらい存在します
「胆嚢」の機能が弱い方は、概して「油もの」を非常に好みます

油もの=つまり、揚げ物類=てんぷらや、フライものなどの「揚げ物」を非常に好みます

「胆嚢」が弱く油ものの消化不良が起きるのにも関わらず、油ものをよく食べます
すると「てんぷらや「フライもの」などの「油もの」の消化不良が発生します

この「未消化物」は小腸 から   上行結腸 そして   下降結腸などの 大腸を一巡りして、下降結腸からS字結腸に入り、炎症を起こします

S時結腸は左側の「腸骨」の内側にあります
S字結腸の炎症は大腸の拘縮を発生します=つまり「S時結腸」は内蔵神経系を通じて、運動神経系に絵協を起こして「ひだリ腸骨」のフィクセーション(可動性低下)を起こすので、体重は「右加重」になります


左足が使えない=右足を使う・・・・・これは  当たり前のメカニズムです
従って、右足側は疲労して「痛み」を出すようになります

ですから

症状は「右側」の「痛み」となって現れます


体の右側の痛みの、原因は左の消化器に原因があるのです
ですから
治療は「痛い右側」ではなく
「胆嚢」と左側の消化器に行います
すると、右側には何も施療をしないでも、右側の痛みは消失します
なぜなら
胆嚢の機能不全=こそが「原因」で左側の消化器の炎症を起こす
からなのです。


日本カイロプラクティックセンター厚木
16歳の患者です
症状は「足関節」の捻挫です
20180807-p8030003__2_.jpg


原因は「小麦アレルギー」です

立位で肩幅に立ってもらい、左肩を右方向へ叩きます
すると
「立ち直り反射」という生理学的反射機構が働いて、右足の小指に力が入り、倒れるのを防ぎます=これは正常な「反射動作」です

今度は
右肩を、左方向に他叩きます
、すると、簡単に左方向にバランスを崩してしまうのです
理由は簡単
左の骨盤の機能障害があり、左脚の小指に力が入らないために、ちょっとした力でも、バランスを崩してしまうのです

これが 左脚を捻挫してしまう理由なのです

捻挫をすると、少なからず『足根骨」のサブラクセイション(ずれ)(が発生します
一番多いのが「立方骨」の外方脱臼、
場合によっては「舟状骨」が押し出されて、ズレる場合もあります

足根の中心にある「距骨」は必ず「ズレ」ます

これらは「軽いねんざ」の場合です

」重症の場合は「骨折」「または靭帯の裂傷」を伴います。

20180807-p8030016.jpg

写真左側=Stag 2 これは捻挫の後に復位していますが距骨遠位の捻挫内踝の剥離骨折です
Stag 1 の捻挫=距骨が=内半捻挫のために『内転変異」してしまっているので、捻挫復位後に腓骨外果にあたる部位の完全離脱骨折です


写真右側=これはかなりひどい捻挫ですが、このタイプは=は=捻挫している足根骨はほとんど整復位置に戻っていのるので
、痛いのですが歩けてしまうのです、しかし実はかなりの靭帯損傷と骨折をしています=このような場合は、痛いが大したことはないと、だいたいの人が歩いて帰り、一晩放置して、翌朝ひどく腫れ上がっているのを見て驚きます。
脛腓靭帯断裂、腓骨分離骨折、距骨外方変異=「距骨」は足の真ん中にあって、すべての体重の支持をします
その「距骨」が、これだけ「ねじれて」いると、体幹の軸が狂ってしまうので.身体をうまく足に乗せられなくなってしまいます

「捻挫」とはこのように見えない部分で。深い損傷を受けているものなので、必ず、「整形外科」の受診が必要です
本人は気付かないのですが、いつの間にか「びっこ」になって歩くようになります

こういう人は、「後ろ」から見ると「踵」が歪んでいるのがはっきりと分かります

当然、骨盤の動きも左右対称ではありません=つまり捻じれながら歩いているのです。

そして
年数が経つうちに、体のあちこちに訳の分からない「痛み」や「不快感」が発生してくるのです

ひどい場合は
筋ジストロフィーや
脳性麻痺
アーノルド来あり症候群
小脳変性症
などの診断を受けるようになります

数は少ないですが、このよっつの症状は直した経験があります。

原因は、いずれも、食物アレルギーによる原因と
足首の軸の狂い
体幹軸の狂いなどが原因でした。

二名は「先天性」のものでしたが80%くらいまで改善しました。



こういった

体幹軸の「ズレ」による原因で発症する症状は整形外科では全く理解ができないのです

従って、とんでもない「診断」を受けてしまうようになります


生まれつき、持っているような場合以外は
たいがい改善が可能なのです

「生一システム動画」


PCに打ち込んでみてください
こういった難病を直す先生がいるのです。