踵が原因の腰痛の患者です

三年で゙4回目
今回で5回目の治療になります

前回はすべて腰椎、骨盤、内蔵、食物アレルギーの治療をして、います。
なので
今回は、腰痛の治療はしませんでした、
何故なら、過去に腰痛の治療をしても、一年ちょっとで、痛みが再び
始まるからです、腰痛の治療としてはすでにやるところはやって、あえて治療する箇所はもうありません。

つまり、何度腰痛の治療をしても、「腰痛」は再燃することが分かったからです。
これは、ただの腰痛ではありません,

つまり、

「腰痛の原因」

は、まったく違うところにあることが分かったからです。

今回は、身体の「軸の狂い」を中心に視診と動診を中心に見てみました。

左右の脚の角度、
足首の可動性の違い、
股関節の機能
足の一本、一本の関節と可動性と圧痛の点検
爪の状態のチェック=巻き爪が原因でもかなり酷い腰痛やひざ痛になります=これは頭の良い、整形外科医でも知っているものなのです、何人か、そういう外科医を知っています=もちろん、そこまで知恵の回らない整形外科医の方が、多く居るのは皆さん良くご存じだと思います。
足指の関節の可動域と変形
DIP関節、
PIP関節
MP関節、
リスフラン関節
ショパール関節
踵骨
距骨
踵距関節
これらのすべてのチェックをしました

すると   有りました!

この人の症状は、全て右側の腰痛となって現れています・・・・

普通、最も多いのは、「左側』が「原因」で右加重になり、疲労性の右腰痛になるパターンがあります
この場合は,「原因」である 「左側」に対して、治療をします
左の病原が消失すると、両足に加重ができるようになり、「腰痛」は消失します

また
この反対で、
右側が原因で、左腰痛になるパターンもあります。



検査の結果、この人の場合は、右の踵骨の動きが全く失われています。
方法は=足をしっかりと把持して、踵骨のみを、左右に動かして、「可動域」を確認します

踵は、「距骨」と「踵骨」とで組み合わさって、単純に「踵」という一個の骨として機能しています。

その「踵の骨」  「踵骨」が、まったく動きません!

触診の結果
〇立方骨
〇舟状骨
〇第一楔状骨
〇第五中足骨
〇第一基節骨
等の可動性が失われているという、異常が原因で、

これらの関節の代償による「腰痛」でした

足の治療だけで、

全ての骨盤と仙骨、腰椎は動き出して、完全に「腰痛」は消失しました
「原因のみ」を治療して、症状が完全消失した、典型的な、腰痛治療でした。
◎足首関節の不良の原因は「7年前」の捻挫です。


●日本カイロプラクティックセンター厚木
046-229-3770 火、水,金、土 営業=12:00~20:00ラストオーダー21:00まで営業です

徒歩の場合は小田急線「本厚木下車」東口徒歩2分です 
車の場合は、東名=厚木出口、を出て 本厚木駅東口前です
●周りにたくさんのコインパークがありますので、そちらをご利用ください。
踵が原因の腰痛の患者です

三年で゙4回目
今回で5回目の治療になります

前回はすべて腰椎、骨盤、内蔵、食物アレルギーの治療をして、います。
なので
今回は、腰痛の治療はしませんでした、
何故なら、過去に腰痛の治療をしても、一年ちょっとで、痛みが再び
始まるからです、腰痛の治療としてはすでにやるところはやって、あえて治療する箇所はもうありません。

つまり、何度腰痛の治療をしても、「腰痛」は再燃することが分かったからです。
これは、ただの腰痛ではありません,

つまり、

「腰痛の原因」

は、まったく違うところにあることが分かったからです。

今回は、身体の「軸の狂い」を中心に視診と動診を中心に見てみました。

左右の脚の角度、
足首の可動性の違い、
股関節の機能
足の一本、一本の関節と可動性と圧痛の点検
爪の状態のチェック=巻き爪が原因でもかなり酷い腰痛やひざ痛になります=これは頭の良い、整形外科医でも知っているものなのです、何人か、そういう外科医を知っています=もちろん、そこまで知恵の回らない整形外科医の方が、多く居るのは皆さん良くご存じだと思います。
足指の関節の可動域と変形
DIP関節、
PIP関節
MP関節、
リスフラン関節
ショパール関節
踵骨
距骨
踵距関節
これらのすべてのチェックをしました


すると   有りました!

この人の症状は、全て右側の腰痛となって現れています・・・・

普通、最も多いのは、「左側』が「原因」で右加重になり、疲労性の右腰痛になるパターンがあります
この場合は,「原因」である 「左側」に対して、治療をします
左の病原が消失すると、両足に加重ができるようになり、「腰痛」は消失します

また
この反対で
右側が原因で、左腰痛になるパターンもあります。



検査の結果、この人の場合は、右の踵骨の動きが全く失われています。
方法は=足をしっかりと把持して、踵骨のみを、左右に動かして、「可動域」を確認します

踵は、「距骨」と「踵骨」とで組み合わさって、単純に「踵」という一個の骨として機能しています。

その「踵の骨」  「踵骨」が、まったく動きません!

触診の結果
〇立方骨
〇舟状骨
〇第一楔状骨
〇第五中足骨
〇第一基節骨

等の可動性が失われているという、異常が原因で、

これらの関節の代償による「腰痛」でした

足の治療だけで

全ての骨盤と仙骨、腰椎は動き出して、完全に「腰痛」は消失しました
「原因のみ」を治療して、症状が完全消失した、典型的な、腰痛治療でした。
◎足首関節の不良の原因は「7年前」の捻挫です。


日本カイロプラクティックセンター厚木
046-229-3770 火、水,金、土 営業=12:00~20:00ラストオーダー21:00まで営業です

徒歩の場合は小田急線「本厚木下車」東口徒歩2分です 
車の場合は、東名=厚木出口、を出て 本厚木駅東口前です
●周りにたくさんのコインパークがありますので、そちらをご利用ください。

09/08  

今日は、8/11 私の家内の誕生日です 75歳になります。


そして、家内のトレーニングディです(毎週、火曜日に来ています)
スクワット、ベンチプレス、ラットマシン、レッグエクステンション、等をやります。
スクワットはいつも50Kgが最高重量です

最後の種目のスクワットは、いつも通りに50Kg をやっていたのですが、やたらと気合が入っています。

いつも「ヒイ、ヒイ」言いながら。やっているのですが
どういうわけか、少しも「うめき声=気合いかな?」が聞こえません。

気になって、トレーニング室を見に行くと なんと、50Kg が終わったのに、まだ続けています!
「どうしたの?」
と、聞くと

「今日は、私の誕生日だから、何か記念になることをやりたくて、今日を楽しみにしていたの。」

だそうです
で、見ていると
さらに50Kgのバーベルに、2,5Kgづつ 左右で5Kg の 増量をしています!
もう、びっくり。(ほんとかよーおい・・・)


以下写真を見てください。
野菜の謎!
野菜は ビールよりも、プリン体 が高いのをごぞんじですか?

ひと夏、ビールを飲み続けると、夏の終わり頃には「痛風」になって足の「親指」が痛くなることで有名です
「痛風」はお年寄りだけの病気ではないのです。
痛風の原因は、体内に蓄積した、「プリン体」が、引き起こすビヨーキです

さて、意外にも知られていない雑学です

野菜は「健康」になるとても大切な食べ物と思われています。

そこで
b>食べると危険な「野菜」の、紹介です

野菜のプリン体含有量

食品名 100gあたりのプリン体(mg)

1食あたりのプリン体(mg)
(1食目安)



(1食20g)
大葉 41.4
0.4
(1食1g・2枚)
カボチャ 56.6
28.3
(1食50g)
カリフラワー 57.2
28.6
(1食50g)
ブロッコリー 70.0
35.0
(1食50g)
ほうれん草 51.4
20.6
(1食40g)
貝割れ菜 73.2
7.3
(1食10g)
ブロッコリースプラウト 129.6
13.0
(1食10g)
グリーンアスパラガス(上部) 55.3
27.7
(1食50g)
(1食50g)
たけのこ
(上部) 63.3

31.6
(1食50g)
ピーマン 69.2
34.6
(1食50g)
ナス 50.7
25.4
(1食50g)

パセリ 288.9
5.8

(1食2g)

大文字の野菜は、要注意です

特に、青い野菜は、シュウ酸が多く含まれるので、結石が発生しますので、おいしいですが、健康と寿命に大きな影響を起こす可能性が高いのです

これらは、「結石」のできやすい体質=結石体質の方は、よくご存じです。
結石体質の方は「胆嚢」も弱いので「豆類」「油もの」でも結石ができます  また体の右側が良く壊れます
「胆嚢」は右側にある肝臓の下、にあるためです。
豆類、油もので。「胆石」ができやすくなります。

また高齢になると「リウマチ」の原因になると言われています。


沖縄で有名な あの,苦い「ゴーヤ」は、意外にも毒性が無くて、身体によいたべものです、

玉ねぎは「犬や「ライオン」」もいちころの、猛毒があります。
「ニンニク」を食べられるのは、なんと、人間だけです ゴキブリも食べません

テレビに騙されずに、そして
美味しさに騙されずに、健康な人生を選びましょう。

一部の野菜は「ビール」よりもプリン体が高い事を知っていますか?


野菜やビールからのプリン体の摂取
=プリン体が体に入ると=尿酸値が上昇します
=尿酸値が上昇すると血液中に尿酸結晶が発生します
=尿酸結晶は血管の狭いところに詰まります=痛風
=関節部分にカルシウムの沈着が起き関節靭帯が固まりだすとともに「横紋筋溶解症」の副作用発生=筋力の低下=関節に痛みの発生=リウマチの発症=指が曲がりだす。体内ペーハーP/Hの極端な低下=「酸性体質」に変わる=筋力の低下=関節が固まりだす。