カフェインの効果とは?

カフェインには大脳皮質を刺激する効果と、脳内の睡眠物質・アデノシンが作用するのを妨害するため眠気が起こりにくくなる「覚醒作用」や「感覚を鈍くする」作用があります。

また、生理学では「カフェイン拘縮」といい筋小胞体へのカルシウムの取り込み阻害を起こして「筋肉」を固くする作用があります。

カフェインには面白い作用があり、「大脳」の中の血管」は拡張するのですが、体内(筋肉内の血管)は「収縮」する作用があるので、頭痛薬に入っています。

自律神経では「副交感神経=消化器系」の働きを低下させ、「交感神経」を活性化する作用が「覚醒作用と痛み止め」の作用をもたらします。

ですが、消化器はダメになります=つまり食べものの消化不良を起こします。

交感神経の活性作用が睡眠障害のもとになり、体内の血管を収縮させる作用が筋肉の酸欠作用を起こして筋肉を固くして「ぎっくり腰」や、ヘルニアの原因にもなります。

脳内の色々な場所に働きかけ、気分をハイな状態に覚醒させる効果もあるため、
寝る前だけでなく、朝ににコーヒーを飲んでしまうと興奮状態になってしまって眠れなくなってしまう場合があります。

肝臓でのカフェインの解毒作用はの30時間以上かかります.中には3日以上かかる方もいます。

直ぐに胃が痛くなる人もいます。

例外として、小数民族にカフェインに耐性を持っている方には覚醒作用は起きません。。

カフェイン中毒とは?=カフェイン依存症
、この他にもカフェインを摂取する事が出来る食品や飲料などは多数存在しており、緑茶やココア・栄養ドリンクやチョコレート、紅茶などにも含まれています。

毎日「コーヒー」を飲む方は「カフェイン中毒」です。

首の痛み と 枕
首が痛いと「枕」が合わないねと考える人が居ます、が、それは違います。

20190716-________.jpg
首の横断面です=たくさんの筋肉と血管、神経、リンパ管などが隙間なく構造されています=こんなに、いろいろな組織が密集しているのですから、筋肉の「コリ」や頚椎の「ズレ」は痛みを発生するもとになるのです=決して「枕」が合わないのではないのです。



最近は

首の痛みを訴える人が最近ずいぶん増えました
原因として考えられるのは
PC の仕事が増えた=筆記事務仕事が紙とペンからからPCへと変わっていった
携帯やスマホを持つ人が増えた
等が挙げられるでしょう
いずれも「姿勢不良」の、もとになります。


首の痛みにはいろいろな種類があります
• 1.急性疼痛性頚部拘縮(いわゆる寝違え)
• 2.外傷性頚部症候群(むちうち損傷、や頚椎捻挫)
• 3.頚椎椎間板ヘルニア(疲労性)
• 4.胸郭出口症候群(これも疲労性の一種)
• 5.変形性頚椎症(ヘルニアの進行型)
• 6.頚椎後縦靭帯骨化症(筋肉が固くなって靭帯状にまで石灰化変性してしまうことです)
• 7.髄膜炎(脊髄の中を通っている神経を覆っている髄膜の炎症)
• 運動や事故で首から転倒した場合など-
• 頚椎の「サブラクセイション」とは=頚椎に「ズレ」が起きると、神経に痛みの神経信号が発生して、
• その痛みの信号が、首を支えている筋肉群に緊張を発生するので「首の痛み」が発生します。

1.急性疼痛性頚部拘縮(寝違え)
急性疼痛性頚部拘縮とも言いますが、いわゆる「寝違え」は首の痛みとして誰でも一度は経験のある方もいると思います (内蔵からの影響で起きる場合もあります)
首の椎骨が「ズレ」てひどい痛みをだすと、くびが動かせなくなります

2.外傷性頚部症候群(むちうち損傷、頚椎捻挫)
外傷性頚部症候群、これは交通事故などで後ろから追突され「むちうち」になった人がよくなります。

●有名なものには「アメフト」があります-アメフトでの2018年の自殺者数は20,840人。
ひどいものだと頭痛、めまい、かすみ目、手のしびれ、耳鳴り、吐き気、難聴、歩行不能などの症状を伴います。

3.頚椎椎間板ヘルニア
首や肩・腕の痛み、しびれ、脱力感冷えといった症状が起きます。
飛び出した、椎間板が神経を圧迫し、首や肩・腕にさまざまな症状を引き起こします
第二頚椎は=僧帽筋を支配します=第二頚椎のサブラクセイションぱ僧帽筋の麻痺を引き起こします。

4.胸郭出口症候群
首の痛みと手のしびれの中で最も多い症状です
胸郭出口症候群は、腕のしびれ、肩こり、首が重い肩から肩甲骨にかけてのこわばりと痛み、腕や手の指にだるさや腫れぼったさ、指先が冷たいといった症状が出ます。顔面に自律神経症状が出ることもあります。
首から出ている腕神経挿が鎖骨と第一肋骨、あるいは斜角筋に挟まれて起きるものです。
腰や背中を丸めるような姿勢の悪さが主な原因です
PC作業は最も大きな原因です

5.変形性頚椎症
変形性頚椎症には3つのタイプがあります。
頚椎症性神経根症
頚椎症性脊髄症
頚椎症性筋萎縮症
●これらは事故の後遺症や頚椎ヘルニアの後遺症として発症します

6.頚椎後縦靭帯骨化症
比較的男性に発症頻度が高いといわれています。
何をしても「首」に力を入れるタイプの人がなります、あるいは「首」を痛めたのがきっかけで「首」を動かすのが怖くなった人なども起きます。

7.髄膜炎
髄膜炎は、およそ菌の感染によって起きるのが主です。意識の低下や痙攣が起きる場合があります。
ずいまくえん【髄膜炎 (Meningitis)】
 脳(のう)と脊髄(せきずい)は、脳脊髄膜という連続した膜で包まれています。この脳脊髄膜にいろいろな原因で炎症がおこるのが髄膜炎です。
 細菌、真菌、ウイルスなどの病原微生物が直接、脳脊髄膜に感染しておこることが多いものです。そのほかに、がんや悪性リンパ腫(しゅ)などの腫瘍細胞の脳脊髄膜への転移、梅毒(ばいどく)、サルコイドーシス、ワイル病、ベーチェット病、膠原病などの病気や薬剤の使用などによっておこる髄膜炎もあります。

昭和の昔は「脳膜炎」と呼ばれていました。

いずれの症状も
原因は、肩こりや、背中の筋肉の硬縮が、あるのが前提となります
背中の筋肉は、
短回旋筋
長回旋筋
脊柱起立筋
などのいろいろな筋肉群の筋繊維の繊維群です

20190716-p7110020.jpg
腰=仙骨から生えている。これらの一群の筋肉に疲労からくる「過労による硬縮」があると、結果的に「首が痛く」なってきます。20190716-p7110019.jpg
20190716-p7110021.jpg

ですから。唯一の解決法方は、頚椎と胸椎の矯正して、「背中の筋肉残り」をほぐすことなのですして、=なぜなら、骨が「ズレ」ていれば痛みを発生するからです

日本プラクティックセンター厚木 0462293770 12:00~21:00まで 要予約

日、月,木曜日 休診 火、水、 金、土、営業です
 
皆さん
「ひざ」には「半月板」があることくらいはご存知だと思いますが
膝の上の「大腿骨」と膝の下の「脛骨」との間にある「軟骨」で出来ている半月板は膝の「骨」同士がこすれて壊れないための「クッション」と「ベアリング」の役目をしています

しかし、いくら、半月板という「クッション」と「ベアリング」があっても、グリスの役目をする「濶液」が無いと、膝は摩耗して壊れてしてしまいます

普通は健康の場合に「濶液」は約2ccくらいですが、膝を痛めると、半月版が斜めに当たり始めるので、膝関節を守るために「濶液」が増えてひざの関節を守ろうとします
これが「膝の水腫」なのです

ところで
「濶液」って、誰が作っていると思いますか?
答え

膝の「濶液」は「半月版」が作っています
半月板は近傍の血管から、漿液を吸収して「ヒアルロン酸」に分子構造を変化させて「濶液」を作るのです

ですから
「食べ物」は腸から吸収されて血管の中を「血液」として通ります
その「血液」に「酸性毒性」があって
「汚れた血液」になると

「酸性」の汚い「濶液」=「ヒアルロン酸」になるのです
ですから食べ物一つで、ひざ痛になる人がいるのです
また

腰痛になる人も相当の人数がいます

人の体質によるのですが
ある人にとって「牛乳」は命を失うほどの「毒」であるのです(先日も給食で二名の児童が死んでいます)

ある人にとって「ヨーグルト」はherniaヘルニアになります
ある人にとってヨーグルトは大腸がんになります
ある人にとって「コーヒー」に含まれる「カフェイン」は心臓を止めてしまうほどの「毒性」を持ちます

ある人にとって「そば」も命を奪うほどの「毒性」を持ちます
ある人にとって「油もの、または豆類」は胆嚢のある「右側」に反応を起こすので、右の座骨神経痛や右の肩が上がらなくなったりします

私自身は「乳アレルギーと玉ねぎアレルギー」を持っているので、あらゆる乳製品の混入しているもの食べることができません、そして玉ねぎの入っている食品を食べることができません

このように、「体質によって」思わぬ食べ物が「ひざ痛」の原因になるのです

先月、手羽先を食べて翌日「ひざ」が真っ赤に腫れ上がった。おじいさんのお話しを覚えていますか?

ふつうは
まさか
「手羽先」を食べたら「ひざ」が真っ赤に腫れ上がって歩けなくなったなんて信じられますか?

でも事実なのです

えらい、学者様や
えらいお医者様が
なんと言おうと これは「事実」なのです

●果実について

参考までに、
教えておきますが あらゆる 未成熟な「果実」は 「青酸毒」を持っています
これは「成熟」した「果実」は 紫外線に当たると、未成熟な実は「青酸毒」が 「果糖」に化学変化します

ですから「未成熟な実」は虫も鳥も食べないのです

ですから、ふつうは、誰も膝が痛くなったり、死んだりしないのですが

日本に輸入される「果実」は 法的な問題で、「未成熟」のまま輸入されます

日本の輸入業者はこの 未成熟 な 果実 を「ムロ」の中で 熟成させます

未成熟の果実は 「ムロ」で熟成されても、十分に「紫外線」を浴びて熟成しているわけではないので
「毒性」が残っているのです

「果実」は南国で体を冷やす作用をします
亜熱帯の日本では「果実」で体を冷やす必要がないのです(果実は体を冷やす)

ひざ痛の特徴の一つとして
膝をあっためると「楽」になるというものがあります
常識的に考えると、「炎症」を起こしている「ひざ」をあっためれば「炎症」はひどくなるはずです

しかし
「ひざ痛」を経験した人ならば「あっためる」と「ひざが楽になる」ということを知っている人が多くいるはずです

日本カイロプラクティックセンター厚木 046-229-3770  12~21まで営業
日、月.木=休診 
内臓損傷による術後腰痛
「日本カイロプラクティックセンター厚木」

大変な患者さんが来ました。
80歳の腰痛さんです

初診時に来た時は
院内にドアを開けて入ると、
あまりの腰の痛さに着替えのロッカーまで壁やソファなどにつかまりながら、

ひいひい、

言いながら伝い歩きをして、やっと患者着に着替えて治療テーブルまでは来たものの
ひどい腰痛のために治療テーブルに座るのもやっとで、
今度は治療テーブルに寝る事も出来ません

身体を支えてあげてやっとテーブルにあおむけに寝る事ができました


そのままで問診すると
一度心房細動で死んでしまったそうですが、
救急でAEDで息を吹き返して、
病院に搬送されて手術をして、生き返ったたそうです 

(凄いひとですねー)

膵液による自己消化で 心房細動で心停止を起こして救急でAEDで再生し
ぺースメーカーを付け・膵頭部切除・胃1/3切除・十二指腸切除と言う大手術の末に生き返り、(多分、ウイッブルプルという手術です)

男性は基本手に「膵炎」は起きないものなのですが、相当に急激な「ストレス」があったのでしようね

急性膵炎はストレスに弱い若い女性がほとんど起こします

退院した、までは、生き返って良かったですねー、と言うところなのですが

退院したものの、あまりの腰痛に再び病院です

「何でこんなにひどい腰痛が起こるのですか」 と、医者に聞いたところ、
大手術でお腹をだいぶ切っているからねーしばらくは、腰の痛いのはしょうがないよ
と言われたそうです


お腹を見ると、なんと十字に切ってあります、いまどき、十字開腹なんてしません
基本的に縦に切り、開創器を使い腹部内臓を開いて、開腹し手術をするのが最近の外科なのです

それを
江戸時代じゃあるまいし  腹の十文字切り  とはね・・・・

かなりランクの低い病院ですねー
あるいはかなり「年配の外科医」かもしれません
腹の、十字切、開腹術なんて、30年前の術式だからです


その医者
イヤー、「ウイッブル」なんて30年ぶりじゃよー  なんてね・・・・



さて
当院の治療です
ディバーシファイドという、カイロプラクティックの基本的な「骨格矯正」法は使用できません

相手が死に損ないの手術上がりの80歳でからね、どこを押しても  ボキっ と、行きかねません

しかし

カイロプラクテイックには「アクティベータ―」というインスツルメントがあります
サブラクセイションを起こしている「椎体」に他対して 0,3Jのトルクによって正確無比の
矯正ができます

まずはアクティベータで全身の骨格調整して施療行うと 寝返りが楽になり 何回かで立ち上がれるようになりました

やや、腰は引けているものの、帰りは自然に歩いて帰りました
その後も、アクティベーター治療を続け、約二ヶ月後には、激しい腰痛は消失
三ヵ月後にはも腰痛はまったく無くなりました

さて腰痛とは、腰に原因があるわけではないのですが゛、共通して言えるのは、筋力の弱化です
いたがって腰痛が消失した時点で、少し、歩いてていだけますか?、とお願いしました

すると二日後に来院
腰が痛い    と言います

何をしました と聞くと

一万五千歩 歩いたら  痛くなったと、言います
(この爺い いい加減にしろ!)

元気な人でも一万歩以上歩くと、大概、ひどい腰痛が起きます

六千歩以内にしてください  とお願いしました

普通どんな症常の患者さんでも、症常が軽快するに従い、今まで痛くて出来なかったことを、一気に
やろうとします

気持ちは、分かるのですが…

痛みを持ち、身体が思うように動けないと、治療によって症常が軽くなっていくに従って、今まで、出来なかったことを
、一気に、やろうとします

その後二回の治療で腰痛は、無くなったので

「もう大丈夫ではないですか」  と言ったところ
こんどは

「ゴルフがしたい」 と言います

(内心、この爺い いい加減にしろ! と、思いましたが気持ちは理解できます)

人間、身体が良くなると、段々、欲が出て来ます 
 
これは、身体の回復がもたらす、大脳皮質の活動が、活発になっていく結果なのです
この患者は、先週で完全に治療を終了しました

アイアンの7番まで、自由に振れるようになったそうです

まずは、めでたしめでたし! と言うところですね

内臓性の腰痛
術後の後遺症腰痛
交通事故の後遺症
または難病

病院で治らない痛みは

「日本カイロプラクティックセンター厚木」にお任せ下さい
●関節液の目的とお皿

関節液は体重を支えている大腿骨、半月板、脛骨など筋肉と骨がこすれないようにする潤滑油の働きをしています。ひざのお皿は、その摩擦を防ぐベアリングの役目をします

足の全面にある筋肉は
「大腿四頭筋」
と言います
いわゆる=モモ肉 ですね

20190529-p5292128.jpg


支配神経は=L-4大腿神経です
L-4からは 上殿神経という「中殿筋」を支配する神経も出ています

この筋肉がメインに、体重をさえます

20190529-p5292124.jpg

「ひざ痛」の問題は  L-4 の「大腿神経」の サブラクセイション(ずれ)がメインの問題です
ですから。まず第一にL-4 のサブラクセイションを解除しなければ、なりません。

実際には、お尻の筋肉=大殿筋、中殿筋,小殿筋、股関節筋、内転筋、大腿筋膜張筋‥‥
などの数負多い筋肉の総合力で
体重を支えます。


しゃがむ
たちあがる
飛ぶ=ジャンプ
座る

などの脚を使う、すべての動作には  三つの関節が同時に動きます
足関節(足首)
膝関節
股関節
骨盤(仙腸関節)


これらの関節が同時に、バランスよく、絶妙のタイミンググで動いて、

下半身を動かしてくれます

特に

「ひざ」は

これらの動きに 「致命的な」 ダメージを 受けます
「ひざ痛」になった人は、ふつうに歩けることの「有難さ」を経験しています

しゃがめない、立てない、胡坐を掛けない、痛みのために歩行困難になる
走れれない=黄色の歩行者信号の点滅が始まっても、道路の向こうまで、届く前に
信号が、終わってしまうのです

=信号の点滅が、まるで人生の終わり、を告げるかのように‥


普通の人々が、何のこともなく、信号を渡っていく・・・
中には、走っていく人さえいる・・・・‥


ひざ痛になった時に、この「悲哀」を経験します


当院では、早い人は、一回で回復します=悪性でない場合に限ります
中々改善しない人は

●薬副作用
●酸性の食品の摂取
●毒性の強いサプリメントりメント

等を摂取シテいると 「体液のP/H」が下がります
「体液のP/H」が下がると、血液が「酸性」になると、尿酸値が上がります
尿酸値が上がりがると、プリン体が血液中に殖えて「尿酸結晶」㋾作るために
「ひざ」の「滑液」が酸性血液で汚されるために、半月板が侵されます。
そのために、酸性血が起こす生理学的問題で、膝が痛みます

こういった人は
まず
P/Hを下げるような食品や薬品の。摂取を完全にやめないと、症状は改善しません。


施療しても、しても、、酸性血になる悪いものがどんどん口から体内にはいり、中から「壊して
いくからです。


降圧剤
スタチン系薬剤
果実
あるアコール
甘いお菓子
おせんベイ
全て「酸性血」の原因です。

酸性血は゜ひざの「滑液」を 酸性にして「半月板」を溶かしていきます

それを防ぐために
膝の「滑液」はどんどんと量が増えていきます

かくして

「ひざの水腫」
かん゛起きていくのです