クローン病について

クローン病は遺伝病ではないと言われていますが

☆当院でも、ほとんど父方の遺伝を持つ人が大多数でした。20人以上の方を改善しています、完全に治癒した方も80%を超えます
治らなかった残りの方は食べものの「原則」を守れない人たちだけです。


クローン病の発症については・・・
遺伝的な素因を持ち、免疫系の異常(主としてマクロファージが腫瘍壊死因子αというサイトカインを分泌して腸壁の正常細胞を傷害すること)がおこり、その上で食餌因子などの環境的な因子が関係しています。

病院では食生活の欧米化、即ち動物性蛋白質や脂質の摂取が関係しているともいわれて、蛋白質の多い食事を避けるように指導されている=・・・・と医学書には書いてありますが・・・


しかし
実は蛋白質は身体の主要構成物質(アミノ酸)なのでほとんど影響しないのです。 
 原因は別にあります=後述


「クローン病のタイプ」
病変部位別に小腸のみに病変のある
「小腸型」、大腸のみに病変のある
「大腸型」、どちらにも病変のある
「小腸・大腸型」
に分けられています

☆当院の検査では「胆嚢の機能が低下している」人がほとんどでした

「乳アレルギー」
「油もの」=特に植物油、
「豆類のアレルギー」
を持つ人に多発する傾向がはっきりしています

これは,「胆嚢」の機能が低下している人に多く、油類の消化不良によって回盲部に炎症が発生しやすくなります=これが限局性大腸炎と呼ばれる「回盲部」に限局した大腸炎型です。=(胆嚢のリンパ反射点は回盲部だからです)

また、「胆嚢」の自律神経支配は 胸椎T−4 ですから T−4のアジャストメントも必要になります。

☆回盲部・は第一腰椎の神経支配域です
第一腰椎からはその他に 腸骨下腹神経 と 腸骨鼠経神経 が出ています
☆過去の治療歴では100%第四胸椎と第一腰椎のメインサブラクセイションがありました。

◎カイロプラクティック治療においては、

従って全骨格の矯正=特に第一腰椎と第四胸椎の矯正は必須事項です=クローンの方は、必ずこの部位にサブラクセイションが発生しています。

脊柱管内の神経ハーネスは内蔵にインパルスを送っています
内臓同士は副交感神経支配下にあり、交感神経節によってお互いを調整しています
従って、第四胸椎と第一腰椎のサブラクセイションは
クローン病の原因の一つと言えるでしょう

実際にこれらの矯正によって、回盲部に限局した腹痛は少なくなっていきます。
治療院では「超音波」を内蔵にかけます

この治療によって内臓の炎症による緊張が減少していき、緩解へと変化していきます。
さらに、食事療法の併用で、かなりの好成績で「治癒」が進みます。

「乳アレルギー」、
「油もの」=特に植物油、
「豆類のアレルギー」などが「腸の炎症」原因の一つなので
これらを絶対に食べないようにすると、症状はハッキリと改善してきます。


   根治するためには・・・・
【特に重要な栄養療法・食事療法】
植物油で加工したものや、(てんぷら、油いためなど)刺激のある食物の摂取を避けることで 栄養状態の改善だけでなく、腸管の安静と食事からの刺激を取り除くことで腹痛や下痢などの症状の改善と消化管病変の改善が起きます

◎クローンの方は、身体に良くない物ばかりを好んで食べる傾向があります
つまり=下痢や腹痛を起こすもの(アレルギー食品)ばかりを食べているから、どんどん悪くなるわけです。

 クローンの皆さんは、揚げ物などの油ものやパンを異常に好みます。

☆食事による病態の悪化を避けることが最も重要なことです。
☆早食いは 消化不良をおこすために病態の悪化を招きます

今日は
三人も、「首の寝違え」」などの人が来院されました。


朝起きたら首が痛くて、動けなかったそうです

金曜日から土曜日の朝にかけて
ものすごく暑かったので、きっと、「ろくな寝方」をしなかったのでしょうね

「首の寝違え」とは

その前に、背中の筋肉=脊柱起立筋が固まっていないと起きないものなのです

しかし、この「脊柱起立筋」というやつは、痛みゃ疲労が「自覚」できない厄介な代物です

結局はひどい首の痛みゃ肩の凝り
ぎっくり腰のような、非常に「いたい」症状になって現れます

皆さん
首の筋肉と
腰の筋肉
肩の筋肉
などは「別々」のものだと勘違いしている人がほとんどです

実は、細かい筋肉が多数重なって束になっている筋肉でこれでを、一本の筋肉の構造をしています

時どき、肉屋さんが腰や肩を痛めてきます

この人に「脊柱起立筋」と言ったら

それは

「サーロインですねー」

と言われました。
胆嚢の機能不全(L−4のサブラクセイション)

右腰の腰痛です

作業は右手ばかりを使う仕事です
この患者はTL検査で「胆嚢」に反射があります

生理学
「胆嚢」は胆汁を貯留するただの袋で、肝臓で作られた「胆汁」を6〜9倍に濃縮して、食物の「油分」を分解するときに「十二指腸」のファーター乳頭から膵臓から分泌される膵液と、ともに分泌されて、小腸内部で食べた油を、「カイロミクロン」という分子に変化させます。

「カイロミクロン」になった「油」は「リンパ管」で体中に輸送されます。そして
一部はエネルギーに利用され
一部は指や関節の保護組織になり、その他は体脂肪として貯蓄されます。

「胆嚢」は肝臓の下のくぼみに繊維製の組織によって付属器官としてついて居ます

そして「胆嚢」のリンパ反射点は「盲腸」です

「胆嚢」に反射があるということは、「植物油」の消化不良があることになります
「植物油」の消化不良は「肝臓」の機能に問題があります、
そして、「盲腸」も右側にあります

胆嚢の機能が弱い方は10人中、4〜5人くらい存在します
「胆嚢」の機能が弱い方は、概して「油もの」を非常に好みます

油もの=つまり、揚げ物類=てんぷらや、フライものなどの「揚げ物」を非常に好みます

「胆嚢」が弱く油ものの消化不良が起きるのにも関わらず、油ものをよく食べます
すると「てんぷらや「フライもの」などの「油もの」の消化不良が発生します

この「未消化物」は小腸 から   上行結腸 そして   下降結腸などの 大腸を一巡りして、下降結腸からS字結腸に入り、炎症を起こします

S時結腸は左側の「腸骨」の内側にあります
S字結腸の炎症は大腸の拘縮を発生します=つまり「S時結腸」は内蔵神経系を通じて、運動神経系に絵協を起こして「ひだリ腸骨」のフィクセーション(可動性低下)を起こすので、体重は「右加重」になります


左足が使えない=右足を使う・・・・・これは  当たり前のメカニズムです
従って、右足側は疲労して「痛み」を出すようになります

ですから

症状は「右側」の「痛み」となって現れます


体の右側の痛みの、原因は左の消化器に原因があるのです
ですから
治療は「痛い右側」ではなく
「胆嚢」と左側の消化器に行います
すると、右側には何も施療をしないでも、右側の痛みは消失します
なぜなら
胆嚢の機能不全=こそが「原因」で左側の消化器の炎症を起こす
からなのです。


日本カイロプラクティックセンター厚木

06/15  


ヘルニアの最前線

アメリカと日本のヘルニアの最新情報です

● 実は椎間板ヘルニアと腰痛はほとんど無関係===というが記事がありましたので紹介します(テレビでも放送がありました)

普通、腰痛の場合は整形外科へ行ってレントゲンとかMRIの検査をするのですが、

これを腰痛のない人にもやってみたところ、アメリカでは65%、日本では70%にヘルニアが見つかったのです。

しかし、椎間板がつぶれているにも関わらず、「腰痛」のない人がたくさんいるということが分かってきたのです

◎ヘルニアの原因は

「椎間板の変性」、
「狭窄症」、
「辷り症」

これらの症状が「腰痛の原因」と言われてしました、

またこれらが「整形外科」の診断の基準となるのが定番なのですが=(整形外科の教科書にもそう書いてあります)

なんと
その事実は腰痛と関係ないとアメリカの医学会の発表記事がありました
日本は現在はではまだこの意見は、認められていません。

だから相変わらず、背中に穴を開けて「椎間板」を削っています。

しかし

椎間板の摘出手術を受けた方がかなりの人数が改善している事実がありますが
または、手術をしても、痛みが消えないという人もたくさんいます。


当院にもヘルニアの手術をしたが「やはり痛い!」
という人がかなりの人数、来院されます。


こういった人は
当院の施療によってすぐに「痛み」が消えてしましますが、
実は
当院では
「腰」
には施療はしないのです


何故なら

「痛くなる:原因」があって「結果=痛み」が出てくると、考えます。

ならば=「痛み」は原因では無いわけです
=つまり「腰痛=腰」は痛いけれども、「腰が原因」ではないのです。

では、なぜ「腰に痛み」が出るのでしょう?

「痛み」は身体の不調を知らせる「信号」であるというとらえ方をします
これは「倭ヤマト整体」独自の考え方であり、
また
「原因」が同一」でも「痛み」の出る場所が、あるいは「症状」が人によって異なる=ということを
「個の特性」
という古い日本の漢方整体、独自の発想が「倭ヤマト整体」にあるからです

この考え方はカイロプラクティックの基本的な神経学的考察と同一です。
多くの熟練したカイロドクターがやはりこの結論に達して、多くの患者を治しています。

「痛み」の原因はほかの場所にあるからなのです
当院では、「腰を痛くしている原因」 を探し出して、
その部分に施療をします。


熟練した、カイロプラクターも、同様に「痛みの原因」を特定して、その部分に対して、治療をします。

「痛みの原因」に対して施療をするのですから=当然「腰」の痛みは 消えてしまうわけです。
また、再発することも、極端に少なくなります。

つまり

「腰痛」とはヘルニアも含めて、「痛み」の原因は、ほとんど
他の場所にあるのです。

すべての病気は
「食毒」にあり

病気は「ストレス」によって発症します


ヘルニアの専門 日本カイロプラクティックセンター厚木 046-229-3770

05/29  

20180529-______.jpg

ちょっと休憩
珍しい昔懐かしい「ハマー」です 違うかな?