ぎっくり腰
とは、「急性腰痛」のことを言います

「急性腰痛」とは、本当に、゛急性゛に起きるのでしょうか?

「ぎっくり腰」とは実は、゛急性゛ではないのです=つまり急性に非ずなのです

首の寝違えと
ぎっくり腰は

実は、同一の「素因」があって、発症します

人間の「知覚神経」は、背中とお尻が、最も「鈍く」できています
その反対に、最も敏感なのは、
「目」
「指先」
などです、意外なのは、「足の裏」です
足の裏は、靴の中に、砂粒一つ入っても、「異物感」を感じるほど「敏感」なのです

したがって、背中の「脊柱起立筋」は骨盤の中心にある仙骨と腸骨翼から起始していますが、首の筋肉も、腰の筋肉も、背中の筋肉も、細かいたくさんの筋肉が大きな「筋束」を作って背中、腰、首を支えています(細かい筋肉群が束になって脊柱起立筋をつくっています)

順番から、言うと

指と手の「疲れ」は→の「疲れ」になり→腕の「疲れ」は→の「疲れ」になり→やがて「の疲れ」になります→そして腕、肩、首の疲れは→背中、つまり
「脊柱起立筋」に「疲れ」として「蓄積」されていきます

この総合的な「疲れ」
、首を引っ張り、背中が張り、腰を引っ張り始めます

ですが、背中とお尻は先ほど言ったように「感覚神経」の一番「鈍い」部分なので、
相当に、疲れないと、「背中の筋肉が痛い」 という感覚は起きません

この時点で疲れを取れば、大事にいたらないのでが

背中の骨(胸椎)が「ズレる」と、
脊椎骨の保護神経である「椎骨洞神経」や堆前神経系、堆後神経系」などが刺激されて、「筋肉痛」とは、まったく違う
独特の「痛み」が発生します(背部痛)と言います

かくして、限界まで「疲れた」脊柱起立筋は、引張りの応力や、前傾姿勢の応力、身体を「ねじる」応力 等にも対応できなくなります

こうした、「下地」があって、

ちょっとした「動き」で 首や、腰が、
  「パリッ」

と、いく訳です

原因は、もちろん「蓄積した疲れ」
           そして
           カフェイン(コーヒー、お茶類=カフェインは筋肉を固くしてしまう作用が有ります= 
           生理学で、カフェイン硬縮と言います
           (中には、カフェインに、慣れてしまって、「順化してしまい」全くカフェイン中毒を起こさない人も居ます)

     、アレルギー食品の摂取
      腐敗した食品の摂取=誰も好きで腐った物を食べる訳ではないのですが、最近の化学は非常に進化しており、
      中身は腐っていても外見は 一見、、新鮮に見えます          
 この中身は腐っています、、、、、と書いてくれれば、こちらとしても、注意の仕様はあるのですが、、、、
     
 お腹をこういった食品で「壊す」と

      「筋性防御」という、内臓を゜保護する「システム」が稼働して、腹筋は、カチカチに固まってしまい、
      背中を伸ばすことが出来なくなります

だから、腰が痛くなると、前かがみの姿勢になるのです   

 「 ゛ぎっくり腰」」なら、本厚木の
「日本カイロプラクティックセンター」にどうぞ  =TEL046−229−3770   12時から、21時まで、営業しています

(最近出来た、本厚木カイロと間違えないでください)
通りすがりに、
腰が痛いと、若い青年が来院してきました、大きなリュックに大荷物です


臥位で検査をすると
下腿が腫れ上がっています

「この足はどうしたんですか?」
と聴くと

仕事の関係で、思い荷物を、毎日かついで、歩いているそうです

そりゃあ、誰だって、こんなことをすれば、腰が痛くなりのは
有り前です

私なんか、ひょっとしたら、入院かも、、、、

下腿には、LFをかけておいて
腹部の触診をすると、「右側が発熱して、固く腫れ上がっています」


TL をすると、

「油もの」の反応がプラスになりました

「いつから痛みだしました?「

「今朝、起きた時からです」

「前の日には、腰は痛くなかったんですか?」


「ええ、なんでもなかったんです、今朝になったら、やたらと腰が痛くて、、、」

「お腹が熱くなっていて、油ものに当たった反応が出でいるんですが、、、何か思い当たるものは有りますか」

「昨日は、久しぶりに思いっきりお酒をのんで、、、、」

「その時に何をたべました?」

「えーと、タコわさと(定番ですね〜)、カレーうどんのつけ麺をたべました」

「うーん、ニューメニューですね?」

「はい、とてもおいしかったです、」

「からい香辛料には、TL の反応はありませんでした」

「=何処で食べたか、聞きたかったのですが、腰のことを考えると、やめておきました。(私も好きなもので、、、へへへ)
   他には?」

「あと、唐揚げを食べました、鳥軟骨です」

「うーん、これも定番だな〜」


右の大腰筋がえらく硬直しています、これを解除
次に、腹部全体のマニビュレーション
そして、腰椎の矯正、胸椎の矯正、
あとはLFをかけで占めて40分で終了です

一日に、かなりの重篤な、「ぎっくり腰と」
「ヘルニア」
がきました

一人は辛い食べ物が大好き、、毎日、缶コーヒー三本、という人で、内臓の炎症のために
腹部が熱く、「発熱」 していました、アレルギーテストでは、
香辛料

カフェイン

の反応があり、毎日の食事の内容を聞くと、必ず「辛いもの」 を食べないと
食事をした気にならないそうです

患者、曰く、、、、

「すいません、此処へ来る前にも、辛みそラーメンをたべてきました、、、、」

「私は、一言、大腸ガン で死むよ!」

患者曰く、、、、、、

「死にたく有りません、まだ子供も小さいし、、、、助けてください」
「、、、、、、」
明けましてお目でとうございます。 「日本カイロプラクティックセンター厚木」

毎年、一日は、初もぐりで、海に行くのです、まあ、一種のお清めですな。

昔は、といってもダイビング゛゛ライセンスを取るまでの三年前までは、海パン一丁の本当の素もぐりで、伊豆へいっていました
寒いですよ〜,水温が13〜15度くらいですからね、いきなり水に入ると、手足や頭、首などで冷却された冷たくなった血液が、心臓に届いた瞬間、心筋は、一発で停止します
いわゆる心臓麻痺ですな、

そのために、近くの岩などに開いている、水溜りに身体を浸して、血液を冷やします
、体中が寒さのためにぶるぶると振るえだしたらGO!です
静かに水に滑り込んで海中に潜っていきます、それはそれは、冬の海ほどきれいなものは無いですよ!別世界です!

最初の5分は寒くて、体中が痛いのですが、次の5分は、寒さを感じなくなります、そして、次の5分は、手足と身体が、痺れ始めます、これがリミットです
筋肉が冷却のために凍結して、冷凍さんま状態になって、後は、お陀仏です

ですから、たった、15分の素もぐりですが、一年の疲れを癒し、新しいエネルギーを
「海」から貰いにいくのです。

生命の満ち溢れる大自然の大いなる「ギフト」です

皆さんも、真冬の海の素晴らしさを、ぜひ、経験してみてください・・なんていったら
何人死人がでるか分からないので、止めておきましょうね、あはははは・・・

今年は、バディの三武先生とIOPに行ってきました
水温15度で、やや、暖かいです

こうして今年の第一日めは、無事おわりました

そして、第二日目、

例年通り、ギックリ腰です
これは、食あたりの左腸腰筋の反射拘縮による、ごく、一般的なギックリ腰なので
固まったS字結腸を解いて、下降結腸とS字結腸を支配する第五腰椎を矯正、排便が出来るようにしてやり、左腸骨の可動性を回復させて、30分ほどで終了、
やや、左の腰に少し痛みが残るものの、これは毒性のある便が出れば痛みは消えます、と説明して終了
明日も来ていいですか?と聞いてきましたが、明日には、治っているから心配ないですよと言って置きました、痛みが残っていたら電話を下さいと伝えておきました。
やはり、排便が上手くいったらしく、次の日には電話はありませんでした。

こうして、第二日目は、終りました

大概、毎年、二日の日には、2〜3人のギックリ腰が、来るのですが、今年は、一人だけの急患ですみました。
ところで、総合病院では、急性の胃腸炎と風邪の合併症で、吐き戻しと発熱で救急が多く、大変な混雑でした

仲の良い、内科医と話をしたところ、この、状態は去年後半から、始まったそうです
vs@e
吐き戻しと、水様便の下痢、そして、
小腸が腸間膜根で固まり、蠕動不良、下痢と便秘の繰り返し、全体的に消化器の不調が多いそうです、体力の無い若年者や、お年よりは、かなり深刻な症状になるそうです

今日、来た、葬式屋の話では、去年からお年寄りの葬式が異状に増えたといっていました
これから、さらに本格的な寒波が着ます、暖かくしてください

明日は、七草明けです、職人さんたちが、8日から仕事初めになります
今年も、良い年で ありますよううに・・・
「日本カイロプラクティックセンター厚木」

年末は、30日で、終わりだったのですが、31日に片付けをしていたら、
「うちの主人が、おかしいんです、変なんです!」
という電話が入りました、

まあ、とにかく、落ち着いて、どんな風におかしいんですか?

と、聞くと、なんて事は無い、例年通りの、大掃除した後のギックリ腰とギックリ首です
疲れが首にまで来てしまったので、身体が動かなくなってしまったのです
これは、生理限界まで疲労すると、関節や筋肉、あるいは、内臓の損傷を防ぐために起きる
「自動停止反射」
なのです
首と、腰を同時に痛めたので、本人はびくりとも動くと、体中に激痛が走ってさらに動けなくなってしまうのです

人間の身体は、上手く設計されていて、強い負荷が掛かると、それ以上、壊れないように
頚髄反射や腰髄反射によって、いわゆるギックリ腰の状態になります
これがひどくなると、このご主人みたいに、身体が、ピクリとも動けなくなってしまうのです

私も、26歳のときに始めてのギックリ腰をやった時は、自分の身体に何が起こったのかわかりませんでした
仕事中だったので、会社の同僚や、上司が助けに来てくれるのですが、ちょっとでも腕や足とか身体をうごかすと、すさまじい激痛が、起きるのですが、いったい何処が痛いのかさえ、分からないのです、
救急者を呼ぼうという話になったのですが、とにかく、触らないでくれ・・・
動かさないでくれ・・・
といって、少しじっとしていれば、治るから心配ないよと、皆に言って、九の字になって
じっと痛みが引くまで、仕事現場に寝ていたのですが
結局、四つんばいで動けるようになるまで、朝から、夜の七時までかかりました
「魔女の一撃」
とは、上手いことを言ったものです
地獄から来た、人間の首を刈るあの、長い首刈り鎌で、腰を「ぐさりっ」とやられた感じです

このご主人も、大掃除の疲れが、終ってから、一気に出て、気が緩んだ瞬間に身体が動かなくなったようで、買い物から帰ってきた、奥さんが、話しかけても、「ううっ・・」
としか返事をせず、立ち上がれもしなくなってしまったので、
という訳で、普段、奥さんが月に一、二回通っている、当院に電話をしてきたわけです
何しろ31日ですから病院は何処もやっていません

動けないご主人を無理やり車に押し込んで、当院に到着!、めでたし、めでたし・・・
40分ほどで、身体をほどいて、ずれた骨格を矯正して、終了

はい、立ってください、というと、恐る恐る、手を治療テーブルに着きながら立ち上がると

「あれ?」
痛くない・・・
ふしぎだ・・・

そこへご主人を預けたまま買い物に行っていた奥さんが到着
「あんた、大丈夫?」

「ああ・・なんか、大丈夫みたい、もう何処も痛くないよ」
といって、
年末のギックリ腰は、一件落着。