冷蔵庫の迷信(都市伝説)

冷蔵庫に入れれば、なんでも長く持つ? 

でも冷蔵庫内で増える菌もあるのです

◎冷蔵庫内で食中毒細菌はどれくらい速く増殖するか?

冷蔵庫の中でも繁殖する食中毒細菌がいることはご存知ですか? 
それらがどれくらいのペースで増えて人に危害を加えるか、書いてあるブログ見つけました、参考にすると良いです。


Contents
冷温環境で増殖する食中毒細菌とは?(冷蔵庫のなかで・・)
典型的には、以下の3つです。
• ボツリヌス菌
• リステリア・モノサイトゲネス
• エルシニア・エンテロコリチカ


菌の中には  嫌気性と 好気性  があります。

以下 嫌気性の菌種酸素で死ぬ菌
嫌気性とは=酸素がああると死んでしまう菌のことです
好気性とは=酸素下で生きる菌です

ボツリヌス菌
ボツリヌス菌は低酸素環境でのみ活動できる偏性嫌気性細菌です。真空パックや瓶詰めなどが、ボツリヌス菌の家庭における典型的な繁殖環境です。

食中毒を起こす細菌・寄生虫・ウイルス23種情報まとめ
細菌
芽胞形成菌
通性嫌気性
偏性嫌気性
非芽胞形成菌
通性嫌気性
微好気性
ウイルス
寄生虫


「とりあえず加熱すれば安全」「冷蔵庫に入れれば...」「冷凍すれば...」と思っている人が多くいま多く




でもそれは間違いです




実は、冷蔵庫の中とは最も、細菌の繁殖に合っている環境なのです。

冷凍下で死ぬ菌は=マイナス50度以下が 必要なのです。

一般家庭の冷蔵庫は、プラス2度です

冷凍庫はマイナス20度までしかありません。

業者の 冷凍食品の倉庫は マイナス  40度以下になります。
  ちょっと古い話ですが・・・・テレビから「牛乳」のコマーシャルが消えた!!

皆さん、テレビから「牛乳」のコマーシャルが消えたのを知っていますか?

…アメリカでは保険の医療負担が多くなり過ぎて、国家予算をおびやかして居る事から原因を調査したところ、
三大成人病の原因が医療費補助のトップである事を突き止め、その三大成人病の原因が『牛乳』
であることが分かり、
「牛乳は最も栄養の有る完全食品である」というコマーシャルは人々の健康を脅かす不当な宣伝であるとして、
◎米連邦取引委員会はテレビなどの「コマーシャルを法律で禁止」したのです。


さらにアメリカの各州でも学校の給食を段々と中止が広がって来ています
●(WHOの指示で日本でも牛乳のコマーシャルは禁止になっています)

牛乳とは「牛」巨大タンパク質が人間の身体に入ると

抗原抗体反応を引き起こして、あらゆる疾患の原因となることがWHOの研究で明白になりました

皆さん、牛乳、が逆に体内のカルシウムやミネラルを奪って骨粗鬆症を引き起こす原因となる事を知っていますか?!
=世界で一番骨粗鬆症の多い国はなんと、乳牛大国の欧米諸国なのです


事の始まりは、イラン、イラク戦争に発端します
あの戦争で「アメリカ」は第二次大戦以降に備蓄していた古い装備や弾薬を、全て実験目的と消費の為に大量に使用したのは周知の事実です

毒ガス兵器や、新型のクラスター爆弾から劣化ウラン弾まで使用しました(テレビが癌の赤ちゃんを映していたのを覚えている人も居ると思います)あの戦争で使用した濃縮ウランは世界中の空から全世界に毎日降り注いでいます

あの戦争は, NATO国連軍の名目で他国の戦争に「アメリカ」が勝手に介入し始めたものです

目的は、多すぎる旧式の備蓄弾薬の消費と、新型兵器の生産増量です=戦争が無くなると「軍隊」の存在意義」が失われ、兵器産業が衰え、国家の威信が無くなり、他国の侵略に怯えなければなりません

戦争が終了してから
当時のアメリカの大統領=超タカ派のブッシュが時期軍備予算を議会に請求したところ

保険の医療負担が多くなり過ぎて、国家予算をおびやかして居る為に
次期「軍事予算」が出ないと、断られたのです

ブッシュ大統領は怒って、その原因調査を命じました。

国庫負担が多すぎる、三大成人病の原因が「医療費補助」である事を突き止め、
その三大成人病の原因が『牛乳』
であることがアメリカ厚生省調査の結果判明し、WHOも独自の人体実験で確認しています
その結果「牛乳は最も栄養の有る完全食品である」というコマーシャルは禁止されるに至ったのです。

日本では、終戦後、マッカーサーは、敗戦国に粉ミルクを「もっとも栄養のある食品」というキャッチフレーズで厚生省を巻き込み、国民全体をだましていました
宣伝カー、ビラ、ラジオ放送などあらゆるメディアを使用

「牛乳にはタンパク質とカルシウムが多くある」という迷信は、戦後の占領国宣撫に用いられた、ねつ造されたものであるのが真実なのです

・テレビから「牛乳」のコマーシャルが消えた!!

2014/7 の新聞記事から 





当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、正しい骨格に矯正し、圧迫されている脊髄神経を開放し、症状を改善します    
体幹軸と、足から頭まで全身の矯正をします。  ●当院は必要のある「ずれた」椎骨のみの限定した正確な矯正です。
TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。      
 



冷蔵庫の迷信(都市伝説)

冷蔵庫に入れれば、なんでも長く持つ? 

でも冷蔵庫内で増える菌もあるのです

◎冷蔵庫内で食中毒細菌はどれくらい速く増殖するか?

冷蔵庫の中でも繁殖する食中毒細菌がいることはご存知ですか? 
それらがどれくらいのペースで増えて人に危害を加えるか、書いてあるブログ見つけました、参考にすると良いです。


Contents
冷温環境で増殖する食中毒細菌とは?(冷蔵庫のなかで・・)
典型的には、以下の3つです。
• ボツリヌス菌
• リステリア・モノサイトゲネス
• エルシニア・エンテロコリチカ


菌の中には  嫌気性 好気性  があります。

以下 嫌気性の菌種酸素で死ぬ菌
嫌気性とは=酸素がああると死んでしまう菌のことです
好気性とは=酸素下で生きる菌です

ボツリヌス菌
ボツリヌス菌は低酸素環境でのみ活動できる偏性嫌気性細菌です。真空パックや瓶詰めなどが、ボツリヌス菌の家庭における典型的な繁殖環境です

食中毒を起こす細菌・寄生虫・ウイルス23種情報まとめ
細菌
芽胞形成菌
通性嫌気性
偏性嫌気性
非芽胞形成菌
通性嫌気性
微好気性
ウイルス
寄生虫



「とりあえず加熱すれば安全」「冷蔵庫に入れれば...」「冷凍すれば...」と思っている人が多くいま多く
でもそれは間違いです。




実は、冷蔵庫の中が最も、細菌の繁殖に合っている環境なのです



食中毒について


細菌
芽胞形成菌とは?
通性嫌気性とは?
通性嫌気性菌: 酸素あってもなくても増殖できる細菌たちのこと。
セレウス菌 – 土壌細菌。肉・野菜・牛乳・魚・米などに存在。
偏性嫌気性

偏性嫌気性菌: 増殖にあたって酸素を必要としない細菌で、大気濃度の酸素に暴露することで死滅するもの。

ただし、芽胞を形成(クルミの空のような硬い保護膜のこと))するものは、芽胞によって自身を守り、酸素下でも死滅しない。


ウェルシュ菌 – 動物の腸管、土壌、水中に存在。食肉に多い。
ボツリヌス菌 – 土壌に広く分布。
非芽胞形成菌
通性嫌気性
サルモネラ – 動物の腸管、自然界に広く分布。
リステリア・モノサイトゲネス – 自然界に広く分布。
黄色ブドウ球菌 – ヒトの皮膚、ヒトの周辺環境に広く分布。
腸管出血性大腸菌 – 動物の腸管に存在。
腸炎ビブリオ – 海水中に存在
エルシニア・エンテロコリチカ – 動物の腸管に存在し、冷蔵環境で繁殖可能。
微好気性
微好気性菌: 生存に酸素は必要なものの、大気濃度より低い3~15%の酸素下で増殖するもの。
カンピロバクター – 動物の腸管に存在。鶏以外にも牛・豚も保菌。
ウイルス
ノロウイルス – 牡蠣、アサリなどの二枚貝の内臓に蓄積される。
E型肝炎ウイルス(追加の詳細情報→HEV詳細データ) – シカ・イノシシ・クマなどのジビエの内臓や筋肉に存在。豚も感染源として疑われる。

寄生虫
アニサキス – 鮮魚の内臓や筋肉に存在。
条虫 – 主に豚や牛の筋肉に存在。
日本海裂頭条虫、有鉤条虫、無鉤条虫、アジア条虫、マンソン裂頭条虫


食中毒とは

ヒト回虫 – 汚染された土壌で育った野菜に付着。=要は、野菜について居る寄生虫です。
トキソプラズマ – 哺乳類の筋肉、猫の糞便に存在。
旋毛虫(トリヒナ) – 肉食・雑食の動物の筋肉・小腸に存在。
住肉胞子虫(サルコシスティス) – 牛肉・豚肉の筋肉中に存在。
ブタ回虫(/犬回虫/猫回虫) – ブタの内臓・牛や鳥の筋肉部に存在。
セレウス菌
• ウェルシュ菌
• ボツリヌス菌
• サルモネラ
• リステリア・モノサイトゲネス
• 黄色ブドウ球菌
• 腸管出血性大腸菌
• エルシニア・エンテロコリチカ
• カンピロバクター



食中毒とは
定義


ヒトに感染する細菌・ウイルス、または毒性のある物質を、食品経由で摂取することで発症する
腰痛、腹痛・下痢・嘔吐・発熱などの疾病を、食中毒と呼びます

“毒性のある物質”には、有害な化学物質(ダイオキシン・放射性物質など)も含まれますが、ここでは後述するように、細菌やウイルス、寄生虫由来の食中毒のみを扱います。

腐敗と食中毒の違い

しばしば混同される腐敗と食中毒ですが、これら2つは全く異なる現象です。

簡単に言えば、腐敗とは、微生物の働きによって、食品の味・香り・食感・見た目が不快な方向に変化して人の身体を病気にする
この変化が不快でなく、人間にとって好ましい変化であれば(たとえば、牛乳からチーズができるなど)、それは腐敗ではなく発酵と呼ばれます。腐敗・発酵という呼び名は、微生物の働きによる食品の変化を人間が歓迎するか・しないかによって決まります。


毒性の菌が繁殖することをと呼びます  
「感染型」「毒素型」「寄生虫型」の3タイプ

毒性の少ない菌の場合は=発酵と呼ぶ  微生物などによる発酵=味噌など。人を病気にはさせないことを発酵と呼びます
 
注意乳酸菌は「発酵ではなく「腐敗です」
ご飯が腐ると、色が変わり、匂いが、腐った匂いになります、そして、しばらくすると,「糸」が引きます。さらに進むと、耐えられ茄子くらい臭くなります。

発酵食品を食べても下痢・嘔吐などに繋がらないのと同様に、腐敗した食品を食べても(おそらく美味しくはないが)身体には問題を起こすとは限りません。
他方で、食中毒の場合は、腐敗・発酵の場合と違って不快な身体症状に繋がり、下手をすると死にます

また、多くの場合、細菌やウイルスが原因で食品の見た目・味・香りが変わることはありません。(食中毒の危険を見た目や香りから判断することは一般的には困難です。)このように腐敗と食中毒も、小さな生き物たちの仕業という点では同じですが、食品や人間に及ぼす影響は全く異なります。

発酵と、腐敗は全く違うことがお分かりかと思います。

味噌は 発酵です
乳酸菌は 腐敗です。

ヨーグルトは「「ミルクが=牛乳の腐ったものです。」


ちなみに 「コロナ菌」も嫌気性です  第一派のときに、世界中の病院が 「酸素が足らない」と言っていたのをおぼえていますか?
コロナに罹患すると「肺炎」の症状になりますが、酸素暴露をすると。助かるのです。






当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正し、圧迫されているを神経を開放し、症状を改善します    足から頭まで全身の矯正をします。

TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診    火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。


10/25  

今日の朝の富士山です。
あっという間に、夏が終わりましたね、

秋が短くて

今朝の富士山は,夕べのうちに、真っ白になっていました。

null

null

凄いですね
もう 冬ですよ!!!

06/25に来られた患者さんのお話し・・の続き

名前は出せませんが、近くの大きな病院の内科医でした。

症状は
首コリ=左右が向けない
肩こり=数十年もの
肩の痛み=肩が痛くて腕が上がらない。
腰痛=これも長い=椎間板はかなり潰れていると「整形外科」に言われています。
膝痛=長くあるけない、歩くと痛い。
正座ができない
足首が痛い=高校時代から部活で相当痛めたようです。
右の股関節が開かない
右肩が上がっている。


と、たっぷりと、症状をもってきました。
自分の病院の整形外科でMRI、レントゲン、理学療法と色々やったが全くよくならないので、当院に来院となった次第です。



治療編です

まず首コリですが、
原因が二つあって、一つは、頚椎のサブラクセイションが二か所ありました。
そして上部胸椎にもサブラクセイションがあります=首の回旋は、首だけで行われるのでなく、背骨の上の部分上部胸椎が回旋の主役になります。

そして、両法の鎖骨関節=胸鎖関節と肩鎖関節の両方が脱臼して、固まっています。




頚椎の解剖学
頚椎は、7個の椎骨があり、それぞれの神経系を担っています。

第一頚椎=小後頭神経が出ています=この神経は 小後頭筋という、第一頚椎と頭蓋骨を大後頭孔と接合しています・・・小後頭神経によって、頚椎と頭蓋骨をつないでいる大切な部分です。
この部分が「ズレ」ると、頭痛やめまいが起きます、そして、身体中の生命システムに狂いが発生して、病院では理解できない「原因不明の難病」が発生します。

第二頚椎=この頚椎から出ている「大後頭神経」はかなり厄介な、症状が、発生します。
   いわゆる「肩こり」とは、この==僧帽筋の過緊張が原因となります。
僧帽筋は肩の筋肉です、なだらかな両肩のアーチを作っているのは、骨ではなく、この僧帽筋なのです。

両腕は鎖骨とこの僧帽筋によって、首から、ぶら下がるように着いて居るのです。
そして、この僧帽筋は「第二頚椎から出ている大後頭神経」が支配しています。
肩こりの原因の一つには、この「第二頚椎」のズレが原因で、起きるものが非常に多くあります。

僧帽筋のテストは=仰臥位で、片方の肩を下方に押してみると、片方の筋力が低下しているのが分かります。
左に、押して弱い場合は==第二頚椎が左後方側に「サブラクセイション」を起こしていることが判明します。

この場合は=左に左後方にズレいる第二頚椎を「ボキり」とやればその場で直ちに、肩こりが消失して、僧帽筋の弱化も改善します、固く凝ってっ固まっていた、僧帽筋が一瞬で柔らかくなります。

ズレていた首の椎骨神経からの過剰な神経インパルスによつて、「筋拘縮」が発生するわけです。

頭痛と肩こりは これだけで、一瞬で解放されます。
つまり、「僧帽筋」を支配している、第二後頭神経を開放するわけです。

まるで「魔法」のように一瞬で、症状は消失するのです。

これがカイロプラクテイックなのです。

ズレている骨を直す=これを「アジャストメント」と呼びます=日本語の直訳では=「調整」という 意味になります。

脱臼をはめるのは 一般的には「リロケイション=配置転換の意味」といいます。脱臼整復術と言います。
脱臼とは完全に関節窩から骨頭が逸脱していることを言います
脱臼整復術の完全な英語の訳では dislocation Restoration と言います


「サブラクセイション」とは=日本語では、「亜脱臼」と直訳されます。

第二頚椎は、他にも、いろいろな、影響を起こします=足には27個の骨が集合して「足趾」を形成しています。
この足の骨の中に「立方骨」という骨があります。

例えば左の第二頚椎の横突起を前方へずらしてやると、同時に、左足の、「立方骨」がズレるのです。
立方骨がズレると、人間は真っ直ぐに立っていることができなくなります。




当院は、マッサージはしません、骨格をディバーシファシドtechniqueで、矯正し、圧迫されているを神経を開放し、症状を改善します
TEL046-229-3770
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
日、月、木、休診   
 火、水、金、土、営業です  (祭日の場合は営業しています)  料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。
12:00から20時まで営業  必ず予約電話をお願いします。