今日の患者
背中の左肩甲骨の下の脇=菱形筋の部分がとても痛いそうです

ちょっと動くだけで「うー っ」と呻いています

脊柱を触診すると、PC作業をする人、特有の、歪んだ脊椎で、生理湾曲が失われて、上部胸椎のP=(猫背)になっています

しかもひどく固まっています

そして腰椎もひどい後彎=Pになっています

P=ラテン語ですPOSTELIOR後方の意味です カイロプラクティックは世界共通のラテン語と英語を使用します

後ろ無向きに治療テーブルに座ってもらい 肩甲骨の可動性同棲をチェックすると左の肩甲骨は全く動きません

右の肩甲骨もかなり,硬くなっていますが、多少は動きます

鎖骨の可動性をチェックすると、左は少しだけ動きますが
右側の鎖骨と肩甲骨は全く可動性がありません


鎖骨は肩甲骨の回転軸の機能を持ちます=ことですから「鎖骨」を動かすことが肩甲骨を動かす条件になります
「肩甲骨」が体幹上で自由に動くことによって「腕」が動かせるという条件になります=なので「鎖骨」が動かなくなると「肩甲骨」は動かなくなります、すると、「腕」は動きにくく、挙げにくくなります


そして

「痛み」が発生します




これだけ固まっていれば痛いはずです(納得・・・)

まず
右側の肩鎖関節の矯正をします=この矯正は「鎖骨」の動きを改善する矯正法方です
するとやや、十分ではないか゛肩甲骨は動き出しました

左側も矯正します

左肩甲骨は一回の矯正で、綺麗に動きだしました

右側は、まだ動きが不十分なので
もう一回、鎖骨の矯正をします

動きました。

そして脊椎の矯正
骨盤の矯正
足の矯正


あとはLFをかけて疲労の除去
以上で治療は終了です

全ての動きは正常になり

神経系の働きも改善され

痛みはなくなり

積み重なった疲労は解除されて

全ての可動性を取り戻しました

以上で
カイロプラクティックによる治療は終了です




「ここで、ちょっと解剖学・・」

まず「腕」ですが、

「腕」は「肩甲骨」に止まっています=というか、「靭帯」によって関節して付いて居ます
つまり「腕」と肩甲骨はセットになっています

「肩甲骨」は「鎖骨」によって胸の前にある「胸骨」に関節しています
その「鎖骨」は、肩甲骨の関節突起に関節しています

つまり
「胸骨  鎖骨  肩甲骨   「腕」
という具合に関節構造なっています


●肩甲骨と腕、鎖骨はただ、一か所=胸鎖関節だけで「体幹」に付いて居るのです

ですから「腕」の疲れや負担はすべて「肩鎖関節」の一か所に集中します

「肩鎖関節」には「上部僧帽筋」「大胸筋」「三角筋」「頚筋群=首の筋肉のすべて」などが作動筋としてついて居ます。
腕が疲れると、その疲労は「首と肩」に来ます「鎖骨下筋」「広背筋」菱形筋」「小胸筋」「棘上筋」「棘下筋」などの「肩」に付着するすべての筋肉に疲労をもたらします

「胸骨」と「鎖骨」は主に「大胸筋」の疲労硬縮によって可動性が失われます

「鎖骨」が大胸筋、鎖骨下筋、僧帽筋、などが疲れて「固まって」しまうと
これらの筋肉によって

「鎖骨と肩甲骨」

可動性が制限され、失われます=この時点では腕の挙上障害 つまり「五十肩」といえます

「鎖骨」は胸鎖関節と肩鎖関節でつながれています「腕と指」は野菜を切ったり、字を書いたりする道具としていわば「先端器具」にとして機能します

つまり
指が最初に疲れます
「指」を動かす筋肉は「前腕」の中にあります。「前腕」の上が「上椀」です。

そして

「上腕」の上に「肩甲骨」があります

これが

「指」 「前腕」  「上腕」  「肩甲骨」  「体幹=肩の筋肉」  「背中の筋肉」されらに  
「腰と骨盤の筋肉」そして   「足の筋肉」

と、

つながって「連動して」います

「指」を動かすのに最初に必要なのは 「体幹「を支えるための 土台となる「脚の筋肉」なのです

最初に指の疲れがあり。 
その指を動かす「前腕」の筋肉が疲れて固まると、
「上腕」「肩」「肩甲骨」などが次第に疲労によって固まって動きにくくなっていきます



通常は

極端な「重量物」の取り扱いとか
激しい筋トレ、などをしない限り、

これらの筋が 
指や首、肩、腕の

「作動不良」

を起こすほど「固く」なるほど疲れることはありません=なぜならば故障を起こすことの無いように
「指」を
過剰に動かして故障を犯すという、危険を回避する 大脳と脊髄神経系の中に存在する「安全装置」が作動するからです

「指」がしびれたり
動きが悪くなったりするのは=この 「ソフトウェア」 の働きなのです



何故?

普段そんなに使わない筋肉が、腕、首、鎖骨や肩甲骨が動かなくなるまで固くなるのか?

この原因は

まず、第一に
PC作業などの 限度を超えた「指」の使い過ぎです・・・・・・  あなたの限度を超えた、働きによって
=儲かるのは「会社」そして「故障して傷む」のは「あなた」です




★昔の格言に「ただで働くバカは居ない」というのがあります、

お金「報酬」にならなくて身体が壊れるほど、働くのですから、「ブラック企業」は「あなた自身」ではないですか?

 大変、失礼ですが=私に言わせれば=ただの「バカ」ですね




さて その続き
そして、その作業をするときの「姿勢の悪さ」です

この「姿勢の悪さ」が決定的に「骨格」と「筋肉」「骨格が歪むと血管やリンパなどの脈管系と神経系」にダメージを与えます

そして第二に
ストレスです

人間は非常に「ストレス」に弱い生き物です
 
それは

動物も「ストレス」には大変に強い反応を起こします=ペットを飼っている人は良く知っているはずです

大脳皮質が発達した「人間」はもっと反応が激しくなります

しかも

「故障を防ぐための、「安全装置=生命維持装置」を無視してまで体を酷使するのは、
はた目から(会社から)「よく見えてほしい」という「欲目」


いきなり解雇されないようにするための  ある種の「自己弁護」ではないでしょうか?


昔は会社に「終身雇用」の「義務」が立法化されて60才まで働く人を守る義務がありましたが今では「法律」が変わり、

三か月分の賃金を払えば、理由が無くても、会社都合だけで即刻「解雇」する権利が立法化されています




「私がやらないと仕事が終わらない」
と  こういった患者さんは、よく言います

もし
三人分の仕事をこなす有能なあなたがその会社を「辞めたら」

会社はほかの人を必要なだけ四人でも五人でも人員を「雇用」して穴埋めします



必要なのは
解剖学より

精神医学だと思います。

今回は、ちょっと、きつめの  ブログでしたね。

病院で治らない症状や難病は当院にご相談ください

小田急線「本厚木 南口」を出て左へ曲がって徒歩1分
東名=「厚木出口」下車3分  

当院専用の駐車場はございません
駅前なので=コインパークがたくさん御座います  駐車はお近くの「コインパーク」をご利用ください

日本カイロプラクティックセンター厚木  火、水、  金、土=営業しています、祭日も営業しています
TEL 046-229-3770 12:00~20:00まで営業 日、月,木、定休です
背部痛の原因として考えられるものです


背部痛の原因はいろいろな要因があります



まず原因に覚えの無い背部痛は病院での検査をするのが一番に必要です

また、疲れなどで背中の筋肉が凝ったりしても背中は痛みます
心臓,膵臓、胆石、尿結石などの内臓が痛むと反射痛として『背部痛』が起こります。


激しい運動や農作業などの肉体を使う作業をして背中や腰が痛むのは筋肉の疲労によるもので心配ないとは思いますが、それ以外で急激に背部痛が起こるのは要注意です

背部痛の症状

背部痛の症状としては
背中や肋骨などが痛み出すもの、
背中とみぞおち周辺が痛み出すもの
背中と胸が痛むもの
など
背中と併せて肋骨であったり、みぞおちやあるいは胸などが痛む場合は、内臓の反射痛として背部痛痛が起きます。


背部痛と病気
背中が痛む場合の病気で深刻なものは

肋間神経痛
急性胸膜炎あるいは
狭心症、
心筋梗塞などもあります。

<
食後に背部痛か起きる病気

食後の背部痛で考えられる病気としては
胆石、
十二
指腸潰瘍、
膵炎などがあります。

もし、膵炎の場合は、穿孔による、急性死亡の可能性大なので救急の必要があります、
すい臓の病気は。痛みの程度、吐き気があったり黄疸などが出ているなどいろいろな症状が起きます


b>すい臓がんと背部痛
すい臓がんになると激しい背中の痛みがあります


背部痛と胃痛を伴う病気

背部痛と胃痛との関係は「反射痛」として有名です。

胃炎、胃潰瘍をはじめとして胃を悪くすると背部痛や肩こりが良く起きます。

胃潰瘍の場合は背部痛や腰痛もありますが急激なものではなく、慢性的な痛みになるのが特徴です。

慢性的なものとしては食欲が無い、体重減少もあります。
飲酒やストレスでの胃潰瘍の可能性もあります=これらの場合は消化器内科胃カメラで簡単に診断が可能です

背部痛と腰痛を伴う代表的な病気

半端ではない、急激な背部痛が起きた場合とか
または腰痛を同時に伴う病気には、代表的なもので

尿管結石
急性腎盂腎炎、
遊走腎、
水尿管症
急性胃炎による穿孔で起きることもあります

血尿や頻尿残尿感があってなおかつ「発熱」があるようでしたら急性腎盂腎炎、または腎炎の疑いがあります

また、同時に急性のストレス性胃炎も考えられます
急性のストレス性胃炎の場合は、穿孔の可能性もあるので、病院での検査が救急で必要です

腐敗している食事や菌感染している食べものでも急性胃炎が起きます
=この場合も『背部痛』腰痛が起きます=誰もお金を出して、腐っているものを食べる人は居ませんが、最近は保存料などの科学物質の発達があって、腐敗しているかの判断が難しくなっています


同時に下腹部の痛みがあったり
もし、血尿か、尿の色が変わる、などの症状がある場合には
尿管結石、腎結石や水尿管症なども可能性があります。

女性の場合=腎盂腎炎は「冷える職場」で働いている人に起きやすいですが
さらに、おしっこを我慢していると、膀胱にたまった尿が尿管を逆流してなりやすくなります。


もし、病院で病気の診断が無い 背部痛の場合は「カイロプラクティック」による施術で 痛みは軽減、または、回復が速やかに起きますので、当院へお越しください

背部痛は得意先分野です



●日本カイロプラクティックセンター厚木
046-229-3770 火、水,金、土=12:00~21:00まで営業です


徒歩の場合は小田急線「本厚木下車」東口徒歩2分です 
車の場合は、東名=厚木出口、を出て 本厚木駅東口前です
●周りにたくさんのコインパークがありますので、そちらをご利用ください。
背中の痛い女性のお話

背中というよりも、肩甲骨の痛みわ訴える人のお話です
「棘下筋」を支配しているのは
頸椎のC−5=肩甲背神経です

触診では第五頸椎の「ズレ=サブラクセーション」が検出されました

カイロプラクティック特有の「限局した椎骨の矯正」=アジャストメントを施します

頸椎のアジャストメントで「ズレ」た頸椎をもとの正常な位置に戻す事によって、頸椎のC−5=肩甲背神経の圧迫が無くなったので、即座に、肩甲骨の下の棘下筋の痛みは消失します


頸椎の図です

肩甲骨の痛みが消えると
その痛みに消されていた、「次の痛み」が出てきます

それは=右の背中背筋の痛みです

痛みというのは、構造医学的に、身体の対角線上、又は体の反対側に原因が有るものです

右側の脊柱起立筋の過緊張による痛みの原因は、反対側の消化器S字結腸の炎症によったもたらされる、「反射痛」です

従っても施療箇所は、「痛み」のある背中では無く
対角線上のさらに反対側の消化器=S字結腸=ということになります


消化器の図です=左側の最終部位かS字結腸です

S字結腸は「第五腰神経」の神経支配ですから、内臓を炎症などの緊張から解きほぐすのには
第五腰神経を正常に戻す必要が有る訳です

食べ物が体質に合わないものや、アレルギー食品の摂取などで、身体に具体的な症状が出てきます

そのために、左のお腹が過緊張の状態になり、さらに発熱などの症状が有るときには、神経支配下のS字結腸の炎症と過緊張を解除するのに、まず、第五腰椎の矯正をし無ければなりません、

パンパンに張っている下腹部は、この矯正によって、アッという間に柔らかくなります、

それから直に、S字結腸を腸骨の腹膜から剥がして、骨盤との癒着を取り去ります

こうすると、動かなかった左腸骨は可動性を回復して、自由になり、体重を支える事が出来るようになりので「右側の背中の痛み」は消失するのです。

これが、「神経学」と「構造医学」を基本とする「カイロプラクティック」なのです


●日本カイロプラクティックセンター厚木
046-229-3770 火、水,金、土=12:00~21:00まで営業です

徒歩の場合は小田急線「本厚木下車」東口徒歩2分です 
車の場合は、東名=厚木出口、を出て 本厚木駅東口前です
●周りにたくさんのコインパークがありますので、そちらをご利用ください。