酷い腰痛の方が゛来院されました
症状は=左足のしびれと痛み、腰全体の痛み、特に左腰のあたりが痛い
という症状です

整形外科では椎間板の変性は無く、ヘルニアではないと言われ、痛み止めの処方だけだったそうです
しかし
日ごとに痛みがひどくなり、腰が痛くて、朝 起きるのも大変になってしまったそうです

知人の紹介で、当院に来院されました

まず最初は 視診をします
・体幹の偏り、不自然なかばい歩き、捻じれた骨盤、傾いた首、=あらゆるところに、「軸の崩れ」が見られます

問診です
・特に 思い当たる、ことは無い と言います

次に整形外科検査と可動性テスト
神経学テストです
神経的な問題は「筋力」の低下となって、現れます
両腕の挙上テスト=完全な挙上は180度です
大腿四頭筋の筋力テスト 臥位で足を挙げてもらい、45度にひざ下を曲げます=この状態で、すねを下へ押していきます、大腿四頭筋は大変に筋力の強い筋肉です、ちょっと押したくらいでは
びくともしないのが普通なのですが、第四腰椎に「ズレ=サブラクセイション」があると大腿神経に異常が発生するために、筋力が低下します、すねが下へ下がらなければ、正常です

・骨盤の可動性テストは=臥位腸骨のASIS部を押すと、問題のある側の腸骨の可動性が低下します=左側が全く動かない
これはlL5のサブラクセイションと腸骨筋の硬縮を意味します

・大腰筋テスト=消化器の問題があると、S字結腸が固まり、その真下にある体幹筋である大腰筋が固まってしまいます
・これは左のS字結腸の炎症が原因です。

これは
・食物アレルギーでよくみられる症状です
大腸に問題があると、腰椎の周りの筋肉は固く硬縮を起こします、すると、反射痛によって、「腰の周り」の筋肉に内臓反射による、「腰痛」が発生します

後は
なんの食べ物で「腸管アレルギー」が発生するのかを特定する『TL』検査で調べます。

皆さん、スーパーで売っているものや食堂などの食材は、何でも食べてよいものだと、信じているようです。こういう方は、よく下痢や腰痛になります

お子さんに「アレルギー」があって,重体になった経験のあるお母さんなどは、食材に大変神経質になります、また
食物アレルギーの知識も大変に勉強されて知識があります。


その次の患者さんも「食物アレルギー」による、腰痛でした。

世の中にある食べ物は、何でも食べられる帆家ではないのです。
体質に合わないものは、食物アレルギーでお腹を壊しますので
ご注意ください・