立っていられない程の、ひどいめまいの人です

職業は「ダイビングインストラクター」という特殊な職業です。

めまいは、眩暈と書きます。

症状から、推察するに、メニエールなのですが、めまいは年に数回起きるというのです。

めまいはいろいろなパターンがありますが、
通常「めまい」とは「突発性」もありますが、普通「慢性」に起きるものです。

耳鳴りや難聴は別の問題になります。

年に数回の不定期性 の眩暈というものはあまり報告がありません。
こういった病理には、原因を見極めるための謎解きが必要になります。

アプライドキネシオロジーという、カイロプラクティックのTL神経反射検査で、症状の原因を特定していきます

めまいの種類

めまいの種類を大きく分けると、ぐるぐる回るように感じる“回転性めまい”と、ふわふわするタイプの“浮動性めまい”の2つがあります。
いずれにおいても吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

回転性めまいの特徴
自分がぐるぐる回るように感じるめまいです。縦(垂直)方向に回転しているように感じることもありますが、横(水平)方向の回転が大半を占めるといわれています。
回転というよりも単に片側に引っ張られるように感じる人もいます。回転性めまいは一定期間だけ続き、その後は完全に消えるのが一般的です。

眩暈の種類
浮動性めまいの特徴
ふわふわと浮いているように感じるめまいです。回転性めまいと同様、一定期間だけ続いた後完全に消える場合もありますが、いつの間にかめまいが生じてそれが何か月、何年も続く場合もあります。長く続く浮動性めまいは高齢者によくみられます。

めまいの種類別の主な原因
回転性めまいは耳の病気で起こることが多く、浮動性めまいは脳血管障害、低血圧や貧血などの全身症状、脳の病気、心因的なもの、薬剤の副作用などによって起こることが一般的とされています。

回転性めまいの原因
回転性めまいが起こる耳の病気には、主に以下のようなものがあります。
• 突発性難聴
• 良性発作性頭位めまい症
• メニエール病
• 前庭神経炎
• 内耳炎
耳の異常によって生じるめまいは、どのような原因であっても例外なく突如として回転性めまいが起こります

症状として、良性発作性頭位めまい症と前庭神経炎ではめまいだけ生じることが一般的で、突発性難聴やメニエール病、内耳炎では耳鳴りや難聴などを伴います。
腕の疲労や、全身性の疲労も「難聴」の原因になります。

浮動性めまいの原因
全身症状、心因性によるもの
脳梗塞や脳出血などの脳の循環障害、首こり、低血圧や低酸素血症、貧血、低血糖、特定のホルモン変化(甲状腺の病気、月経、妊娠と同様のもの)、やてんかんなど脳の病気などに伴って浮動性めまいが起こることがあります。また、パニック症、過換気症候群、不安、抑うつといった心因的なものから起こることもあるといわれています。高齢者においては、加齢に伴う視覚や前庭感覚などの機能低下によって二次的に生じる場合もあります。

頸椎の不正劣によってもめまいが発症します

薬剤の作用
一部の薬では副作用として浮動性めまいが生じることがあるほか、高血圧の方では降圧剤を多く服用してしまうことで血圧が異常に低くなり起こることもあります。いずれも医師の指示のもと服用するようにしましょう。
なお、めまいを引き起こす可能性のある薬にはさまざまなものがありますが、いずれにしても薬が原因であればその薬の投与量を減らしたり、ほかの薬に変更したりすると症状は治まります。


症状の説明
この患者の場合、テストの結果は
酸素不足という、特殊な条件下のみで「めまい」が発症することが分かりました。
アレルギー性鼻炎が主症状で、酸素供給の不足が検知されました
そして、もう一つ=大胸筋慢性の硬縮が見られます。=大胸筋が収縮すると、肺のある「胸郭」が押しつぶされます。イコール=心臓への圧迫と酸素供給不足が起きます。

肺の検査結果では=肺の酸素分圧は50%でした。
肺に機能不全はありません、したがって、ダイビングインストラクターという職業が、一つの原因になります。=常時大胸筋の過緊張があるため=呼吸器の圧迫がダイビングの疲れで発生する。
そして、「めまい」は。花粉症の時期=季節性という、二つの特徴が検査で判明しました。


従って、アレルギー性であり、副鼻腔炎による、低酸素血症で起きるというものとダイビングインストラクターという職業的な問題の二つの原因が判明しました。
そのために、低酸素状態という、条件が整ったときにだけ、この人は不定期性の「眩暈」が起きるという病理原因になります。


低酸素血症の原因
アトピー性皮膚炎  (アトピーは皮膚疾患ではなく、アレルギー性である)
アトピー性皮膚炎はLge抗体の異常体質の遺伝と低換気呼吸障害による低酸素血症が原因で末梢組織へのO2分圧の低下によって発症します
数年前、主に、牛乳が大きな原因という結果を世界に向けて、アメリカの政府の正式発表がありました。

低換気性呼吸不全となる呼吸器疾患
喘息
急性気管支炎
慢性気管支炎               呼吸器系疾患
気管支内腫瘍
肺炎
間質性気管支炎
肺結核                 肺胞、乾湿系疾患
肺気腫
肺水腫
肺動脈塞栓症              肺胞、間質系疾患
肺高血圧
自然気胸
胸膜炎                 胸腔疾患
肺ガン
縦隔疾患 酸欠症によるめまい、偏頭痛
胸壁疾患

巻き爪
撥指                  爪の不正のため、指先に加重できなくなる、立位不正になる
尖爪
皮膚の荒れ 
 
爪や皮膚等の末梢の組織に、十分なO2分圧が送られないと生育不全が起きる。=(巻き爪など)
大脳への酸素供給不足=低酸素による、小脳系不良=体幹軸:系の不正。=立位姿勢維持の低下症状の特長。

本所見を呈する疾病は多彩でありその背景には肺生理学と心臓機能の異常が存在する

肺気量の減少、末梢肺野の気腔の拡張、肺の弾性の変化、気道系の抵抗増大、呼吸仕事量の増大、肺内換気不均衡の増大、換気血流量の乱れ、肺高血圧状態、動脈血ガス分圧の異常、など多彩な呼吸生理学的因子の異常が発生する

1. 動脈血炭酸ガス分圧(Paco2)は40±5Torrの正常範囲にあるか正常値以下に低下している場合を低換気性呼吸不全?型と呼ぶ (マスクの使用などによる酸素分圧低下症)


2. Paco2が50Torr以上になっている場合を?型呼吸不全と呼ぶ
呼吸不全とは肺の機能が障害されて正常なガス交換が出来なくなった状態゛である頻度としては?型が多く、呼吸中枢、呼吸筋の麻痺、神経、筋疾患を除けば、多くの場合1の状態が持続して、2に移行する

低酸素血症性呼吸不全
肺胞には20,9%の濃度酸素(Fo2=0,209)が存在する、1気圧乾燥状態では760X0,209≒160Torrの分圧を持つ
この空気が肺内に吸入されると37 ℃で水蒸気が飽和されるため、吸入中の酸素分圧は
(760-47*)X0,209≒150Toorとなる この空気が正常な肺血流の分布がある肺胞に流入すると、肺胞毛細血管から出てきたCO2により希釈され100~110Toor平均105Toorの肺胞気酸素分圧になる、肺胞内に出たCo2も吸入気で希釈される結果、肺胞気Co2分圧(Paco2)は約40Torrとなる、健康若年成人の場合でも、
心臓の機能不全でも、体内全体へのO2分圧の不足が起きる。
心臓の機能不全は解剖学では4人に一人存在する。 =卵円孔開残、 動脈弁不良、 心筋炎など。


植物はH2Oと窒素を食料としてO2を排泄して育つ。 これによって地球環境が出来上がる。
地球状の酸素は、全て、植物が産生している。
植物以外の生物は、動物などは全てO2を必要とする=哺乳動物の特長。  




◎アレルギーによる副鼻腔炎や、寝不足とO2不足は 細胞レベルの生育不良、病気の発生へとつながる。

◎食物アレルギーによる、副鼻腔炎=低酸素症状が立位中枢への酸素供給不足を起こして=酸欠性めまい症状の発生 を、「不定期」に起こします、これは不良の食べ物を食べて、アレルギー反応が惹起されることで起きます。

ですから、めまいの症状は「慢性」ではなく、「不定期性」という、特徴を持ちます。
つまり、「条件が整う」時にだけ、「めまい」が発生します。 これが「不定期性めまい」の特長。

これはアレルギーの症状を起こす、食べ物 に注意をすれば、呼吸が十分に行われ、症状は起きなくなります。



注意すべき 食物!
乳成分を含む食べ物の全て。
ナッツ類と呼ばれる、豆類、ゴマなどのたね類 の全て。
加熱した油類の食べ物=活性酸素の発生=フライ、あげ物、マック、唐揚げ、ポテトチップ など。
炭酸飲料。





TEL046-229-3770     12:00〜20:00まで営業しています。
詳しくは、「日本カイロプラクティックセンター厚木」でホームページ を御覧ください=地図があります
   火、水、金、土、営業です (祭日の場合は普通営業しています)  
料金50分  ¥5000-です 
 日、月、木曜日は定休日です。