頚椎ヘルニアの新患

頚椎ヘルニアで首が眠れない程、痛くて
両腕がしびれている人です

MRI と レントゲンを持ってきました。

この人は、30代の時に、すでに「腰椎ヘルニア」をやっている人です

胸椎の一番から五番までひどい後彎をしています=首の痛みは、多分これが原因と思います

腰椎には、何も問題がありません

骨盤が、ひどくずれていました

腕も、前腕が疲労で固くなっています。
指もカチカチです=指のしびれは,大概が、「指自身」の疲労硬縮で血液の流れが悪くなり、血流不足から、
しびれが起きるのが、殆どです。
ですから
指のしびれ自体は、首のヘルニアと、関係ない、場合が多いのです。

鎖骨が固まって「肩甲骨」が可動性が半分に落ちています。

全体に見ると、「姿勢不良」による症状です。

治療

まず胸椎の後彎を矯正します。
鎖骨の矯正をして、肩甲骨の可動性を回復させます。
頚椎には何ら問題はありません=疲労で筋肉が固まっているだけです。

その他には
消化器がかなり痛んでいます
特に
「胃」がカチカチでした
それに続く十二指腸もかなり固くなっています=これは「コーヒー」の多飲と早食いがもたらす症状です。

この状態が長く続くと「大腸がん」になります。

「胃」と
十二指腸を緩めて血行を再開させます。

これで胸が開きます=「胃」のトラブルは、胸郭を縮めてしまうという、結果をもたらします。
そのために「胃」のトラブルによって、横隔膜が作動不良になり、「呼吸不足」が起きてきます。

人間は「酸素」が不足すると、あらゆるところに「問題」が発生します

筋肉は「酸素不足」によって「固くなり」柔軟性を失います。
血管も固くなり、(血管も筋肉でできています)「動脈硬化」の原因になります。=動脈硬化は「コレステロール」が多くなるために起こるのではありません、

医者は、いまだに「50年前のコレステロール説」を信じています。

そして医者自身が「コレステロール低下剤=スタチン系」薬剤を服用して、動脈硬化を起こしています。

血圧降下剤も「筋肉」を弱くします(ミオシン分解作用)

こうして、筋肉が弱くなり、「老化」が、進みます。

筋肉の弱化により、ひざ痛になり、腰が弱くなって、腰曲がりになっていくのです

さて

この患者は、
胸椎の矯正
腕の硬化した筋肉の解除
上半身の硬化した筋肉の解除
指の固くなった組織の解除

以上で、一回の治療で、すべての症状が消失しました。


中には、このように、一回で症状が消えてしまう人もいます。

〇頚椎ヘルニア
〇腕のしびれ
〇指のしびれ
そのほか、病院で治らない症状も診ます、難病もご相談ください。

「日本カイロ」に、お任せください。

TEL046-229-3770
本厚木駅 南口 徒歩 一分です
詳しくは、ホームページ を御覧ください=地図があります
月、木、休診 祭日は営業しています
12:00から21時まで営業