肩の痛みの種類
• 一般的な肩こり -関節周囲の筋肉の炎症=特に僧帽筋等
• 翼状肩甲骨(翼状肩甲=エンジェルスキャブラ)
• 五十肩(肩関節周囲炎=腕の挙上障害)
• 肩腱板断裂 (腱板断裂では肩甲骨と上腕骨をつなぐ筋肉(腱板)が切れてしまいます)
• 石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)= クスリや食べ゛ものが原因で体質が酸性になると起きます
• 腕神経叢損傷 =肩の過労や、運動障害、交通事故などで発症します
• 胸郭出口症候群 =猫背などの姿勢不良、PC作業などの疲労で発症します
• 反復性肩関節脱臼 =打撲性の障害が原因で発症します
• その他に肩関節のずれ「亜脱臼」というタイプもあります
最近は「スマホ首やスマホ肩も多くなりました


一番多いのが=腕は上がるが、110度以上は痛い‥・・・というタイプ
このタイプは=寝ていると肩の痛みで目を覚ます‥・・・という症状です。「夜間痛」ともいいます
これは前腕の橈骨筋と上腕筋の疲労によるもので、橈骨筋の疲労は筋長が短くなるために、その上にある上腕二頭筋の疲労短縮と、ともに、前腕が浮いてしまうか&肩が「上がってしまう」という現象が起きてきます。・
このタイプが最も多いので大体一回で、かなり改善が可能です


肩腱板断裂 (腱板断裂では肩甲骨と上腕骨をつなぐ筋肉(腱板)が切れてしまいます)
腱板断裂は、何か、肩が動かすときに痛いな・・・という使用上なのですが
病院を受診し、四十肩・五十肩と診断され、長期のリハビリを受けているにも関わらず。しかし、1年以上経っても症状が改善しない、あるいは痛みが取れないときは
四十肩・五十肩でない可能性が高く、腱板断裂を含めた別の病態も疑われるので、肩の専門医に診てもらうことをおすすめします。

☆当院では、私自身も経験があります。
私の場合、半年くらい長く肩の痛みが続き、不審に思い、 触診と「ドロップテスト」などあらゆるテストを自身で行い、腱板断裂であることが、判明しました。

治療は簡単で、腕の前腕から、上腕の筋肉を緩めて、上腕骨頭の亜脱臼を整復して、後は、低周波治療と超音波をかけて、サイドレイズという、リハビリをするだけで,約、三か月くらいで完全に治ります。

ネットで「腱板断裂」で検索すると分かりますが
昔の「手術」は非常にお粗末なもので、糸で結わくだけ、というものなのでオスメ出来かねます! が 最近の手術方は進化してきまして、かなり早い段階であれば、腱板の再生率が上がっています.ただし良い病院を選んでください

いずれの場合も、痛みの期間が長いと、治療期間が長くなります。早ければ早いほど、痛みはすぐに取れます。
シップなどで、ごまかしていると悪化していきますので、早い内に、ご来院くださるようお願いします

TEL046-229-3770
本厚木駅 南口 徒歩 一分です
詳しくは、ホームページ を御覧ください=地図があります
月、木、休診 祭日は営業しています
12:00から21時まで営業